--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.31

1月に買った書籍の代金

個人メモです。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

自分への戒め
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.31

1月に買った書籍

単行本
さよならドビュッシーさよならドビュッシー
(2010/01/08)
中山 七里

商品詳細を見る


文庫本
人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 5 (ガガガ文庫)
(2010/01/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)僕とおじいちゃんと魔法の塔(1) (角川文庫)
(2010/01/23)
香月 日輪

商品詳細を見る

ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)
(2010/01/25)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


雑誌
大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )
(2005/09/26)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る

大人の科学マガジン Vol.13 ( 投影式万華鏡 ) (Gakken Mook)大人の科学マガジン Vol.13 ( 投影式万華鏡 ) (Gakken Mook)
(2006/09)
不明

商品詳細を見る


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

お買い物
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.30

「シアター」有川浩

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

春川巧は生まれて初めて自己表現を叶えた演劇にのめり込み、大学時代に仲間を集って自分の劇団を立ち上げた。巧は脚本と演出を担当する。たいしたものじゃないか、と兄の司が微笑ましく見守っていられたのは学生の間までだった。卒業しても一向に就職せず演劇にかまけているとなると、さすがに眉間にシワが寄る。そのうえ、何かトラブルがあるごとに弟は兄に泣きついてくるのだ。

話は二ヶ月ほど前に遡る。巧が座長を務める劇団シアターフラッグに入団希望者が訪ねてきた。羽田千歳。台詞の巧さと動きの硬さがアンバランスで、良くも悪くも印象的だった。その正体はプロの声優だった。分野は違ってもプロが自分たちの芝居を好きだといって応募してきたのだ。自分の芸で金を稼ぐプロの世界へ届くんじゃないか。

そのためにどうするか。巧の出した結論は役者が総出演するスタイルを見直すことだった。キャストを絞った脚本に、半数近い役者が反旗を翻し辞めてしまった。それに伴い劇団の事務関係を任されている制作というポジションのスタッフも辞めた。そして、この制作が今まで劇団の赤字を立て替えており、辞めるに当たって返せという話になったという。

額は三百万。司は弟の劇団に金を貸すことに交換条件をつきつけた。今から二年で返せ。劇団が上げた収益しか認めない。返せなかったらシアターフラッグを潰せ。債務期間中の資金繰りは俺が管理する。今までみたいなどんぶり勘定が通用すると思うなよ。後に制作として、シアターフラッグの鉄血宰相と呼ばれることになる春川司の、これが誕生だった。

シアターフラッグの黒幕とも呼ばれる鉄血宰相の春川司、その弟で末っ子気質でモテる泣き虫主宰の春川巧、存在自体が場をかき回すディープインパクトの羽田千歳、複雑な思いを秘めている看板女優の早瀬牧子、牧子オンリーの忠犬石丸こと石丸翼など、彼らにはそれぞれにわかりやすいニックネームがあり、キャラの特徴がすごく掴みやすい。

また、みんなで芝居を楽しくやれたらそれでいいよねってサークルの延長だった劇団が、利益を出せなきゃプロじゃないと、お金がすべてという考えで行動し、さらに芝居を作るところが面白い。そこには財務を握る春川司の強権発動があるのだが、まったく嫌味などはなかった。というか、これまでのお金にたいする無頓着ぶりが異常すぎる。

これまでにあった乙女萌えはない。だけど、司と千歳、巧と千歳、巧と牧子など、その恋の前段階ともいえる部分では楽しめるだろう。とはいいながらも、それ以上に春川兄弟のべったりなブラコンぶりが楽しかったりする。作品の最後にはfinと打たれていた。これで終わりはもったいないと思うみんなで覆そう! それを出来るのが読者なのだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(9)  コメント(16) 

    2010

01.28

「結婚小説」中島たい子

結婚小説結婚小説
(2009/12/04)
中島 たい子

商品詳細を見る

ムリだ、ムリっ。結婚もしたことないのに、花嫁の心境なんか書けるわけがない。続編を書きます。貴世はそう言ってしまったことが、今さら悔やまれてならない。三十代独身女性が奮闘する小説は自分をそのまま書けばよかったが、今度は想像がつかないところを書かなくてはいけない。なぜ結婚はハッピーなのか? 二人で暮らすことで得る安心感ってなに?

そんな時に友人からすすめられたのは、蕎麦打ち合コンにサクラとして参加することだった。潜入調査と称して参加をするが、惜しくも蕎麦による急性アレルギー症状で途中退場。だがその後、合コンに参加していた男性から連絡がきた。同じく潜入取材で参加していた映画作家をしている福原茂夫だった。

ところが、彼が監督撮影したドキュメンタリー作品のDVDを見て、日本にもこんな作品を撮る人がいたんだ、と貴世は感動する。お互いに連絡を取り合う内に、二人は小説と映画という違いはあっても意気投合することになる。彼の方には七年一緒に暮らしていた女性がいたが、その彼女とは別れ、とんとん拍子で二人のつきあいが始まった。

男性とつきあうということは、どのようなことなのか。久しく忘れていた感覚がよみがえる。貴世は小説を書くことを放り出して、彼のために家を掃除したり料理をしている方が楽しいと、恋愛一辺倒に没頭していく。友人や編集者には変わったとか、らしくない姿になったと非難される。でも四十歳を目前にした貴世に見えてくるのは、結婚で。

結婚した人と、結婚していない人の違いって何? そりゃ、するのが世間一般の流れであって、社会的にも結婚していないと一人前じゃないと見られ、それが会社の出世に関わる場合もあるみたいだ。この小説は、「結婚=幸せ」なのか、と何度も問うている。貴世は自然に結婚したいという思いが自分の中にも生まれ、家庭を作りたいという気持ちにもなる。

でも結婚というものが自分の中で漠然としたものであることも、ずっと変わらない。結婚ってなんだろう、夫婦って、家族って、なんだろうと思う。結婚してなにが変わるんだろう。何も変わらないなら、なぜ結婚するんだろう。そんな彼女が出した結論は、社会的にはバッドかもしれないが、自分たちが納得するこういうハッピーがあってもいいと思った。

また、結婚と真剣に向き合いながらも、女友達が定期的に集まるランチの会話が楽しくて、貴世の「結婚小説(仮題)取材メモ」にもユーモアがあって、この著者はつくづくエンターティナーだなあと思う。読者を重くさせない、厭きさせない、そんな工夫が随所に散りばめられ、ページ数は少ないけれど、中島たい子を存分に満喫することができた。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

中島たい子
トラックバック(1)  コメント(3) 

    2010

01.27

「よろこびの歌」宮下奈都

よろこびの歌よろこびの歌
(2009/10/17)
宮下 奈都

商品詳細を見る

御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子校の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる――。あきらめ、孤独、嫉妬……見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったときにあふれ出す希望の調べ。いま最も注目すべき作家が鮮烈に描く、青春小説の記念碑!《出版社より》

デビュー作の「スコーレNo.4」以来、新刊が待ち遠しい作家だ。三作目となる今回の舞台は、少し前に新設された私立の女子高。ヒロインとなる女の子は六人。自分の居場所はここではないと思っている、音大附属高校の受験に失敗した御木元玲。うどん屋の娘だと知られたくなくて、雨が降っても片道一時間の自転車通学を選んだ原千夏。エースで四番だったソフトボールの選手生命を絶たれ、十六歳にして余生だという中溝早希。見えるはずのない人の姿が見え、彼らの声が聞こえる牧野史香。彼氏に家の地下室の核シェルターを見せられて以来、ずっともやもやしている里中佳子。そこそこなんでもできて、勉強もできてクラス委員をする佐々木ひかり。

この学校に集まった子たちにはそれぞれこの学校に来る事情があり、抱えた事情をぶつけ合わずにつきあえる距離感がちょうどいいと思っている。たかが合唱コンクールだった。惨敗したからといって何かに影響があるわけではなかったはずだ。マラソン大会のゴール前で、合唱の指揮者だった御木元玲を励ますために少女たちは歌った。そのすぐ前にあった合唱コンクールではさんざんな出来だったのに、グラウンドで自然に歌われたその歌は、奇跡の歌だった。彼女たちはリベンジする。クラスの合唱を仕上げて発表会を成功させるために。

御木元玲は特別な人だ。その玲がクラスに打ちとけたそれだけで、少女たちは変わっていく。いや、お互いに影響し合うのだ。自分のいる現在を否定し、そうして未来も否定していた。彼女たちは声を合わせることで気づくのだ。いくら現実逃避したところで、ここで生きていくしかない。そうして立ち止まっていた自分を見直して、前へ前へ進んでいく。さらに彼女たちはしみじみと幸運を噛み締める。このクラスになれてほんとうによかった、と。少女たちがたまらなく愛おしくて、読み終わった後、感動で胸が熱くなる作品。大好きな一冊になった。この本をずっと大事にしたいと思う。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

宮下奈都
トラックバック(4)  コメント(4) 

    2010

01.25

「大人の科学マガジン vol.09-プラネタリウム」学研

大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )大人の科学マガジン Vol.09 ( プラネタリウム )
(2005/09/26)
大人の科学マガジン編集部

