--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「七年目の脅迫状」岡嶋二人

七年目の脅迫状 七年目の脅迫状
岡嶋 二人 (1986/06)
講談社

この商品の詳細を見る

中央競馬会に届いた八百長レースをやれという脅迫状。
要求を受け入れなければ、治療法のない伝貧を各牧場にばらまくというのだ!
調査を依頼された保安課員・八坂心太郎は、馬産地北海道の日高に飛ぶ。
単なる金銭目的の脅迫かと思いきや、犯人の本当の目的は・・・。

前作に引き続き競馬の世界を描いてますが、関係無く読ませます。
そして脅迫事件のはずが、どんどん話が膨らんでいく。
スピード感が凄い。もうさすが岡嶋と言うしか無い。

この本は現在も売ってるのか知らないですが、すごく面白かったです。
 
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。