--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.26

「カソウスキの行方」津村記久子

カソウスキの行方カソウスキの行方
(2008/02/02)
津村 記久子

商品詳細を見る

芥川賞候補作の「カソウスキの行方」と、「Everyday I write a Book」「花婿のハムラビ法典」の三編を収録。

「カソウスキの行方」
不倫カップルの軽いプレイに巻き込まれた結果、通販会社の本社から、郊外の倉庫管理部門に飛ばされた二十八歳独身女性のイリエ。都心に借りていた部屋はそのまま残し、友達の部屋に転がりこんでいたイリエだが、その友達が結婚することになり、会社が借りているアパートに移ることになった。このアパートの部屋は、異常なほど寒い。家具の下見に行った友達のはずんだ電話の声に、イリエはなんとなく意思の疎通ができる男性の数を数えてみた。二つ年下の藤村は悪くはないが既婚者。もう一人は森川君。ほとんど興味のない相手だけど、好きになったということを仮定して、仮想好きの日々を始める。

「Everyday I write a Book」
地下鉄に導入されるICカードをデザインしたのは、シカドという男で、野枝は直接みかけたことがあった。シカドは絵本作家兼ミュージシャンと結婚した。思う人が彼女持ちだったりすることはよくある話だが、シカドの場合は何か諦めきれない。シカドの妻になった茉莉のブログを見つけた野枝は、なんとなく読み続けてしまう。ブログの茉莉は、野枝の余裕のない日々を笑っている気がする。同じくブログを見ているオサダとは、ほとんど週に一回という付き合いをしている。だが、オサダは、なぜか十時を過ぎて一緒に居てくれるということがなかった。

「花婿のハムラビ法典」
ハルオとサトミは、ただ同期という関係だったが、サトミの退職を機に、唐突に付き合うことが決まった。時間にルーズではあったが、付き合い始めた当時は、本当に良かった。しかしサトミが就職して、多忙になり始めると、様子は違ってきた。三回に一度は土壇場で会えないと言われ、会えばいつものように遅刻した。そのわりには、バカな内容のメールを突然送ってくる。サトミの行動を数値化してみると、その結果にハルオは頭痛を感じた。そこでハルオは決意した。サトミの不義理一ポイントに対して自分もひそかに一ポイントで対応して、不義理のバランスを取ると。


表題作の「カソウスキの行方」は、暇を持て余したのか、寂しさからなのか、仮想好き生活を始めた主人公のバカさに、クスクス笑い、時に吹き出してしまい、大ウケだった。愛すべき女性とは、こういう人なのかもしれない。とにかく、正直でかわいい人だ。

次の「Everyday I write a Book」は、気になる男のはずが、その対象はいつの間にかその妻に変わり、けれどやるせなさはそのまま変わらない。寂しさを埋めてくれそうな男はいるが、希望どおりに埋めてくれない。作品としては小粒だけど、そういうもどかしさもあるかなあと。

最後の「花婿のハムラビ法典」も笑えた。時間にルーズな女に惚れてしまった男の対処法がすげえバカ。でもギブ・アンド・テイクを求めてしまう気持ちもわかる。これが惚れた男の弱みでしょうか。その対極にいるのが女。妹と母親には精神的に不安定なところがあって…、それはおまえのことやろ。こんな女は大っ嫌いだー! 

これまで読んだ津村作品の中で一番笑えた作品集だった。憎めないダメ人間たちが愛おしくなってくる。そんな味のある作品で、おすすめです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

津村記久子
トラックバック(2)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

私も今まで読んだ津村作品では、この本が一番笑えたかも~?カソウスキももちろん良かったけれど、「花婿の~」も良かったです。男の人の対処法が気持ちは分かるんだけどすっごいバカというか・・・(笑)でもすっごく可愛くていとおしいバカでした。(^^ゞ

板栗香:2009/03/23(月) 07:20 | URL | [編集]

板栗香さん
「カソウスキ」のタイトルは座布団一枚です(笑)
「花婿の~」の男もバカだけど、時間にルーズな女は何なんでしょう。
面白く読めたけれど、そこにカチンときました^^;
でも、笑える~~!

しんちゃん:2009/03/23(月) 18:32 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

津村記久子【カソウスキの行方】


本社から郊外の倉庫へ飛ばされた「イリエ」は、文具の通販カタログを読みふけって、退社までの半端な残り時間をすごす。 帰りは畑の間の道...

2009/02/27(金) 09:10 | ぱんどらの本箱

津村記久子  カソウスキの行方


第138回芥川賞のノミネート作品です。 今までにも何回か書いていますが、どうも私は芥川賞系の本とか相性が悪いようで、ずっと避けていたんですが、津村記久子さんの本はどうやら読みやすいらしい・・・と聞いたので早速読んでみました。 川上さんの『乳と卵』も面白く興

2009/03/20(金) 11:09 | マロンカフェ ~のんびり読書~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。