商品詳細を見る

大人の科学編集部は、世界で最も先進的なプラネタリウム・メガスターを開発したプラネタリウムクリエイター大平貴之氏と3年ほど前より、新しいプラネタリウムの企画検討を進めてきた。それが、今回JAXA(宇宙航空研究開発機構)「宇宙オープンラボ」のバックアップの元、かつてない星空を映し出すピンホール式プラネタリウムが完成した。正十二面体の恒星球には、7等星以上、約10000個の恒星データがプロットされている。恒星球の傾きと回転により、好きな場所、好きなの日、好きな時間の星空を投影できる(北半球のみ)。もちろん、これまでのふろく同様、組み立てキットになっている。さらに本誌では、さまざまな改造も紹介しているので、オリジナルへのカスタマイズが可能だ。《出版社より》


写真が充実したコラム等はあるが、なんと言っても、目的はふろくで作るプラネタリウム。箱を開け、パーツを見て不安になる。こんなに少ない材料でいいの?と。疑いつつ、まずは工作に必要な、先が細いプラスドライバー、はさみ、単三電池二本を用意。組み立て方を見ながら、プラスチックを組み合わせ、ネジで固定。次にシールを貼るが、いきなりシールを貼る場所を間違ってしまった。△にシールを重ねろと説明に書いてある。解釈のしかたがややこしい。あと、金具のはめ込みは硬い。手を切らないように注意。自分は、ドライバーをねかせてグッと金具を押さえた。

次に恒星球を組み立てる。説明書を見ない人ゆえのバカをした。表と裏を逆にして、恒星球を作ってしまったのだ。説明書にある保護シートって、パーツを保護していた不透明な紙ではない。ぱっと見てわからないぐらいピタっとくっ付いているシートだ。※保護シートをはがす前は、裏面の方がきれいだった。AとかBとか山谷の折りしろのある部分をくっつけ、はさみを入れて、やっと保護シートが見えてくる。ここの説明は不親切だと思った。失敗を嘆きつつ、失った両面テープを自前のテープで補い、本来の保護シートをびりびりはがして、なんとか完成。

スイッチを入れると、光のシャワーがきらきら。おおー! しかし平衡感覚が狂う。おえっ、気持ちが悪い。歩くとふらふらする。酔う~。酔う~。でも光の幻想はありかな。大人の工作って感じで楽しかった。ただ、お値段がお高い^^;


↓↓学研のサンプル画像↓↓


サンプル1 サンプル2

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.24

「坂道の向こうにある海」椰月美智子

坂道の向こうにある海坂道の向こうにある海
(2009/11)
椰月 美智子

商品詳細を見る

朝子と正人、卓也と梓は恋人同士。けれど少し前までは、朝子は卓也と、正人が梓と付き合っていて…。城下町・小田原を舞台に描かれる、傷つき、もつれた四角関係の“その後”。『しずかな日々』『るり姉』で人気急上昇の著者、初の青春群像ストーリー。

「朝のひかり-朝子」
デイサービスに職場を変わって四ヶ月が過ぎた。正人くんとちゃんと付き合うようになって四ヶ月が過ぎたことになる。だけど、付き合う前のほうが断然熱かった。それまで正人くんには梓がいたし、私にも卓也がいた。同僚の飲み会で気が合って、なんとなくそういうふうになった。回数を重ねているうちに、いつのまにか好きとか恋とかになっていた。私たちはそれぞれの恋人に別れを告げて、その別れた恋人同士が付き合うようになった。一体、付き合うってなんだろう。そうなる前のほうがよっぽど恋人らしかったのに。

「小田原ウメ子-梓」
ハローワークの帰り、思い立って城址公園の象のウメ子に会いにきた。卓也みたいに天然のマイペース男を前にすると、自分の本心がわからなくなる。心から卓也のことが好きなのか、それともこれまでにないタイプのやりとりに必死に追いついて、ただその先をいこうとしているだけなのか。そういえば、城址公園で会ったんだった。これがまた、朝子さんに対する憎しみも怒りも特になし。正人に対する怒りも特になし。別れた今も、正人のことは時々ふっと思い出す。まるで弟を思い出すような感覚で。

「新しい年-朝子」
正人くんの家の玄関脇に置いてある棚には、スター・ウォーズのフィギュアが並べてある。この中のいくつかは、お義兄さんから譲ってもらったものだ。だから正人くんは、私の姉とお義兄さんに会ったことがある。そのあとで、姉が母親に余計なことを伝えたらしく、母親は「連れてきなさい」の一点張りで、仕方なく正人くんを紹介することになってしまった。二十八歳。結婚なんて、ほとんど考えたことなかった。今でもまだ早い気がする。ばかみたいな話だけど、私は、正人くんの次の人と結婚したいって、そんな風に思ってる。

「山桜-卓也」
正人は、隣棟にある居宅介護支援センターへ異動となった。だから今までのように、正人と毎日顔を合わせることはなくなった。卓也は、周囲の好奇の目から逃れることができて、少しだけほっとした。いくら鈍感な卓也にだって、自分たちの四角関係を、他の職員がおもしろがっていることくらいはわかっていた。妹の祥子と梓はいつのまにか仲良くなっていた。そういえば二人は同い年だった。同僚で友人の村上冬樹と詳子と梓と卓也。この妙な組み合わせを考えたのは村上で、飲み会に賛同したのは、祥子と梓だった。

「貝の音-正人」
ハタチまで生きられれば御の字です。ちい兄が生まれたとき、病院の先生に言われたそうだ。心臓に疾患があった。それに比べれば多少の知的な問題など、うちの両親にとってみれば、とるに足らない懸念だったろうと思う。いちばん上の明良は小さい頃から、よくちい兄の面倒を見ていた。ちい兄はちい兄で、正人の面倒を見たがった。明良のように、かっこいい兄貴をやりたかったんだろうと今ならわかる。御の字から、十年経った。最近、ちい兄はよくない。今度一回、一緒に会いに行くわ。そんな風に恋人は言った。

「坂道の向こうにある海-梓」
祥子ちゃんは、卓也の同僚の村上冬樹と付き合ってたんだけど、現在まずい状態にある。村上は祥子ちゃんのことが大好きだから、簡単には別れることはできないし、かといって、祥子ちゃんのひと夏のアバンチュールを許せない。祥子ちゃんの誕生日。どういうわけか、四人で祝うことになった。四人というのは、祥子ちゃんと村上、卓也とあたしだ。村上から電話をもらったときから、そんな予感はしていた。待ち合わせ場所に行くのに、卓也は村上に、あたしは祥子ちゃんに、それぞれ一緒に行ってくれるよう頼まれた。

想像していたドロドロはなかった。というよりも、今風の若者らしく淡白だ。四人が視点を代えて、一人ひとりの心理描写や福祉の仕事を中心に語られ、季節を追いながら物語は進行していく。どの人に感情移入するかは、読む人それぞれに任されている。自分的には、無口なマイペース男子の卓也にグッときた。何を考えているのか外からまったく見えない。でも実はいっぱい思っていることがある。上手く口に出せないのだ。こういう男子っている。つうか、自分がそれだ。惚れた梓ちゃん、えらいっ^^;

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

椰月美智子
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.23

「リテイク・シックスティーン」豊島ミホ

リテイク・シックスティーンリテイク・シックスティーン
(2009/11)
豊島 ミホ

商品詳細を見る

ねえ、誰にも言わないでね。あたし、未来から来たの。ずっと無職でさ。二十七なのに、働かないで家でくさってて。人生やりなおしたい、って思った時に、高校からどうにかしたいと思ったのね。だからここに来たの。今度は絶対、青春って言える青春を送るんだあ。高校に入学したばかりの沙織は、クラスメイトの孝子に「未来から来た」と告白された。

ただ、「未来から来たの」を聞いてひとつだけ引っかかったことがある。入学式の時の孝子の態度だ。「あたし、貫井孝子」そう告げて、私が名乗るのを待つ間、孝子は何故か鼻穴を膨らませて笑いをこらえるような顔をしていた。そして、私が「小峰沙織です」と言うと、その顔を一気に崩してふにゃりと笑ったのだ。孝子は既に私を知っていた?

