--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.27

「あなたがパラダイス」平安寿子

あなたがパラダイスあなたがパラダイス
(2007/02)
平 安寿子

商品詳細を見る

人生を生き抜いたごほうびの場所では、まだまだいける恋心が健在でした。3人の中高年女性、夫と家族と恋人による、ユーモアたっぷりのアンチエイジング小説。《本の帯より》

「おっとどっこい」
内村敦子はクールな大人。勤め先の公立図書館では、もっぱらそう言われている。敦子も若い頃は、自分もいつかは結婚するのだろうと、タカをくくっていた。しかし五十のいかず後家だ。会っては話してセックスして別れる関係のボーイフレンドは常に複数いた。だが、その性欲も更年期がきて枯れた。敦子は自分の人生を生きる。一番はジュリー。四十年ずっと追っかけだ。心の真ん中にぽっかり開いた深い穴を、彼は埋めてくれた。同居する母とはそりが合わないが、その母のせいで、ジュリーのCDを紛失した。未練が募るばかりで、つい、ファンサイトで愚痴った。同じく亡き妻がファンだったという男性がCDを譲ってくれるという。その坂崎と出会い、男を意識してしまった。

「ついに、その日が」
それは西嶋まどかが五十歳になった年の十二月のことだった。急にムワッと暑くなった。額に汗が滲み、トレーナーの首まわりもじっとり濡れてくる気配。ホットフラッシュ。更年期の代表的症状だった。あれから足かけ三年。生理がなくなって、これで自由だ。いろいろ計画した矢先、義理の両親と実の両親が次々と倒れた。姑が骨折をしたのを皮切りに、父が脳梗塞、舅が心筋梗塞、母が初老期うつ病。その母のうつ病が重くなり、朝の二時間は妹、昼間はヘルパーと弟の妻、夕食はまどかが世話をすることに決まった。そこに、義兄夫婦のゴタゴタに巻き込まれてしまう。義姉は同居嫁として、ギリギリのところで踏ん張っていた。その悦子が家出した。なんと韓流の追っかけに生き甲斐を見出していたのだ。

「こんなはずでは」
食欲がない。ときどき、こめかみあたりがキリキリと痛む。夜、眠れない。それでいて、朝、起きられない。離婚からくるストレスなのだろうか。医者からは、四十三歳にして更年期を示唆された。病院を出た千里は、すぐさま有季子を呼び出した。有季子は、女性向け医療情報を収集する会社を経営している。千里は体調を崩すまで、専属の取材記者として働いていた。その有季子に訳もわからず連れてこられたのは、更年期を考える会。ジュリー作詞のテーマソングの合唱が始まった。「最近元気じゃない/怒りっぽいんじゃない/汗っぽい感じ違うかな」違わない。その通りよ。「ぎゅっと抱きしめ合おう/そうね楽しめない/惨め ため息を吐こう」それって、わたしのことだけど。

「まだまだ、いけます」
街路樹が葉を落とす舗道で、まどかは立ち止まった。ライブ会場の名前は知っているが、どこに向かえばいいのかわからない。そのまどかの袖を、悦子が引っ張った。三人の中年女が楽しそうにおしゃべりしながら、まどかたちと同じ方向に歩いていた。座席に並んで腰掛けてから、坂崎は持っていたグッズを敦子に差し出した。そうはいかないと言い張るのは、やめた。敦子にとって坂崎の好意を拒否する理由がない。千里が楽しみしているのは新曲だ。老いることの苦悩の次は、老いのとば口に立った今の情感だった。光の中に彼が進み出てきた。ファンが一斉に立ち上がる。空間の温度が、一気に上昇した。ジ・ュ・リ・-!!!


本作品は更年期とジュリーがすべて。自分が男だからか、更年期と言われてもピンとこない。男にもあるそうだけど、まだその年齢には早すぎる。それにしてもしんどそうで、男の理解が必要だとツクヅク思った。そしてジュリーこと沢田研二。ジュリーにしても年代が合わない。幼稚園のお遊戯会だったかで、TOKIOを歌った記憶があるぐらい。あとはパラシュートの人という印象。だけど、何故かベスト盤CDを二枚持っていた。それもたぶん引っ越した時に紛失してしまった。誰かのCDだったのだろうか。そんな訳で、これまでの作品のように、共感を得られる作品ではなかった。ユーモアがあるにはあるが、それ以上にイライラや年老いた親の介護のことが重すぎた。よって個人的な評価としては、微妙。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

平安寿子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。