--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

03.31

「廃墟建築士」三崎亜記

廃墟建築士廃墟建築士
(2009/01/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る

不思議な建物をめぐる物語集。「七階闘争」「廃墟建築士」「図書館」「蔵守」を収録。

「七階闘争」
主婦が惨殺された。中学生がベランダから飛び降りた。火遊びが発端で火事になった。独居老人が腐乱死体となって発見された。事件の種類も、場所も、発生時刻もまちまちだ。だが、一つだけ共通している点があった。それは、全てビルの七階で起こったという点だった。事件が続発したため、市議会はマンションの七階だけを撤去することに決めた。七階に住む私は、七階に住む権利を守る住民運動に成り行きで参加するはめになった。

「廃墟建築士」
私は廃墟に魅せられた。いつか崩れ、自然へと回帰していく廃墟。私は悟ったのだ。廃墟を造ることこそが、私の生きるべき道であると。廃墟を造り続けて三十年。私の一番弟子ともいえる鶴崎は、廃墟建築よりも会社経営に長けていたのだろう。独立後、大企業をパトロンにして次々と高級廃墟を建築し、廃墟建築界の寵児として一躍名を馳せた。だが、鶴崎建設の偽装廃墟が問題になり…。

「図書館」
夏休み期間中、夜の図書館を子どもたちに体験させてやりたい。その依頼を実現すべく、ハヤカワ・トータルプランニングの日野原は小さな町にやって来た。図書館の野生を一般の人々にも触れる機会を持たせるべく派遣されてきた調教師だ。本たちは次々に書架から飛び立った。一日の労をねぎらいあうようにホバリングして群れ集い、誘い合って天井近くまで上昇して回遊し、つかの間の自由を謳歌する。

「蔵守」
蔵と呼ばれるその建物は、超然としてそこにある。私は守り続ける。向かい来る見えざる敵に対して、守りの意思を強く固める。一つの蔵として。一人の蔵守として。それぞれの役割を全うする蔵と蔵守。その存在は、ある日突然、蔵の内側に現れた。蔵守見習いは、ある日突然、蔵守の前に現れた。蔵とはいったい何なのか。なぜ略奪者は蔵を襲うのか。そして、彼らが守り続けているものとは一帯何なのか。


「七階闘争」は、七階を撤去する行政側と反対運動に身を投じる住人たちによる闘い。そこには見えない悪意もあって、という「となり町戦争」と対を成す作品。なぜと思わないで身を委ねて読むべし。「廃墟建築士」は、廃墟を新築する不思議世界だが、そこに時事ネタが加わる人間臭い作品。廃墟の探検って楽しそう。「図書館」は、「バスジャック」収録の「動物園」の続編。優雅に飛翔する本は見てみたい。でも本の反乱はゴメンだ。「蔵守」は、意識ある蔵と蔵守の二視点の物語。ぼやけた輪郭が徐々に鮮明になり、新たな息吹が感じられる不思議な作品。静かな余韻が印象的だった。


三崎亜記さんのサイン。

三崎

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

三崎亜記
トラックバック(4)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

図書館が印象的でした。「動物園」を読んでいないので、続きだったとは知りませんでした。

この四編、あれこれ考えずに身をゆだねて読むのがよろしいようですね。

たかこ:2009/12/16(水) 11:41 | URL | [編集]

たかこさん
自分も知らずに買ったのですが、続編が収録されていることを知り、慌てて「バスジャック」を読みました。そうそう。他の長編でも「動物園」はリンクしていましたよ。

この作品集だけでなく、すべての作品に置いても、身をゆだねて読むのが正解だと思います。

しんちゃん:2009/12/17(木) 21:49 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「廃墟建築士」三崎亜記


廃墟建築士 三崎 亜記 JUGEMテーマ:読書 ありえないことなど、ありえない。不思議なことも不思議じゃなくなる、この日常世界へようこそ。七階を撤去する。廃墟を新築する。図書館に野性がある。蔵に意識がある。ちょっと不思議な建物をめぐる奇妙な事件たち。現実と...

2009/04/01(水) 20:17 | ナナメモ

廃墟建築士/三崎亜記


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/3/24 [集英社HPより] 不思議な建築物にまつわる4つの物語 廃墟は現代人の癒しの空間。だが人が住んでいることが発覚し「偽装廃墟」が問題になって…表題作ほか、ありそうでありえない建築物を舞台に繰り広げられる、不思議で切

2009/04/16(木) 23:56 | hibidoku~日々、読書~

廃墟建築士/三崎亜記


廃墟建築士(2009/01/26)三崎 亜記商品詳細を見る <不思議な建築物をテーマにした4つの話。三崎ワールド全開だが…> 三崎さんの作品の面白さは...

2009/04/27(月) 21:49 | それでも本を読む

廃墟建築士 / 三崎亜記


うぎゃぎゃ、面白かった~!タイトルの廃墟建築士ってどういうこと?普通は、建築物が廃墟になるから、廃墟は建築するものではないと思うけど…。と、しょっぱなから謎、ナゾ、なぞ!に包まれていた。 全四編。 「七階闘争」 この町の犯罪は7階で多発している、なの...

2009/12/16(水) 11:23 | たかこの記憶領域

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。