それ以来、孝子は二人だけの時にのみ「未来ネタ」を披露する。妄想でもなんでもいいじゃないか。この子が全力でやり直そうとしてるなら、青春って言える青春を送ろうとしてるなら、それが悪いことなわけがない。そして隣にいる私は、普通の友だちには見せてもらえような面白いものを、見せてもらえるんじゃないだろうか。

人生を変えたいと、青春を積極的に楽しもうとする孝子に引きずられ、地味で堅実な沙織の日々も少しずつ変わっていく。隣の席になった大海くんはアプローチをよこしまくりで、大海くんと仲がいい村山くんとも口をきく関係になり、調理実習、球技大会と学祭を経て、男女四人組はお昼休みに弁当を食べる仲になり、夏休みには海水浴にも出かける。

きらきらした学園生活だが、やがて暗雲が立ち込める。文系か、理系か、自分の進路を決定する文理選択希望書が配られるのだ。沙織の両親は幼い頃に別れ、母は祖母が営む雑貨屋の家業があるのにそれを手伝いもせず夜の仕事をしている。そんな母のような人生にしたくないと、沙織は金銭的に自立できる薬剤師になることを早くから決めていた。

沙織は仲間たちと過ごすうちに、本当にそれでいいんだろうかと心が揺らいでくる。そんな時、四人は職場見学をすることになる。明確な自分の進路のビジョンが見えた沙織らに対し、ただ一人、背を向けてしまう人物がいる。もう一度やり直すと告白していた孝子だ。彼女は逃げるように沙織と距離を取り、四人の関係もぐしゃぐしゃになるのだが……。

読み手によって受け方は違うだろうが、自分は孝子の負のスパイラルがすごく良くわかった。優等生の沙織目線だから、孝子に対してイラッとくる場面がないわけではない。でも、自分ってダメダメ~と感じた時に、前を向いている存在は煙たい。はっきり言えば、うざい。一緒に暗いムードを漂わせてくれると、それが安心になったりする。

これまでの豊島作品なら、暗い方から明るい側を見ていた。そんな眩しい世界もあるのね、と。だが本書では、明るい側から暗い方を一貫して見ている。手を差しのべようにも、それ以前に距離を置く。ある意味、底辺を知る著者ならではの作品だと思った。休業宣言をした著者だが、最後を飾る小説としてはグッドすぎる。いつになっても次を待ちたい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

豊島ミホ
トラックバック(1)  コメント(4) 

    2010

01.22

「ハーブガーデン」草野たき

ハーブガーデン (物語の王国 10)ハーブガーデン (物語の王国 10)
(2009/10/23)
草野たき

商品詳細を見る

由美は四年生になって、学童クラブを卒業しなくてはならなくて、そのかわりみたいにお母さんに塾とそろばん教室にいれられた。由美はそのあと、近くの本屋で仕事帰りのお母さんと待ち合わせてから、家に帰る。五年生になった由美がまず向かうのは、雑誌のコーナーで、さくらちゃんは中学生向けファッション雑誌の看板モデルだった。なんて、かわいいんだろう。由美は、すぐにさくらちゃんに夢中になった。さくらちゃんは由美のあこがれになった。

空き地で寝転がってみたのも、もちろん、さくらちゃんと同じことをしてみたかったからだ。そんなとき、見慣れない制服を着た中学生に声をかけられた。おいしいハーブティーが飲める、すごくすてきな場所が、この近くにあるんだよ。さくらちゃんだ。気がつくと、由美はうなずいていた。あこがれのさくらちゃんに誘われて、どうしてイヤだなんて言えるだろう。だけど、期待はつぎの瞬間、あっさりうらぎられた。私は木下綾芽。だけど、すごく似ていた。

綾芽さんにつれられてやってきたところは、ハーブガーデン「すみれ」という小さなカフェだった。アーチをくぐって中へはいると、学校の教室二個分くらいの広さの庭がひろがっていた。ここはすみれさんがひとりでやっていて、それで綾芽さんもお手伝いするようになったのだという。その日も本屋さんに行くと、由美はまずさくらちゃんに会いに行った。明日もさくらちゃん、じゃなくて綾芽さんに会いたいな。放課後、由美はハーブガーデンに通うのだった。

自分の容姿にコンプレックスがあって、かわいい子に憧れる。友達になってもらいたくて、無理をする。でも自分には似合わないと思った途端、我慢して自分から離れる。だけど自分の居場所を守るためなら、それは違うだろうという気持ちでも言いなりになる。良い子ぶってお母さんに言いかえしたい気持ちをこらえる。そして、私は悪くないと、嘘を重ねてしまう。このひりひりした心の声がつらくて痛くてたまらない。

しかし女の子って大変で繊細でヘンな生き物だ。そうして女の子はやがて大人になって女性になる。そんなやっかいなものだから、男にとって、女心はいつまで経っても永遠に謎のままなのだ。うはーっ! 男ってわかりやすい。好きな子に、デブ、ブスなどと、嫌われることを言い続けるのだから。でも、こういう内向的な少女を描くと、著者の右に出る者はいないかも。また締め方も著者らしい。女子なら、共感ある一冊でしょう。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

草野たき
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.21

「赤いカンナではじまる」はらだみずき

赤いカンナではじまる赤いカンナではじまる
(2009/10/27)
はらだみずき

商品詳細を見る

書店員、編集者、出版社営業マンたちの「過去との再会」を描いた恋愛小説集。誰しも忘れられない思い出や、引きずっている過去がある。ある人は待ち続け、ある人は過去を清算し、ある人は過去と向き合って前進し、ある人は逃げてしまったことを後悔し、ある人はかけがえのない思い出に…。ちょっと切なくて、ほんのり温かな気持ちになれる。みずみずしい文章が胸に静かに沁みてくる。そんな優しい一冊。

「赤いカンナではじまる」
その人は涙を流していた。偶然そのとき、同じようにその書店員を見ている男の姿に気づいた。出版社の書店回りの営業マン、作本龍太郎だった。副店長のわたしはその文芸担当の書店員がつくる棚が好きだった。その本たちは決して一冊の本として存在しているのではなく、棚は、棚として完結していた。その当人である保科史江が、まさか辞めるとまで言い出すとは予測していなかった。後日、関西出張で偶然彼女と出会った作本が、意外な秘密を聞き出してくる。

「風を切るボールの音」
サッカーに関する出版物の編集の仕事に就いたのは、五年ほど前のことだった。ようやく念願のサッカーの仕事にありついた。なぜサッカーだったのかといえば、単に、サッカーが好きだったのだ。だが、会う人間、会う人間がサッカー関係者だったりすると、ため息をつきたくなることもある。そんなとき、やはり自分がなりたかったのは、サッカーの選手だったのを思い出す。そういえば、もう何年もサッカーボールを蹴っていない。その日かかってきた電話から、懐かしい声が聞こえた。

「美しい丘」
ある朝、出版社で働く作本のもとに、お世話になった旭川の書店から電話が入った。東京に研修に出る店員を一日面倒みてくれないか、という話だった。東京の主にコミック専門店を見て回らせたいらしい。旭川からやって来たのは、作本を丁寧に客人として扱い、北海道ならではの美しい丘を見せてくれた若い青年だった。作本はそのお礼に彼にも東京の美しい丘を見せてやりたかった。彼には行きたい場所があった。そこでどうしても会いたい人がいたのだ。

「いちばん最初に好きになった花」
出版社で編集者をしているぼくは、ハンディタイプの図鑑シリーズ「野の花」の担当になった。七歳の娘の頭のなかにはどうやら「野の花」がインプットされたようだ。きれいな野の花を見つけたので、花のある場所まで連れて行ってあげる。市民の森のなかに少しばかり入った場所だった。小さな指先の示した場所を見ると、火を灯すようにその赤い花は咲いていた。ぼくはその花の名前を知っていた。彼岸花、別名、曼珠紗華。花を目にして、真菜はやはり自分の娘なのだな、と感じた。ぼくは切ない思い出を回想する。

「最後の夏休み」
大学の四年の夏。大学の友人のなかには、すでに内定をもらっている者もいた。作本はといえば、大学の就職課へも顔を出さずに、掃除機を売るアルバイトをはじめた。バイトが終わると、帰りは大抵マサカズの家へ寄った。同じ境遇の就職が決まらない男の家は、心の平穏を保てる場所といえそうだった。いったい自分は何をしたいんだろう。大人になれば、いつか自分にもやりたいことが見えてくる、そう思っていた。でも、いまだ自分には、何も見えてこない。そんなものだろうか。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

はらだみずき
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.19

「田舎の刑事の闘病記」滝田務雄

田舎の刑事の闘病記 (ミステリ・フロンティア)田舎の刑事の闘病記 (ミステリ・フロンティア)
(2009/11/20)
滝田 務雄

商品詳細を見る

部下の白石の無能ぶりに卒倒し、病院に運ばれた黒川刑事。折しも入院病棟では、不審者が頻繁に病室に侵入しているらしい形跡が見られ…。表題作「田舎の刑事の闘病記」をはじめ六編を収録。田舎でだって難事件は起こる。鬼刑事黒川鈴木、今日も奮闘中。猿を追いかけ、蜂に追いかけられ、奥さんと台湾旅行に出かけて散々な目にあう黒川、今回は殺人事件にも遭遇します。お待たせしました、ミステリーズ!新人賞受賞作家による、待望の脱力系ミステリ・シリーズ第二弾。

「田舎の刑事の夏休みの絵日記」
たださえ暑い夏の日の午後。黒川刑事がなにげなく窓から裏庭を見たら、部下の白石が子ども用のビニールプールを出して行水をしていた。逃げ出した白石は近くの川を下流に向かって泳いでいた。鬼の形相で追跡する黒川だったが、二人は不審者に間違われて逮捕されてしまう。捕まえたのは管轄外の狛沢刑事。その後、黒川たちが追いかけっこしていた河原で死体が見つかった。容疑者は狛沢刑事。狛沢は双子の兄弟で、二人とも刑事だった。

「田舎の刑事の昆虫記」
ハチの研究施設からミツバチの巣箱が盗まれた。黒川刑事は過去に同種の事件がこの近くにあったことに目を留めた。ミツバチ研究の専門家である大学教授の自宅で火災が起きて、一人暮らしの教授は温室の中でハチに刺されてショック症状を起こして死亡していた。そこに犯人が逮捕されたと連絡が入った。容疑者の青年は、亡くなった教授からハチを盗んだという研究主任が、自分に罪を着せるために自作自演をしたのだと主張した。

