--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.17

「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊

イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る

東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階病院長の“ささやかな”お願いは、厚生労働省主催の会議出席。依頼主は、厚生労働省役人にてロジカル・モンスター、白鳥圭輔。名指しで指名を受けた田口は嫌々ながら、東京に上京することを了承した。行き先は白鳥の本丸・医療事故調査委員会。さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、グズグズの医療行政の現実を知ることに・・・・・・。《出版社より》

事件は現場で起こっているんじゃない。会議室で起こっているんだ。とどこかであったセリフの逆を行く作品。リスクマネジメント委員会委員長の田口は、厚労省役人・火食い鳥こと白鳥に招聘されて、厚労省医政局長の私設懇談会、医療事故調査委員会創設検討会の立ち上げに協力することになった。しかし白鳥いわく、検討会の議論なんて前菜。その内容を拡散し攪拌し、ひっちゃかめっちゃかにして、始めからあった結論をぽんとメディアに投げる。これが厚労省のやり方で、官僚は医療なんてどうでもいいと思っており、大切なのは予算と法律だけとのこと。その典型が、ミスター厚生省こと八神課長という男の存在だ。

始まった検討会では、病理学会の田沼教授と法医学会の西郷教授がいがみあっていて、同じ解剖同士でも縄張り争いが激しいのだから、実際に何も進まない。それにミスター厚生省と議事はなあなあの仲。そのミスター厚生省の画策をなんとか防ごうと、白鳥が水面下で動いている。そのひとつのキーが招聘された田口であり、もうひとつが作品タイトルの「イノセント・ゲリラ」である異端の病理医・ひねくれ彦根の存在だ。白鳥と彦根は田口にとって軍師のようであり、一方で田口はただの駒のようでもある。検討会での田口は、すべてを俯瞰するただひとりの男。唯一まともな思考を持った存在だ。。

そんな不毛な議論、医療事故および解剖制度の立て直しとして登場するのが、エーアイ主体の新システムである。このシリーズは一環してエーアイを推進しているので、今更エーアイについて説明することはしない。読んでいると、なんでこんな簡単なことがすんなり通らないのか不思議。官僚というのは、本当になんて頭でっかちなどうしようもない存在なのだろうとしか思えない。それと既得権益を守ろうと固執するエライ人たちや、現代に適応しない法律を後生大事にしている法律家。そんな悪弊を本書はバッサバサと気持ちよく斬っちゃている。その一方で夢物語の大風呂敷も広げている。そこはやりすぎかなとも思ったけれど、海堂さんのご指摘は明快である。

今回は問題提起が前面に出ているので、少し小難しい内容になっている。またエンタメ要素も大幅に控えられている。できれば東城大学医学部付属病院が舞台の作品が読みたかったけれど、こういうのもありかなぁ、なんて思った次第です。

海堂さんのサイン会に参加してきました。意外と男性のファンの方が多かったです。ご本人は、見た目は三谷幸喜で、話口調は酒井敏也とそっくりでした。(おい)

海堂さん

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

海堂尊
トラックバック(11)  コメント(12) 

Next |  Back

comments

一躍話題になった「メタボ」ってそういうことだったの!と、官僚ってほんと汚いなぁ~と思いながらの読書でした。堂々巡りの会議も読んでるだけで疲れちゃった・・・。
海堂作品の登場人物、そろそろ把握し切れません。そんなところに「野生時代」での海堂尊特集。また乗せられて買っちゃうのです(^_^;)

エビノート:2008/12/17(水) 20:34 | URL | [編集]

官僚の既得権益…
守ろうとする知力はすさまじいものがありますねぇ。
実際の現場を見てみたいものですが。

今回のは、ちょっと小難しい内容でしたね。
でもこれを乗り越えないと、次に進めないと思い、必死に読みました(笑

じゅずじ:2008/12/18(木) 12:01 | URL | [編集]

はじめまして。海堂さんの分岐点になりそうな作品ですよね。医療の現場にいる人だから、今、メッセージを発信する使命を感じていらっしゃるのかもしれませんね。がんばって欲しいです。

マッハな生活:2008/12/18(木) 13:51 | URL | [編集]

エビノートさん
メタボは目からウロコでしたね。官僚らしい考えに呆れてしまいました。
不毛な会議は、これが本当なら税金泥棒と言われても・・・。
自分の場合、できるだけここに人物名を書いて、あとは記憶の勝負かな。

しんちゃん:2008/12/18(木) 21:52 | URL | [編集]

じゅずじさん
官僚もそうだし、解剖医もそうだし、法律家も・・・。
海堂さん、そういう場に最近出席して、意見を述べたそうですよ。
宝島社のブログでご本人が語っていました。

しんちゃん:2008/12/18(木) 21:57 | URL | [編集]

マッハな生活さん、はじめまして。
実際、エーアイの推進も徐々に浸透しているみたいですね。
バチスタの頃とは状況が変わってきて、いいことだと思います。
一番は費用負担のことだから、厚労省に直訴となったのかも。

しんちゃん:2008/12/18(木) 22:04 | URL | [編集]

こんにちは。
今回はちょっと読みづらいところもあったけど、
厚労省のお役所体質みたいなものがよく
描かれているなぁと思いました。
そうそう、私もメタボについては、え?そういうことなの?って
思いました。

