--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

03.08

「本日、サービスデー」朱川湊人

本日、サービスデー本日、サービスデー
(2009/01/21)
朱川湊人

商品詳細を見る

世界中の人間には、それぞれに一日だけ、すべての願いが叶う日がある。それが、サービスデー。神様が与えてくれた、特別な一日。本来は教えてもらえないその日を、思いがけず知ることになったら――。出版社や本の帯にはこう書かれているが、これは表題作だけに限った内容紹介であって、本書は連作集ではなく、「本日、サービスデー」「東京しあわせクラブ」「あおぞら怪談」「気合入門」「蒼い岸辺にて」という五つの独立した短編を収録した短編集だ。少し軽薄なところは気になるが、コミカルなもの、ブラックなもの、微笑ましいものなど、バラエティにとんだ朱川ワールドである。ただ、軽いあたりが記憶に残りそうにないとも思った。だから、メモメモ。以下、内容紹介。

「本日、サービスデー」
男はリストラを勧告された。その夜、大好きな映画を観ながら、寂しい晩餐を始めた。意外なことが起こったのは、映画が始まって十分ほどしてから、ちょうど日付が変わったばかりの頃だった。テレビ画面に女の顔らしきものが、ボンヤリと映った。しかも時間が経てば経つほど、だんだん鮮明になってきて、テレビから女の音声がハッキリと言った。今日はあなたの一生に一度のサービスデー。どんな願い事も叶う、すばらしい一日だと。けれど、それは本来、本人が知ってはいけないことだった。

「東京しあわせクラブ」
不道徳といえば不道徳なクラブがあるという。不道徳という言葉に、小説家の男は大いに刺激されるものを感じた。説明を求めると、要はある種の品物を集めているコレクターの集まりらしい。近々そのメンバーが自慢の品物を持ちよって、半年に一度の品評会を開くのだという。小説家はゲストとして参加が認められた。メンバーが次々とお宝を披露する。子供を虐待死させた家にかかっていた表札。団地で飛び降り自殺したおばさんのサンダル。このクラブは、何か犯罪や事件に関わるものをコレクションする人間の集まりだった。

「あおぞら怪談」
幽霊も血みどろとかはイヤだけど、ウチにいるようなヤツなら、別に怖くないかなぁ。彼はしれっとした口調で答えた。結局は自分の目で見ないと信じられないんじゃないかい? 男は彼と連れ立ってアパートへ向かった。何か白っぽいものが、すーっと動くのが見えた。くすんだ黄色のカーテンの端から、あきらかに人の手と思えるものが現れた。それは手首だった。どうやら若い女性の右手首らしい。名前をるり子と呼び、彼は怖がるどころか、完全に家族のように思っているようだった。

「気合入門」
三つ年上の兄貴はいつでも小一の自分をオマメ扱いだ。兄貴を見返してやりたい。そのチャンスが、不意にやって来た。兄貴はこの沼で、最高十二匹のザリガニを釣った。その時も少年は、ただ横で見ているだけだった。けれど今日は違う。少年の手には、父親に作ってもらったサキイカが結び付けてある仕掛けがあった。一分もしないうちに釣れた。二匹目も。また一匹。その時、アメリカザリガニが食いついた。動きに圧倒されて逃げられた。その迫力に負けた。怖かった。兄貴は気合が足りないと言っていた。

「蒼い岸辺にて」
こんな苦しさを、早織は今まで味わったことがなかった。目を開けると、蒼い世界に倒れていた。前の方を見ると、ひときわ蒼い、大きな海が見えた。海じゃねぇよ。河だ。近くでしゃがれた男の声がした。一艘の古いボートがあり、その舳先に男が座っていた。死んだら河を渡って、向こう岸に行くもんだろうが。死んだ? そうだ。もう生きていくのがイヤになって、薬を大量に飲んだのだ。その男は、早織の両手から残りの人生にあった未来を収集し、ムダになったと次々と処分していく。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

朱川湊人
トラックバック(4)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
読んでるそばからどんどん内容が薄れていきました。
バリエーション豊か過ぎたのかしら?
「本日、サービスデー」が一番面白かったです。
私のサービスデーはいつ?

なな:2009/03/13(金) 21:34 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
一冊としてのまとまりが悪かったですね。
自分は表題作と「あおぞら怪談」が好きでした。
サービスデーはすでに過ぎたかも。←人が悪い(笑)

しんちゃん:2009/03/13(金) 22:17 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「本日、サービスデー」朱川湊人


本日、サービスデー 朱川湊人 JUGEMテーマ:読書 「本日サービスデー」「東京しあわせクラブ」「あおぞら怪談」初出「週間宝石」と「気合入門」「蒼い岸辺にて」書き下ろし。5つの物語。 朱川さんの小説久しぶりです。 表題作「本日、サービスデー」が一番面白...

2009/03/13(金) 21:34 | ナナメモ

本日、サービスデー 〔朱川 湊人〕


本日、サービスデー朱川湊人光文社 2009-01-21売り上げランキング : 9505おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ この本を手に取ったあなた。 あなたは今日、世界でいちばんツイている。 テーマは「人生全肯定」。 努力しないで幸運をつかみたい人、必...

2009/03/24(火) 21:31 | まったり読書日記

本日、サービスデー/朱川湊人


本日、サービスデー(2009/01/21)朱川湊人商品詳細を見る お久しぶりです。一時、復活目指して頑張ってみましたが、挫折。まだまだ体調もイマイチ...

2009/04/16(木) 21:31 | それでも本を読む

初の朱川作品


小説「本日、サービスデー」を読みました。 著者は 朱川 湊人 5編からなる短編集 どの話もちょっと不思議な 世にも奇妙な物語 を思わせる感じがありました やはり 表題作が1番 ストーリーもしっかりしていて 楽しめましたね 「蒼い岸辺にて」も良かったかな どれ...

2012/01/21(土) 21:57 | 笑う学生の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。