「田舎の刑事の台湾旅行記」
黒川の妻が雑誌の懸賞でペアの台湾旅行を当ててしまったのが、彼の不幸の始まりであった。故宮博物院を観光して、たっぷりとお土産を抱えて売店を出たところ、日本から同じ飛行機に乗っていた白人夫婦が血相を変えて学芸員に話しかけていた。夫婦の子どもが誘拐されていた。そこに人質になったジミーくんからメールが届いた。閉じ込められた建物の窓から、「Welcome to Japan」と日本語で書いてある大きな看板が見える、と。

「田舎の刑事の闘病記」
白石を説教中に黒川は床に倒れふした。神経性胃炎は軽かったとはいえ、それでも三日ほど入院することになった。どうも入院患者が部屋を空けている間に、何者かが侵入した形跡が窺えるようなことが、たびたび起きていた。不倫スキャンダルで騒がれている時代劇俳優。窃盗事件が起きたビルを清掃していた職員。連続ビル荒らしが起きるビルのカルチャースクールに通っていたおばあちゃんと孫娘。黒川はこの三人の入院患者が気になった。

「田舎の刑事の動物記」
町は山から下りてきた野性のサルによる問題に悩まされていた。動物行動学の大学教授がいうには、ボスザルをこらしめて山奥に追い返せば、サルの群れは人里からいなくなるらしい。そのボスザルがスーパーに現れ、教授が追いかけたところ、屋上でサルは殺されていた。この変人教授、自分がサルを殺した犯人ではないというはっきりした証拠を見せられないうちは、どうしても取調室を出ないと居座ってしまった。

「田舎の刑事の冬休みの絵日記」
不法投棄をおこなっていた業者が摘発され、有害物質も投棄されているのが見つかった。不正軽油を生成してミニロータリーで販売していた男がいたのだ。その男が別件で逮捕された。男のミニロータリーは廃車手続きされており、ミニロータリーばかりが集められている廃車置場に置かれていることが判明した。その廃車置場が何者かに爆破された。どうやら男はこの大事件のアリバイを作るために、軽微な犯罪でわざと逮捕されたようだ。

前作は、めちゃくちゃツボに嵌った記憶がある。だが二作目となる本書はイマイチ乗れなかった。もちろん黒川の妻のブラックさは健在だ。黒川を皮肉って、イジメて、陥れようとして…。夫の黒川に何を望んでいるのだ、という黒い笑いが楽しめる。天敵の白石のアホぶりも全編に散りばめられ、吹き出す場面も何度かあった。でもトータルで見ればすべっている印象が強い。シリーズの二作目にありがちな狙いが空回りする悪いパターンだ。面白かったという前作に対する思い入れが記憶の刷り込みになった可能性はある。だが、期待したほど笑えなかったのは事実。それでもこの著者なら次はやってくれるだろう。そういう願いを込めて、次回作に期待したい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.17

「化身」宮ノ川顕

化身化身
(2009/10/22)
宮ノ川 顕

商品詳細を見る

日本ホラー小説大賞受賞作「化身」(ヤゴを改題)に、書き下ろし「雷魚」「幸せという名のインコ」を収録。

「化身」
適当な理由をつけて会社に一週間の休暇を申請すると、ろくな着替えも持たずに空港に向かった。まさに悪夢だった。はるか南の島の生い茂る熱帯雨林の真っ只中で、地図にも載っていないような池に落ちたきり上がれなくなってしまったのである。何かの原因で地面が陥没し、そこに水が溜まったのだろうか。足がかりになる凹凸や亀裂はどこにもなく、おまけに上部に行くほど内側に向かってせり出しているから質が悪い。死にたくないというより生き延びたかった。やがて、安定した食料の確保に成功し、果実で酒造りを覚え、身体がより水に適合していくのに従って、両手両足の指の間に水掻きが形成され、身体の全身に苔が生え始め、いつの間にかこの池における生態系の頂点に君臨していた――。

「雷魚」
口裂け女の噂が広まったのは、康夫が小学校六年生の初夏のことだった。かつては附近の農業用水に利用していたという溜池がある。わずかな時間だったが、康夫はその姿形をはっきりと目に焼き付けた。雷魚は少なく見積もっても一メートルはあった。けれども、釣り上げるどころか姿すら見えなくなり、そのことが原因で、級友から嘘つきと呼ばれた。以来、雷魚を釣るために本格的に池に通うようになった。その女のひとは、村の人間でないことはすぐにわかった。女のひとはお祭りが終わる頃までここにいるという。何日かに一度会うと色々な話を聞かせてくれた。いつしか雷魚を釣ることよりも、女のひとに会うことを楽しみにするようになっていた。女のひとは会うたびに痩せていった。

「幸せという名のインコ」
オカメインコにハッピーという名前を付けたのは、娘の由紀だった。自営のデザイン事務所は年々経営が苦しくなるばかりだった。さらに由紀も再来年には高校に入学する。そんな状況の中で、小さな一羽のインコとはいえ、ペットを飼うことは、やはり容易なことではなかった。だがハッピーは完全な家族の一員になった。とにかく人間が大好きな鳥である。そしてハッピーは驚くほどおしゃべりの能力に長けていた。ハッピーが聞きなれない声でしゃべったのは、妻の亜矢子と言い争った日の夜のことである。ハッピーは確かに予言したのだと思っている。それ以来、インコの宣託に頼るだけの生活を送るようになった。ハッピーは自分の家族を救うために、その力を行使しているのだと思いたかった。

ホラーというよりも、幻想的な文学作品のような印象を受けた。三作とも、同じような日々を繰り返すところ、気がつけば後戻りできない精神状態に陥いるところはワンパターンで、そこは残念ながら単調と言える。だが飽きを感じさせない流暢な文章や、その後の変容ぶりを買いたい。また異界との境界線にいるような雰囲気作りもデビュー作とは思えないぐらい達者だった。今後は既視感のない作品をいかに上梓できるか。そこに大きく化けるかどうかの鍵があると思った。その期待値は高い。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

    2010

01.15

「戦友の恋」大島真寿美

戦友の恋戦友の恋
(2009/11/27)
大島 真寿美

商品詳細を見る

石堂玖美子は生前、何度か、私のことを、佐紀は友達じゃないから、と言った。玖美子が佐紀の生みの親でもあるし、育ての親でもあるし、佐紀が玖美子の生みの親でもあるし、育ての親でもあるし、友達ってだけの関係じゃないと思う。そんな簡単な言葉に当てはまらない。当てはめたくない。戦友? たしか玖美子が亡くなる一年くらい前だったと思うけど、半分酔っぱらった勢いでつぶやいたことがあった。

あなた、絵はとてつもなく下手だけど、ストーリーはなかなか面白いと思うのよ、原作者としてやってみない? 大学を卒業した後も就職はせず、漫画家を目指してバイトで食いつないでいた佐紀にかかってきた一本の電話が石堂玖美子との関係の始まりだった。その日、山本あかねという本名を捨てて、先へ先へって、山本佐紀になった。そういう冗談みたいなノリがその頃から私達にはあった。

玖美子は、新米だったけれど、すごく勉強家で努力家で、佐紀の面倒をよく見てくれた。玖美子を信じて書き続けることにした。玖美子が先に信じてくれたんだから、佐紀が信じるのは当然だった。気づけば看板連載の一つに化けていた。二十代は、怒涛のように過ぎて言った。仕事が順調で、楽しくて、打ち合わせと称して、相変わらず二人で飲み歩き、とはいえ、どちらかに好きな男が出来たりすると、優先順位はそっちに移行した。

最後に玖美子にあった日、彼女は頭痛を訴えていた。人間三十五年も生きてくると身体も変化してくるのかしらと鬱陶しそうな声で囁いた。病院へ行った方がいいよ、と今度は佐紀が忠告した。行くよ、と玖美子は答えた。でも、結局行かなかった。行かないで死んでしまった。戦友と呼べる特別な存在を失った主人公の再生の物語であり、ふたりの女性に関わる仕事や人間関係などを描いた六つの短編からなる連作短編集だ。

玖美子が男と別れた後も交流を続けていた息子のワタル。玖美子に心酔していた新担当編集者の君津。別れた後もずるずる友人関係らしきものが続いていた太刀川。祖父の風呂屋で働く看板娘の美和。二十年ぶりに偶然再会した同級生の木山達貴。ライブハウスのオーナーの律子さん。そうした人々とのふれあいの中で、玖美子がいなくなった年月を噛み締める佐紀は、玖美子が消えた穴を一つの言葉にしようとするがそうそう見つからない。

やがてスランプに陥り、玖美子とはじめた自分の夢とは違う漫画原作者の道を突き進むことへの疑問、心細さに、逃げ出したくなってしまう。そしてどうしたって戻らない、たった一人の戦友を想うのだった。でも自分一人で歩んでいかねばならない。生きてゆかねばならない。長く続いたスランプから脱出した佐紀を見て、ある人はこう告げる。ようやく長いスランプを抜けたのではなく、ようやく長い長い喪中を抜けたんじゃないかと。

