--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.15

「わたしたちの帽子」高楼方子

わたしたちの帽子 わたしたちの帽子
出久根 育、高楼 方子 他 (2005/10)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
もうすぐ小学五年生になるサキちゃん。
サキは家の改装が済むまでおんぼろビルに住む事になります。
そのビルは階段や廊下が奇妙な具合につながっているのです。
サキは部屋の洋服ダンスの中で帽子を見つけますが、そのビルの中で同じ帽子をかぶった育ちゃんと出会うのでした。
二人の帽子が鍵になった少女達の交流と奇跡のお話です。

少し幻想的な不思議なビルに、洋物なアイテムが想像力を膨らませる。
そこに高楼さんの綺麗な文章が登場人物を躍らせる。

少女達以外にも素敵な大人がお話を盛り上げ、大人まで読ませる。
やっぱ高楼さんって上手いな~!!

現在・過去・未来が交錯するのですが、サキちゃんと絹ちゃんが共有した時間に気づいたシーンは、じーんと心に響きました。

あたたかな気持ちになれる、とても良い本でした。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。