--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.19

「Bランクの恋人」平安寿子

Bランクの恋人Bランクの恋人
(2005/10/16)
平 安寿子

商品詳細を見る

王道からちょっぴりずれた、いろいろな“愛”の形を描いた作品集。「Bランクの恋人」「アイラブユーならお任せを」「サイド・バイ・サイド」「はずれっ子コレクター」「ハッピーな遺伝子」「利息つきの愛」「サンクス・フォー・ザ・メモリー」を収録。

「Bランクの恋人」
七塚次郎、二十八歳。独身。モテる男。獲りやすいターゲットは、あんまり男に縁のなさそうな女。百点満点の八十五点はいってると思ってる七十八点レベルの女が、いつも出会いを求めている。そいつらに、さりげなく声をかける。というわけで、常時十二、三人はいる。恋人が欲しいんじゃない。俺はモテたいんだ。

「アイラブユーならお任せを」
幼少のみぎりから落語に親しんできた信友氏は、敬愛する柳昇師匠の「愛してる」と言いなさいという考えを胸に刻んで育った。だから、おまえも言ってみなさいと、きわめて厳かに杉生くんに言った。従業員の杉生くんが恋しているのは、近所の薬局の娘さんだ。そうだ。ラブラブ・メッセンジャーになるぞ。

「サイド・バイ・サイド」
小郡美由紀は四十二歳のキャリアウーマン。けれど、一皮剥けばバリバリの結婚優先主義者。会社では傍迷惑なコネ坊やを押し付けられ、帰宅すると二十五歳にもなってデレデレした女を預かっている。淡い付き合いの男が、いきなり私生活の問題を持ち込んできたのだ。生真面目な美由紀の身の因果なのか。

「はずれっ子コレクター」
可哀想だから惚れるが持病の女と出会ったのは、オカマのコーちゃんが一人で切り盛りするバーだった。澄香さんは小学校の音楽教師。三十五歳の女盛りだが、見た目はひたすら、おばさんである。今で言うなら負け犬だ。しかしゲテモノ食いの彼女は、三十五歳で二十三人もの男とこなしていた。

「ハッピーな遺伝子」
二十七歳の今のルミにとって、両親は他人より遠くにいる存在だ。母は仕事に夢中なせいか、近頃めっきり遠慮がちになっている。問題は、チャーリーである。五十五歳でデブはげ初老になりはてたチャーリーはミュージシャン。その狂騒型の一人娘であるルミは、思いっ切り引っ込み思案の性格だった。

「利息つきの愛」
くうちゃんが失恋した。美和とくうちゃんは、男の趣味がかぶらない。それが友情を保っている理由かもしれなかった。くうちゃんこと邦彦は、ゲイだ。誰にも隠していない。正々堂々の同性愛者だ。くうちゃんとは一番の仲良しだ。そのくうちゃんが、美和の知っているストレートの男に恋をしてしまった。

「サンクス・フォー・ザ・メモリー」
二年前、長男の修平が亜希と結婚した途端、おとーさんが脳梗塞で半身不随になった。そのおとーさんが突然亡くなった。おとーさんの葬儀ということは、憎たらしい小姑がやって来る。市会議員の女王様。実の娘のくせにおとーさんの世話は任せっぱなし。修平だってムッツリしっぱなし。おとーさんだけがありがとうって、ちゃんと言ってくれた。


モテてるつもりが弄ばれている「Bランクの恋人」で早々と世界に引き込まれ、無茶苦茶キュートな信友氏が微笑ましい「アイラブユーならお任せを」でさらに好きになり、こういう因果の人っているなと「サイド・バイ・サイド」で少し休憩し、モテない系が好みだと遊び放題という「はずれっ子コレクター」にうへーとなり、困った親父が勇気の素になる「ハッピーな遺伝子」で持ち直し、二人の友情がとにかく気持ちいい「利息つきの愛」でニンマリとなり、ラストの「サンクス・フォー・ザ・メモリー」で泣きそうになった。やはり平安寿子さんはいい。一見等身大なくせに、不器用な危うさに面白味があって、落とすキレが抜群。それに加え、そこらに載っている恋愛攻略特集よりも勉強になったりもする。これらを参考にすると、自分らもモテることができるかも。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

平安寿子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。