担当が君津から新人編集者の女の子に代わり、佐紀は彼女が買っているまだデビュー前の漫画家の女の子と組むことを引き受ける。そこには、一人の新人漫画家を見出した一人の編集者の熱い想いが透けてみえていた。共に歩んで行きたいという若い二人に、それから未来そのものへの情熱。当然思い出す。玖美子と佐紀。かつての自分達の姿を見つけ、やっと再生を感じられるのだった。そうして見ることのできた日常の風景に、胸が熱くなる。面白かった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(2)  コメント(4) 

    2010

01.14

「扉守」光原百合

扉守(とびらもり)扉守(とびらもり)
(2009/11/25)
光原 百合

商品詳細を見る

山と海に囲まれた古い港町・潮ノ道市。ここの住人たちが次々と不思議な現象に見舞われます。古い館が立ち入られるのを拒否したり、大人しい女の子が急にはっきりと自己主張するようになったり。このミステリーを解くのが、町の世話役的存在である僧・了斎が招き入れた、不思議な霊力を持つ魔法使いたちです。それは人の怨念を吸い取るカメラマンだったり、もつれた愛情をほどく編み物作家だったり。彼らの活躍と振り回される地元の人々の怒鳴り声や足音が聞こえてくるような、ファンタジックな連作短篇集。《出版社より》

大学生の由布は、伯母の小さな飲み屋でバイトをしていた。その日、常連客の橋本さんがお別れの挨拶にやって来た。一人暮らしを心配する茨木で所帯を持った息子と一緒に暮らすことにしたそうだ。伯母の店の奥には、屋根も釣瓶もちゃんとついた井戸があった。この井戸の水には不思議な言い伝えがあった。潮ノ道を出るときにこの水を飲んでおけば、必ずもう一度、ここに戻ってこられる。浜中さんはぐい呑みを取り上げ、両手でおしいただくと、ゆっくりと飲み干した。「帰去来の井戸」

小学三年生の三咲は、劇団「天音」の熱心なファンだ。天音が公演するのは普通お芝居とは無縁な場所だった。天音のみんなはその場の物語に耳を傾け、そのままお芝居にしているのだ。噂の舞台は、古い洋館だった。住む人がいなくなって久しいらしい。長いこと放置されたままだったが、とうとう処分すると決まり、解体作業が始まった。ところが作業はいくらも進まないうちに中断した。出るというのである。二階からどんどんと激しく足を踏みならすような音がする。「天の音、地の声」

青年は右目をくしゃりと細め、相手を見た。セーラー服姿の女子高生だった。不意に少女の表情が変わった。幼い顔立ちがにわかに妖しく大人びたようだった。セルベルという店の存在に、雪乃はその朝はじめて気づいた。その背の高い青年の姿がかいま見えたとき、自転車のハンドルがそちらを向いたのだった。まるで自分の中の誰かが勝手にそうしたように。ミ、ツ、ケ、タ。頭の中でそんな声が聞こえた気がする。雪乃は周りの思惑に振り回されてばかりいた。それがはっきりと自己主張するようになった。「扉守」

旅人は持福寺の山門をくぐった。住職の了斎と絵師の行雲は長いつきあいだった。座敷の畳が見えないほど広げられた色紙の中のひときわ古びた一枚だった。高校生の早紀は、行雲が描いた絵の中に若い男の人がいるのを見た。しかし確かに見えた人影はいなくなっていた。その絵に魅せられた早紀は、持福寺に通うようになった。まるで絵が生きているみたい。もしこの絵が生きているのなら、こんな絵の中で生きていられるなら。私もこの中に――。早紀の姿は、行雲の絵の中に入っていた。「桜絵師」

祥江は晃代とは親友のつもりだった。夫とのすれ違い、夫の両親や親類との付き合いのわずらわしさ、育児の辛さ。晃代の愚痴メールを読んでいるとひどく気がふさぐ。職場の先輩である彼には、会ったときからすでに妻がいた。つい一線を越えてしまったことを悔やんではいない。でも彼の奥さんが羨ましい。晃代からのメールがうっとうしくなったのもその頃からだった。妙に艶っぽい声がした。若者に写真を撮られると、心の中で何かが弾け飛んだ。菊川は厄介な想いの気を吸い取るフォトアーティストだった。「写想家」

大学生の友香は、その女性をなんとなく見ていた。そのとき、まどろむ女性の脇におかれた布袋から、何かがまるで自分の意思を持つかのように飛び立った。その傲岸不遜な女性の名は新久峰亜夢といい、その筋では有名な編み物作家だった。どんなものでも使って、なんでも編んでしまうという。袋の中から飛び立ったあれは、不幸にも出産中のとき、母子共に命を落とした赤ちゃん用の靴下だった。本来は存在しない想いが形を得て、どこにもいない母親を探して動き出したらしい。「旅の編み人」

今日は神崎零ピアノコンサートの日だ。主催スッタフとして静音は張り切らずにはいられない。神崎零は、幻のピアニストと呼ばれているアーティストだ。常に全国を演奏旅行に回っている。零のコンサートに帯同してマネージャーの仕事も兼ねているのが、零の専属調律師である木戸柊だった。静音は、零と柊に関わるようになってからピアノに興味が出てきた。静音の家の応接間にはピアノが置いてある。この数十年というもの誰一人弾いたことがなく、音を出すこともできないピアノだった。「ピアニシモより小さな祈り」

山と海に囲まれた階段の町では、不思議な現象と共存しているかのようだ。著者はあとがきで故郷の尾道をモデルにしたとバラしているが、歴史ある町並みが情緒豊で、幻想的でも身近に感じることができ、切なさがありつつ優しくて、脳裏に浮かぶ映像的にもとても美しい作品だった。これまでデビュー作から三冊しか読んだことがなく、その時にいいかもと思ったけれど、薄味の印象しか残らかった。読まずにいた間に大化けしているじゃないか。これはすごいぞ。続編、きぼう~! また尾道という階段の町に興味深々。


サインをいただきました。光原先生、ありがとう!

光原

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(1) 

    2010

01.13

「まほろ駅前番外地」三浦しをん

まほろ駅前番外地まほろ駅前番外地
(2009/10)
三浦 しをん

商品詳細を見る

多田・行天コンビが主人公の人気シリーズ『まほろ駅前多田便利軒』のパート2は“番外地”と銘打って、多田・行天の物語3篇に加え、本篇の脇役が主人公となる短篇4篇を収録。若き地元ヤクザ星良一、生意気小学生の田村由良のほか、意外な人物もフィーチャーされます。面白さも更に増しての待望の新刊、どうぞお楽しみに。《出版社より》

忘れてる……。何を? ほとんどと言えるかもしれない。便利屋の多田便利軒を営む多田と、そこに居候する変わり者の行天、彼らに一時は飼われることになったチワワと、そのチワワを引き取った娼婦のルルとハイシー。ここが記憶の限界だった。直木賞を受賞した前作は買って読んでいたので、本棚から引っぱり出せばすぐにおさらいができる。でもそれをしない自分がいた。なんとかなるだろうと。

「光る石」
多田便利軒に依頼者がやって来た。信用金庫に勤めている宮本由香里は、去年、駅前支店に異動になり、中学の同級生だった武内小夜と、同僚として再会した。由香里は結婚が決まっていて、エンゲージリングの下見に小夜を誘った。由香里はいいと思える指輪を見つけ、婚約者に0.45カラットのリングを買ってもらった。その後、小夜が婚約者から買ってもらったエンゲージリングは、同じデザインの、0.75カラット。便利屋さん。私もうこれ以上、あの女がエンゲージリングをしてるところを見たくないんです! 

「星良一の優雅な日常」
星良一がマンションの部屋を購入しようと決めた最大の理由は、まほろ自然の森公園に近いことだった。星は毎朝、ジョギングする。星は知っていた。夜の公園で薬を売るヤクザ。その薬をのこのこ買いにくるガキ。ヤクザの仕事場で横合いからカツアゲするチンピラ。どいつもこいつも、頭が悪すぎる。だが、商売の好機をつかんだとも言える。晴海は星の部屋に入り浸っていた。晴海は未成年だ。裏の世界にどっぷり浸かりきった男の部屋で過ごすことは、環境としては最悪だろう。

「思い出の銀幕」
曾根田菊子は父親と二人だけで映画館を切り盛りしていた。敗戦から二年が経ち、ひとも町も活気を取り戻しつつあった。だが許嫁は戦争に行ったきり帰ってこない。新しい生活を切り開く勇気がない。ただ待っているだけ。彼を本当に好きなのか、いまとなっては定かではないのに、生活が変わる日を待っていた。ある日、チンピラに追われていたヤクザのような男を助けた。菊子は恋に落ちた。その矢先、婚約者がシベリアから復員してきた。曽根田のばあちゃんが若かりし頃のロマンスを回想する。

「岡夫人は観察する」
岡夫人には近ごろ、三つの心配事がある。庭の椿の木に元気がない。夫は年々、気むずかしさに歯車をかけている。横中バスにほとんど恋をしているのではあるまいかと思われるほどに、バスの運行状況に目を光らせる日々だ。まほろ駅前にある多田便利軒を、夫は数年来、贔屓にしている。依頼内容はいつも同じ。庭しごとをするかたわら、横中バスの運行状況を監視せよ。岡夫人の楽しみは、多田が立ち働くさまをひそかに観察することである。最近の多田と助手の様子がなんだかおかしい。喧嘩でもしているようだ。

