--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.16

「退出ゲーム」初野晴

退出ゲーム退出ゲーム
(2008/10/30)
初野 晴

商品詳細を見る

穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者、完璧な外見と明晰な頭脳の持ち主。音楽教師・草壁信二郎先生の指導のもと、廃部の危機を回避すべく日々練習に励むチカとハルタだったが、変わり者の先輩や同級生のせいで、校内の難事件に次々と遭遇するはめに―。《本の帯より》

「結晶泥棒」
文化祭が中止に追い込まれそうな危機が起こった。掲示板に脅迫状が貼られたのだ。要求を呑まなければ屋台の食べ物に毒を盛ると。でも確か去年は、クレープ。一昨年は、たこ焼き。今年は、やきそば。そして今年の要求は、教頭のかつら。毎年恒例の脅迫状だった。だけど今回は、科学部の展示から硫酸胴の結晶が何者かに盗まれた。劇薬の盗難なら、すぐに警察に届けないといけない。だが、そんなことをしたら、文化祭が中止になってしまう。文化祭の実行委員をするチカは、ハルタに助けを求める。

「クロスキューブ」
文化祭の余韻からさめた十一月の上旬、学校で突然ルービックキューブが流行り出した。先輩がバザーで売れ残ったルービックキューブを部室に持ってきて、机の上にコロンと転がした。すくない部員たちがわらわらと集まる。翌日、一個が三個に増え、一週間後、三個が七個に増えていた。さらにその数日後、校舎のあちこちでキューブを見かけるようになった。そんなとき真打ちが登場した。スピードキュービストのハルタだ。いまハルタが挑戦しているのは、六面すべて白色のルービックキューブだった。

「退出ゲーム」
吹奏楽部と演劇部。みんながハッピーになれるために、ハルタは戯曲を創作した。だが、その演劇部部長とハルタが喧嘩をはじめてしまう。その結果、演劇部と吹奏楽部で即興劇対決をすることになった。内容は、設定されたシチュエーションでそれに合った役柄になりきる。そして制限時間内にステージから退出すればいいだけの話。どんな理由をでっちあげてもいい。相手のチームはそれを阻止する。想像力を駆使して退出方法を考えること。演劇部部長と看板女優VSハルタとチカの対決が始まる。

「エレファンツ・ブレス」
現実にあった思い出を夢の中で再生できる枕。発明部の萩本兄弟は、作ったオモイデマクラなる発明品を、生徒限定で極秘に販売してしまった。これが表沙汰になれば、二人は停学処分もので、事情を話して返金することになった。購入者はハルタともうひとり。この発明の発想は、夢を三つの色でコントロールできるということ。そこで希望者には、三色の色とその比率を提出させていた。もうひとりの購入者が申請した色は、象の息づかいという誰も見たことがない色のみ。エレファンツ・ブレスの謎を解くことになった。

チカとハルタは、幼なじみにして最大のライバル。廃部の危機を回避すべく、チカは草壁先生と一緒に部員集めに奔走して、ずっと先生をそばで見つづけてきた。だから、他の生徒の「好き」とチカの「好き」は次元が違う(チカ談)。しかし誤算があった。部員集めに奔走して先生を好きになったのはチカだけではない。もうひとりいたのだ。ハルタだった。おいおい、という感じだけれど、ハルタがぽうっとした目で草壁先生を眺めている姿は、確かにかわいい。そのチカがワトソン役で、ハルタがホームズ役というのが本書。そして部員集めという側面も各編に仕込まれている。米澤さんの古典部シリーズを思わせる作品だけど、独自色が出ていて、中々の上質な作品だと思う。今後の部員集めも読みたいし、普門館出場の場面も読んでみたい。というわけで、続刊希望。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(4)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

幼なじみ同士の恋物語かと思いきや……思わず「そっちかい!」と叫んでしまいました。でも面白かった。先が本当に楽しみな作品ですよね。

たまねぎ:2009/01/07(水) 00:43 | URL | [編集]

たまねぎさん
そっちかい!ですよね。^^;
この三角関係のその後、気になります。

しんちゃん:2009/01/07(水) 22:53 | URL | [編集]

初読みでこんなに良い作品と出会えて、ラッキーでした。
面白かった~♪
初野さんの他の作品を読みつつ、この続編を首を長くして待ちたいと思います。

エビノート:2009/01/08(木) 20:51 | URL | [編集]

エビノートさん
同じく初読みでした。これはヒットでしたよね。
機会があれば他の作品を読みつつ、続編を待ちたいです。

しんちゃん:2009/01/09(金) 20:57 | URL | [編集]

しんちゃんのところで見かけて読みました。
面白かった!
本当に「そっちなのかい!!!」ですよね。
そりゃ~写メをクラスメイトに見られたら
ひきこもりにもなるってもんです(笑)

なな:2009/01/24(土) 21:31 | URL | [編集]

ななさん
ありがちな作風だけど、世界観がしっかりとしていましたよね。
恋愛感情も微妙にずれているし(笑)
あの写メを見られたら、自分ならひきこもりではすまないかも。

しんちゃん:2009/01/25(日) 19:54 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

退出ゲーム  初野晴


私の名は穂村千夏、高校一年生。恋する乙女だ。中学時代はバレー部員として腕を鳴らしたが、もっと女の子らしい部活に入るのだと、高校入学を機に吹奏楽部に転向。思うように鳴ってくれないフルートを前に練習の日々を送っている。 顧問の草壁先生はかつて東京国際音楽...

2009/01/06(火) 23:56 | 今更なんですがの本の話

退出ゲーム 〔初野 晴〕


退出ゲーム初野 晴角川グループパブリッシング 2008-10-30売り上げランキング : 42848おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 穂村チカ、高校一年生、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。 上条ハルタ、チカの幼なじみで同じく吹奏楽部のホルン奏者...

2009/01/08(木) 20:47 | まったり読書日記

「退出ゲーム」初野清


退出ゲーム 初野 晴 JUGEMテーマ:読書 高校の吹奏楽部を舞台にした、日常の謎的ミステリー。弱小吹奏楽部ですが、一つ解決するたびに部員が増えて演奏に幅が出てきます。 初野さん、初読みだと思ってたのですが「水の時計」読んだことあります。内容すっかり忘れ...

2009/01/24(土) 21:31 | ナナメモ

「退出ゲーム」初野晴


「退出ゲーム」初野晴(2008)☆☆☆☆★[2009038] ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、短編、学園、青春 久々に初野晴の名前を見かけた。かって読んだのは「水の時計」「漆黒の王子」の二冊。独特の雰囲気を持ったその作品は、ぼくの記憶に強くこの作家の名を残し...

2009/05/03(日) 05:41 | 図書館で本を借りよう!~小説・物語~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。