海堂さんって、見た目三谷さん似なんですね。
ちょっと意外?

mint:2008/12/20(土) 13:51 | URL | [編集]

mintさん、こんばんは。
会議の風景ばかりは少し疲れましたね。
だけど役人の本質がよくわかって、さらにむかつき度が上がりました。
卓上ゲームは辞めて、もっと下々のことを考えて欲しいですね。
本人の前では言えませんでしたけど、前々から思っていました。

しんちゃん:2008/12/20(土) 21:59 | URL | [編集]

サイン本だ!
厚労省の会議の名前!!!
本当にわかりにくかった。
それにしてもこんなにバッサバッサと斬ってくれて
素晴らしいです。
読んだ人が「いいんじゃないの~」って思うこと
どうして通らないんでしょうね????

なな:2009/01/16(金) 21:17 | URL | [編集]

ななさん
バッサバッサと腐敗体質を斬ってましたねぇ。
気持ちがいいけれど、これが本当ならムカツク~。
それが“利権”なんでしょうね。

しんちゃん:2009/01/17(土) 16:39 | URL | [編集]

官僚にムカムカして、エーアイっていいんじゃないと思って・・。海堂さんにすっかり洗脳されてる気がします。

june:2009/03/28(土) 22:06 | URL | [編集]

juneさん
ほんとそう。エーアイを活用しろって感じ。
病院の費用負担さえなくなれば広まると思うのに。
同じく洗脳されてます(笑)

しんちゃん:2009/03/29(日) 19:06 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

イノセント・ゲリラの祝祭 〔海堂 尊〕


イノセント・ゲリラの祝祭海堂 尊宝島社 2008-11-07売り上げランキング : 33おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階

2008/12/17(水) 20:21 | まったり読書日記

【イノセント・ゲリラの祝祭】 海堂尊 著


医療事故を裁くのはいったい誰なのか? 厚生労働省をブッつぶせ!   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病...

2008/12/18(木) 11:57 | じゅずじの旦那

イノセント・ゲリラの祝祭


「チームバチスタの栄光」の海堂尊の最新作。 おなじみ白鳥・田口コンビ第4弾です。 2006年に「チームバチスタ」でデビューしてから 今作で1...

2008/12/18(木) 13:42 | マッハな生活

『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂尊


今日読んだ本は、海堂尊さんの『イノセント・ゲリラの祝祭』(2008/11)です。 田口・白鳥コンビが登場。今回は厚生労働省での会議を舞台にした話です。

2008/12/20(土) 13:44 | いつか どこかで

「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊


イノセント・ゲリラの祝祭 海堂 尊 JUGEMテーマ:読書 高階院長の依頼により厚労省の会議に出席することになった田口。依頼したのは白鳥。行き先は白鳥の本丸・医療事故調査委員会。さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、グズグズの医療行政の現実を知るこ...

2009/01/16(金) 21:17 | ナナメモ

【海堂尊】イノセント・ゲリラの祝祭


 今日が貸出期限なんですが、次に予約している人ごめんなさい。この記事をアップしたら近所の返却ボックスに返しに行きますぅ…。(^^; 宝島社 2008/11/21 第1刷発行  久々の「田口・白鳥シリーズ」。彼らが登場しない作品も含めて勝手に「桜宮シリーズ」と呼んで...

2009/01/29(木) 23:05 | higeruの大活字読書録

「イノセント・ゲリラの祝祭」海堂尊


イノセント・ゲリラの祝祭クチコミを見る グッチー先生の存在にほっとしてしまうくらい、白鳥に加納、八神に西郷に彦根と、強烈なキャラ目白押しで、おもしろかったです。海堂さんの書く強烈キャラってすごく好きです。バチスタ以降おとなしめだった白鳥さんも今回は期...

2009/03/28(土) 22:06 | 本のある生活

海堂 尊 著 『イノセント・ゲリラの祝祭』


イノセント・ゲリラの祝祭 【単行本】 リスクマネジメント委員会委員長田口公平が招聘された 厚労省主催の「医療事故調査委員会創設検討会...

2009/05/04(月) 00:06 | 『映画な日々』 cinema-days

イノセント・ゲリラの祝祭/海堂尊


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/6/7~2009/6/12 [宝島社HPより] 東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長からの呼び出しを受けていた。高階病院長の“ささやかな”お願いは、厚生労働省主催の会議出席。...

2009/07/26(日) 21:48 | hibidoku~日々、読書~

イノセント・ゲリラの祝祭<海堂尊>-(本:2009年読了)-


イノセント・ゲリラの祝祭クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2008/11/7) # ISBN-10: 4796666761 評価:79点 厚労省が主催する「医療事故調査委員会創設検討会」に東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者、おなじみの田口先生が招聘される。 黒幕は白鳥。

2009/12/06(日) 21:22 | デコ親父はいつも減量中

医療行政の実態


小説「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。 著書は 海堂 尊 おなじみの田口・白鳥シリーズ第4弾 今回は医療行政がテーマで ちょっと 小難しいテーマながらも しっかりと エンタメ作品として読めるから流石です どこまで 本当なの?と思わせるほどの 医療行政の...

2011/04/29(金) 22:00 | 笑う学生の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。