「由良公は運が悪い」
その日は休日だったので、田村由良は寝坊した。小学五年生ともなると、なかなか忙しい毎日だ。週に五日も塾に通い、当然、平日は小学校で授業を受けている。今日は両親と出かける予定だったが、二人とも仕事が入り、母親が置いていった三千円のお小遣いを持って駅前まで出かけた。由良はそこでギョーテンにつかまってしまう。由良の母親は以前、便利屋を営む多田という男に、塾から家まで由良を送り届けるよう依頼した。でも問題は、助手のギョーテンだ。由良は奇怪なギョーテンが苦手だった。

「逃げる男」
依頼内容は故人の遺品整理。その古ぼけたアパートの部屋は魔窟と呼べる有り様だった。余人には計り知れない美意識によって、ものが蓄積されている。依頼人の柏木亜沙子は、キッチンまほろグループの社長だ。二週間ほどまえに先代社長が急死して、専務だった妻の亜沙子が跡を継いだ。先代社長の名前は、柏木誠一郎。六十八歳。ちなみに亜沙子は、三十二歳。二年前にずっと年下の妻を捨て、せっかく建てた大きな家を出て、柏木誠一郎はなぜ、あんな埃っぽい、がらくたまみれの部屋で暮らしていたのか。

「なごり月」
田岡という男から電話がかかってきた。妻がインフルエンザに罹ったが、間の悪いことに、今日から一泊で出張しなければならない。わたしが帰るまで、妻と二歳の娘の世話をよろしく頼む。そして冷蔵庫に入っている健康食材以外は使わないよう言い含められた。多田はなんとか料理らしきものを作り上げ、女の子に食べさせていると急にぐずりだした。飯粒と唾液でべたべたになった手を振り回す。行天の様子が尋常ではない。ぶっ殺されたくなかったら黙れ。はじめて見る行天の姿に、多田は混乱した。

前作の記憶がないまま読んでみたが、なんとかなったかも。規則正しい生活を好むアウトローの星、バスの運行状況に執着する岡老人、塾通いで忙しい由良公など、なんとなく思い出すことができた。そして今回初登場する柏木亜沙子への多田の執心が、続編の存在を期待させるのだ。元々行天は謎の男だが憎めない駄目人間だった。それが最終話で、わけのわからないトラウマを抱えていたと提示される。その中途半端な締め方が、読後感をひとつ下のものへと落としていたように思う。そこがもったいない、と思った。


所蔵三冊目となる三浦しをんさんのサイン。

三浦3

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

三浦しをん
トラックバック(6)  コメント(2) 

    2010

01.12

「ビッチマグネット」舞城王太郎

ビッチマグネットビッチマグネット
(2009/11/27)
舞城王太郎

商品詳細を見る

なんだか妙に仲のいい、香緒里と友徳姉弟。浮気のあげく家出してしまった父・和志とその愛人・花さん。そして、友徳のガールフレンド=ビッチビッチな三輪あかりちゃん登場。成長小説であり、家族をめぐるストーリーであり、物語をめぐる物語であり…。ネオ青春×家族小説。《出版社より》

お母さんの心をかじっているのはお父さんと弟の友徳で、お父さんは浮気癖状態だった。お父さん曰く、毎日カレーばかりだと飽きる、とか、思い返すのもうんざり。そういうのを赦すお母さんを見ていたせいで私は恋愛と結婚は馬鹿のすることって思い込んでいた。友徳は反抗期だった。でもお父さんとは違って友徳のことは好きだ。親なんて先に死ぬ。再婚してしまえば私以外と新しい家族を作る。一人にはなりたくない。姉弟ならば、そばにいさえすれば関係は壊れない。私は中学生になってもひとつ下の友徳と同じ布団に寝ていた。私たちは布団の中で沢山話をする。学校の話。友達の話。変な作り話。

姉の香織里が中一のころから就職して一年目というあたりまで、彼女の成長や家族の変容が描かれている。香織里は家族を捨てた父を憎みながら、何でも深々と考え、謎の衝動にかられて意味不明な言葉を言う。弟の友徳は面倒な女の子ばかりに好かれてしまう。彼が付き合うことになる三輪あかりは、安全な位置を確保しながら周囲を巻き込んで混乱させていくような女の子だ。大学生になった友徳は一人暮らしを始め、香織里は消極的なお母さんと二人きりの家が憂鬱になり、急ごしらえで彼氏を作ってみれば、家を出たお父さんと七年ぶりに再会する。しかも愛人付きで。さらにその花さんとは気が合って仲良くなる。

非常にアンバランスな家庭でも、それが日常化している。十八歳のときに漫画を描いてみることにした香織里は、まったく描けないことに唖然とする。彼女は自分に問いかける。私の中に物語はないの? 物語ってどうやって創っていくんだろう? 物語を生み出すに足る経験ってどこでどうやって手に入れられるんだろう? 大人になった香織里は自分なりの答えを得る。産まれて育っていろんな人に出会っていろんなことを知ってその人が出来上がっていく。いろんな物語を身にまとう。両親や弟や愛人など、誰にでも、自分自身にも物語があることに気づきくのだ。

深刻な設定なのに暗さを感じさせず、ひたすらポップにどこまでもあっけらかんとスピーディーに展開していく。熱心なファンではないが、デビュー作「煙か土か食い物」でも家族を描いていたことを思い出した。もっと異常で無茶苦茶で一応ミステリで、文字がまるでお経のようにぎっしり詰まっていたと記憶しているが、作品の雰囲気はこんな感じだったかも知れない。本作はそれらよりも文学色が強いと思っていたら、芥川賞の候補にノミネートされていた。ひょっとしたら、あるかも。いつか読もうと買って積んでいる舞城作品だが、これをきっかけに読むことになるかもね。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

舞城王太郎
トラックバック(1)  コメント(2) 

    2010

01.11

「世界クッキー」川上未映子

世界クッキー世界クッキー
(2009/11/13)
川上 未映子

商品詳細を見る

「そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります」に続くエッセイ集の第二弾。二〇〇七年の後半から二〇〇九年の真んなかあたりまでの約二年間の色々な媒体に発表した文章をぎゅっとまとめたもので、「からだのひみつ」「ことばのふしぎ」「ありがとうございました」「きせつもめぐる」「たび、けものたち」「ほんよみあれこれ」「まいにちいきている」「ときがみえます」という八つの分野で構成されている。

「からだのひみつ」では、パンツをくるっとさげてぺろんとお尻を出すことで、ぐずぐずいう二人の甥っ子を一網打尽にしていたら、というエピソードの顛末に噴き出してしまった。また、川上作品では女性の身体について描写されることが多く、その元ネタにほほうとなる。「ことばのふしぎ」は、かなり哲学的でちょっとお堅い。でも言葉に対してすごく真摯に向き合っている印象を受けた。ふつうに生活をしていても、ふつうはこんなことを考えない。すごいね。

「ありがとうございました」は、芥川賞、坪内逍遥大賞、中原中也賞といった賞を受賞した時の文章が集められている。芥川賞受賞のとき、地元関西では彼女のテレビ出演が続いていた。自分はひょっとするとすべて見ていたかも。「きせつもめぐる」は、季節感のある文章が集められ、中でも、たったひとつのクリスマスの思い出に涙しそうになり、酒に酔って記憶をなくすことの怖さにいたく共感した。

「たび、けものたち」は、ドイツなど旅行した先で思ったこと。文章が詩的で、うきうき気分よりも、どこかさみしさがあった。「ほんよみあれこれ」は、本好きなら興味深い内容だと思う。はっとしたのは、大人になってしまえば、自分の好みに合った本を読み、それは逆から言えば、自分の読みたくないものや自分の予想外にあるものは読まなくなったということ。乱読のつもりでいたが、実は偏った読書ばかりしていたことに気づいた。

「まいにちいきている」は、あるあると共感することもあれば、そんな視点で考えたことないぞ、と目からウロコすることもあった。中でも不思議なのは、かつての友人の電話番号。疎遠になってかけることがないのに、今でもその番号をすぐに思い出すことができる。毎日かけた恋人だったあの人の番号が思い出せないのに。この違いって、何でしょう? 「ときがみえます」は、日常の中でふと見えてくること。やはり彼女は人とは違う感性を持っている、と強く思った。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

川上未映子
トラックバック(1)  コメント(2) 

    2010

01.10

「ロスト・トレイン」中村弦

ロスト・トレインロスト・トレイン
(2009/11/20)
中村 弦

商品詳細を見る

ぼくこと牧村は奥多摩の小河内線をおとずれていた。たまたま手に取った雑誌の記事で、廃線跡というものに興味をもつようになったのだ。そこで男の人に声をかけられた。鉄道ファンというだけあって、ぼくの知らない情報をいろいろと知っていた。どのへんに住んでいるのかと訊くと、吉祥寺だと男の人は答えた。おなじ地域に住んでいるとわかると、さらに親しみが湧いた。それが平間要一郎さんとぼくの付き合いのはじまりだった。

平間さんには、〈ぷらっとほーむ〉という名の店内にいながら駅のホームを一望できる行き付けの居酒屋があった。平間さんは、一方的に懐いていったぼくを快く受け入れ、いつでも歓迎してくれた。その日めずらしく酔っていた平間さんはまぼろしの廃線跡の話をする。日本のどこかにまだ誰にも知られていない、まぼろしの廃線跡がある。それを見つけて始発駅から終着駅までたどれば、ある奇跡が起こる。そうつぶやいていた平間さんが消えた。

まわりの人間が気づかないうちに何のてがかりも残さず、きれいさっぱりいなくなった。ぼくはしばらくのあいだ途方に暮れた。そんな状況のなか、平間さんから一枚の名刺をもらっていたことを思い出す。旅行代理店に勤める倉本菜月のものだった。平間さんの失踪には例のまぼろしの廃線が関わっている、と目星をつけたぼくは、彼を慕うテツ子の菜月さんとともに、平間さんの行方を辿り始める。

廃墟や廃線跡など、人が活動していた痕跡とともに朽ち果てていく景色に心惹かれる者は多いだろう。まぼろしの廃線跡と、その廃線跡を調べていた平間さんの失踪。またぼくが菜月さんに寄せるほのかな恋物語がここにある。平間さんはまぼろしの廃線跡に辿りつけたのか。その廃線跡とはどういう場所なのか。そしてそこで奇跡は起こるのか。その興味深い展開に目が釘付けになる。キーワードは、人生の乗り換え駅。ドキッとする言葉だ。

廃れたものに神秘的なものを感じ、自分以外に誰も居ないという静寂さに怖さを感じる場所。日常的な空間も時間も、いともあっさり消えてしまった異空間のような場所。むかしの面影を想像して懐かしむ。あるいは儚さを覚えて寂しくなる。なんにしろ、そこは日常の中に潜む異世界との接点かもしれない。デビュー作の「天使の歩廊」とは、随分と違う作風だが、一気に読ませるファンタジー作品であった。次回作にも期待!

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2010

01.08

「花散らしの雨-みをつくし料理帖」高田郁

花散らしの雨 みをつくし料理帖花散らしの雨 みをつくし料理帖
(2009/10)
高田 郁

商品詳細を見る

江戸の九段坂下、飯田川の川筋から数えて三軒目に、間口三間ほどの二階家があった。その庇に掛けられた看板には「つる屋」の屋号が読み取れる。屋号は店主種市の亡き娘の名前にちなんだものだった。元は神田御台所町に在ったつる家だが、付け火で焼失し、屋台見世を経て、この地に移ったばかり。こぢんまりしていても、一階、二階とも畳敷の部屋は、以前の屋台や床几に比べると、決して気安くはない。だが、馴染み客が居て、料理番付に載った料理屋ということもあって、新しい客も覗きに来る。概ね、商い始めとしては順調と言えた。

女料理人の澪。店主の種市。以前の奉公先の女将だった芳。同じ裏店の住人おりょう。御台町の頃なら、それで手が足りた。だが、店が座敷になると、お客の履物の世話が大変なのだ。そこでふきという十三の少女を下足番として雇い入れた。ふきのふた親はすでになく、その身の上は十二年前の澪自身に重なった。澪の新作料理と全く同じものがつる家よりも先に、神田須田町の登龍楼で供されているという。さらに新しく考案した看板料理も先を越されてしまう。情報を登龍楼に流すことが出来るのは、つる屋の中ではひとりきりだった。「俎橋から-ほろにが蕗ご飯」

大きな徳利を後生大事に抱える行き倒れを澪は助けた。彼の名は留吉と言い、房州は流山の酒屋の奉公人で、店主苦心の品を、あちこちに売り込んだが全く相手にされず、終いには因縁をつけられて袋たたきにされたのだそうな。留吉の徳利の中には上等の味醂が入っていた。澪は大阪ではこぼれ梅と呼ばれる味醂の絞り粕を思い出す。澪も幼馴染も大好きだったおやつだ。澪は思う。野江が生きていること。その正体が吉原では幻のあさひ太夫であること。どちらも種市を始め、周囲には誰にも打ち明けていない。その野江が斬られて怪我をしたという。「花散らしの雨-こぼれ梅」

太一が麻疹に罹った、という噂は狭い裏店中を駆け巡る。まだ幼い子供をかかえる親たちは、井戸に水を汲みにおりょうが姿を現すと、蜘蛛の子を散らすように逃げ惑う。我が子を守るためには仕方のないこと、当然のこと、と頭ではわかりながら、澪はおりょうや伊佐三の気持ちを思うと、どうにも居たたまれなかった。おりょうも居らず、芳も看病を手伝いに抜けるとなると、つる屋は人手不足になった。手伝いに来たのはりうさん。齢七十五と聞いたが、若い頃によく働いたのだろう、身のこなしも思いのほか軽やかで、澪は内心ほっとしていた。その矢先、おりょうが麻疹で倒れた。「一粒符-なめらか葛饅頭」

蛸と胡瓜の酢の物を、客たちはあちこちで、ひとくち食べては、ありえねぇ、という声が洩れる。そのうちに誰も「蛸と胡瓜の酢の物」などと正しい名前で呼ばなくなり、ありえねぇという注文が入るようになった。その「ありえねぇ」が評判になればなるほど、つる屋の暖簾を潜る侍は激減した。遠回しに理由を尋ねても、顔をしかめて返事をせずに、何やら怒った顔で帰っていく。同じ頃、その娘は、明らかに澪を見ていた。否、睨んでいた、言っても良い。誰だろう。澪が軽く会釈してみせると、娘はぷいと視線を逸らせて、慌しく立ち去った。「銀菊-忍び瓜」

今回も上方と江戸の食文化の違いが描かれ、登場人物たちがコミカルで、江戸人情に温かな気持ちになり、その人を想う心遣いにぐっとくる。また、澪たちつる屋の面々、医師の源斉先生、武家の小松原、幼馴染の野江や又次の他に、今回は戯作者の清右衛門が新たに登場する。そうした温かな人々に囲まれ 教えられ 見守られて 澪は一つ一つ試練を乗り越え 料理人として成長していく。さらに澪は生まれて初めて「恋」という感情に気付くのだ。今後も益々目が離せない展開が待っていそう。シリーズ第三弾にも期待したい。


高田郁さんのサイン。

高田1

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(0) 

    2010

01.06

「オヤジ・エイジ・ロックンロール」熊谷達也

オヤジ・エイジ・ロックンロールオヤジ・エイジ・ロックンロール
(2009/11/20)
熊谷 達也

商品詳細を見る

黒沢拓也は、高校から大学にかけて、いわゆるギター小僧だった。最初、その気はまったくなかった。五十歳を目前にしてエレキギターを購入する。その気になれば、いまならこのギター、買えるじゃないか。ほかに金がかかる趣味があるわけじゃないからと、女房の許しが出た。上限は二十五万。しかし拓也が店内で一目惚れしたのは六十四万八千円の五十九年レス・ポール。会社で加入した積み立て保険の満期返済金を軍資金に、ギターのことを知らない女房には嘘がばれるはずがないと、拓也はそのギターを買ってしまう。

拓也が入社以来二十七年間勤務しているのは、地元仙台ではそこそこ大きな印刷会社である。拓也は企業や商店向けのホームページを製作している部門の、一応、室長だ。直接の部下と呼べるスタッフは、若手デザイナーのアッちゃんこと杉本亜紀のほかに四名いるだけ。一人だけの趣味として楽しむつもりが、同僚のアッちゃんに知られたことがきっかけで、拓也はバンドを結成することになった。そしてメンバーを集め、オリジナル曲を作って、アンチエイジ・ロック・コンテストの全国大会を目指すことに。

七十年代のハードロックや、バンドを経験したことのない方は、ある程度不利な読書となるかもしれない。しかし人間心理は肯ける部分があるはず。リズムマシン、エフェクターなど、拓也は便利な機材の進歩に驚きつつ、購買意欲をそそられつい買ってしまう。学生時代は金がないが、社会人ともなるとある程度の融通がきく。いわゆる大人買いというやつだ。その歯止めのきかない散財っぷりが、自分と重なり面白い。いや笑ってはいられない。帰宅して少しは反省するからだ。でもまた買ってしまう。これって何故だろう?

そして淡くてほろ苦い青春時代の想い出が途中で挟まれてくる。ここは若干違和感を覚えてしまうが、後に思わぬ人物との再会が待っている。同窓会でも同じことだが、かつての恋人と再会するのって複雑な気分だ。脳裏にあるその人と、現在形で登場する本人とのギャップ。ここで見せるオヤジたちの微妙な男心がくすぐったい。ガールズ・トークがあるならば、男同士のトイレ・トークがあってもいいではないかと、存分に笑わせてもらった。

その一方で、いい言葉も飛び出してくる。仕事は大事だが、音楽でもなんでも、楽しいことや好きなことがあった方が、人生は絶対に豊になると。ともかく、一つのことに熱くなっているオヤジたちが格好いい。展開は王道のパターンではあるが、そのミラクルが心地良い。ロックは見た目が大事である。格好よさがすべてである。冒頭で主人公はメタボ体型を気にしてダイエットをはじめていたが、はたしてお腹の肉はどうなったのか。そこは少し気になる部分だが、元気をもらえる前向きな楽しい一冊であった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.05

「名探偵は密航中」若竹七海

名探偵は密航中 (光文社文庫)名探偵は密航中 (光文社文庫)
(2003/03/12)
若竹 七海

商品詳細を見る

酒癖・女癖が悪く、誰にでも借金を申し込むが返したためしがない。周囲からは蛇蝎のごとく嫌われていた山城新吉が、勤めていた横浜のローラースケート場で殺されていた。殺人のあった夜、新吉は連れに、あさってから海外ですか、と問いかけていた。その日、出帆した船は箱根丸ただ一隻のみだ。目撃者の証言が正しければ、犯人は箱根丸に乗っていることになる。昭和五年七月、豪華客船・箱根丸は横浜港を出港、倫敦へ向かった。「殺人者出奔」

船は香港に停泊中。山之内男爵家のご令嬢が倫敦赴任中の若い外交官である夫の元へ赴くことになったとき、家庭教師の鹿内ヒデと、そしてなぜかヒデの家で女中奉公している沢田ナツまでもが、そのお供をすることになったのだ。ご令嬢・初子様は、手のつけられないじゃじゃ馬で、飲みっぷりもきっぷもよく、天敵の老婦人のご面相を評して、出っ歯の猿などと口を滑らせたり、何度も船から脱走を試みていた。「お嬢様乗船」

シンガーポールに船が停泊中のことだった。池澤二郎は酔っぱらって、闇のカジノでしこたま儲けて、喜んで船に戻ってきた。ところが、部屋に入った途端、背後から何者かに殴り殺された。一等船室に開きができ、その部屋を惜しげもなく与えられたのは、ロバート・カーマイケル卿夫人が日本から連れ帰ることにした猫だった。猫には池澤の幽霊になった姿が見えていた。「猫は航海中」

船はコロンボに到着した。もともと岡本裕子と山之内初子はお互いを羨んでいた。裕子は金回りのいい初子を。初子は裕子の趣味の良い身なりを。ここに二人の男が登場した。裕子に近づいた俵将美と名乗る男は、裕子の金のないことを皮肉り、初子の贅沢ぶりを賞賛した。逆に、田口盛雄は初子に近づき、初子の金持ちぶりを皮肉り、裕子の粋なスタイルをほめたたえた。裕子と初子は顔を合わせないぐらい険悪になる。「名探偵は密航中」

船は世界で一番暑い紅海を進んでいる途上にあった。せめて怖い話で涼をとろうと、スモーキングルームにいた箱根丸の船会社重役の若林氏、元警察官の通称〈老水夫〉、アンダーソン夫婦、女性探検家のスミス嬢、若いリチャード・ドイルたちは、自分が体験した不思議な話を皆でかわるがわる披露しあう。生化学の研究者だったヘジャトン博士は、そのすべての話に合理的な説明をつけようとするが。「幽霊船出現」

子どもは病室の寝台で、死んだように眠り続けていた。子どもはとんでもない悪戯小僧で、彼が父親に連れられナポリから箱根丸に乗り込んでわずか二日たらずの間に、船内は阿鼻叫喚の巷と化した。ところが、自業自得とはいうものの、睡眠薬を多量に飲んだ上に階段から転げ落ちて、頭を強く打って意識不明に陥った。徹夜で付き添う看護婦の桜は、彼が書いていた日記を偶然手に入れ読んでみると。「船上の悪女」

ミネルバ・ハザートが仮装パーティーを主催したのは、倫敦到着の二日前の夜のことだった。彼女はセンチメンタルな感情が大嫌いだった。船客たちは一日がかりで用意した思い思いの仮装に身を包んでいた。しんみりした雰囲気などすっかり吹き飛んだ。優勝者には賞品が授与される。もう少しで投票が始まるというその時、船上の明かりが消えた。停電が復旧すると、社交室の壁には謎の文字が書き殴ってあった。「別れの汽笛」

横浜から倫敦へ向かう箱根丸船上で連動したオムニバス・ストーリー。小気味の良いミステリが楽しめ、またお気に入りの登場人物にもめぐり遭えるはず。そして若竹作品ではめずらしく後味の悪さも控えめで、気軽に読める作品だと思う。個人的に面白いと思ったのは、魅力的なキャラとストーリーが楽しい「お嬢様乗船」と、ミステリが十分堪能できる「船上の悪女」だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

若竹七海
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.03

「マノロブラニクには早すぎる」永井するみ

マノロブラニクには早すぎるマノロブラニクには早すぎる
(2009/10)
永井 するみ

商品詳細を見る

小島世里は翻訳文学の編集者を志望して出版社に入った。なのに、配属されたのは女性誌ダリア編集部。ファッションやコスメティック、ジュエリーにはまったくと言っていいほど興味がなく、これまで世里は洋服もバッグも靴も時計も機能性重視で選んできた。学生時代はずっとテニス部で、ジャージやテニスウェア姿で過ごす時間が長かったせいもある。世里にとっては、流行のアイテムは別になくても不自由しないものばかりだった。

配属されてから八ヶ月。これまで編集長の松田雅美からかけられた言葉といえば、ほとんどが厳しいものばかり。ここはまるで異空間。周囲で発せられる言葉も理解不能だ。自由に呼吸することさえできなくなりそうだった。それでも少し前から読者モデルの対応を任されるようになって、ようやく自分も編集部の一員になれたような気がしている。それと松田の履いている靴の美しさに惹き付けられるようになった。

そんなある日、編集部の世里に会いたいと見知らぬ中学生が訪ねてきた。カメラマンだった二之宮伸一はN出版の編集者と不倫していた可能性が高く、息子の太一は世里を父の不倫相手と勘違いしていたのだ。太一の父は隅田川の河口近くで遺体となって発見された。警察は事故死と判断した。だが、太一は納得していない。父の死にその女性が関わっているのではないかと太一は推測したのだった。世里は太一に手伝う約束する。

華やかに見えるファッション誌の裏側で奮闘するヒロインと、カメラマン死亡にまつわる謎を追う二本立てになっている。ただ、全体的には編集者としての日常に多くの重点が置かれていた。自分の力不足にうんざりしている世里は、太一との出会いによって、心がほぐれ、それが仕事にも繋がっていく。ようするに、太一という存在は世里にとっての頑張れる元気の素なのだ。そしてファッションアイテムの中で靴が重要なキーワードとして浮上してくる。

タイトルにもなっている「マノロブラニク」とは、スペイン出身のデザイナーが手掛けるトップブランドらしい。松田編集長の靴に惹かれたことで、世里にとって靴は常に気になるアイテムとなり、ファッション編集者として仕事をする上での羅針盤のような存在になって、少しずつ自分らしい編集者としての歩き方が見えてくる。またミステリの謎を解く鍵としても大きな役割を担うようになるのだ。そしてもう一つ浮かび上がってくるのが人の野心だ。

野心というのは、そばにいる人に火傷を負わされるのだが、仕事への強い愛情ゆえに生まれてくるそれは、大事なものでもあるのだなと世里は感じるのだった。そして、自分に足りないのは、その野心なのかもしれないとも思う。どの職場であっても、野心や向上心がなければ人は大きくなれない。さくさく読めるライトな作品だが、働く上での本質を鋭く突いていると思った。人に頼り切らない。自分で考える。言葉では簡単なようで、これが実に難しい。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

01.01

「横道世之介」吉田修一

横道世之介横道世之介
(2009/09/16)
吉田 修一

商品詳細を見る

名前を横道世之介という。長崎の港町生まれ。大学進学のため、たった今東京へ出てきたばかりの十八歳。とはいっても、世之介が契約したワンルームマンションは限りなく埼玉に近い。世之介は入学式で知り合った倉持や同じクラスの阿久津唯とサンバサークルに流れで入会し、サークルの先輩の紹介で始めた一流ホテルの夜勤アルバイトに精を出し、高級娼婦と噂されている年上女性の片瀬千春と知り合い惚れて悩み、一緒に教習所に通い始めた加藤の部屋にクーラーがあるからと入り浸り、教習所ではマイペースなお嬢様の詳子と出会い惚れられる……。呑気な大学生の世之介が歩む十二ヶ月。

そうした縦軸とは別に、世之介と関わった人たちの十数年から二十年後の生活が、所々に横軸として現在形で挿し挟まれている。妊娠をきっかけに大学を辞めて結婚した倉持と唯は十四歳の娘の早熟した恋に悩み、女の子に興味がない加藤は大学四年から付き合っている相方と一緒に暮らし、片瀬千春はかつての人脈使って芸術家のマネージャーをやりながらラジオで人生相談をし、詳子は国連の職員としてアフリカの難民キャンプで働いている。彼らは何かがきっかけで、横道世之介という青年がいた事を思い出す。そして、当の世之介の現在は……。

横道世之介は、嫌みのない図々しさで相手の懐に入り込んで、誘われた人の頼みは断れないお人好し。ボーっとして、とりたてて取り柄もないけれど、決して人を偏見などでは区別をしない。ある登場人物はこうつぶやく。世之介と出会った人生と出会わなかった人生で何かが変わるだろうか。たぶん何も変わりはない。ただ青春時代に世之介と出会わなかった人がこの世には大勢いるのかと思うと、なぜか自分が得をしたような気持ちになってくる。なんでもないような存在だけど、なんとんく愛される魅力があるのだ。心優しくなれて、ほんのちょっぴりじんとくる。そんな一冊だった。


吉田修一さんのサイン。

吉田

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(2) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。