--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.17

「スノーフレーク」大崎梢

スノーフレークスノーフレーク
(2009/02/27)
大崎 梢

商品詳細を見る

主人公は函館に住む高校三年生の真乃。卒業式まで二週間を切っていた。真乃は大学の推薦枠に滑り込み、晴れてこの春から東京の四年制大学に通う。これから一歩踏み出すことになるのだけれど、この頃の自分はちょっとおかしい。ひどく感傷的。函館の町にはその子との思い出が今なお、そこかしこに息づいている。六年前に亡くなった男の子で、仲のいい幼なじみ。未だ忘れることが出来ない存在だった。

遠藤速人と真乃と亨の三人は、幼稚園も小学校も一緒だった。あのまま速人が死んでしまわなければ、亨との関係も変わっていただろうか。真乃と亨はたった一日だけのデートをする。気がつけば手を繋いでいた。そのとき、そのショップの角に人影が見えた。じっとこちらに視線を注いでいる。ハヤちゃん。中学生の頃、友だちのシーコが見たと言い、自分もそれらしい姿を垣間見た。とっさに連想したのは速人だった。

速人は小六の時に、一家心中に巻き込まれて死んだ。車ごと、函館湾の海に沈んだ。だが、速人だけ、死体があがらなかった。さらに翌日、本気で錯覚を起こすほど似かよった雰囲気の従兄弟、勇麻に出会った。そして勇麻のまわりで起きているという不審な出来事。ところが勇麻については顔なじみの及川夫人が不快をあらわにし、遠藤家を知る曾根崎は六年前の事件について疑問を口にする。そして亨もまた、真乃の知らない行動に出ていた。ほんとうは生きているのかもしれない。真乃はかすかな希望を胸に、速人の死にまつわる事件を調べ始める。

こういうしっとりした作風は初めてかもしれない。青春ミステリです。ヒロインの真乃は、自分はモテないと認識している女子で、亡くなったとされている幼なじみの速人を忘れられず、もう一人のモテ系幼なじみの亨から好意を寄せられている。少し変則気味の三角関係だ。そしておしゃれとおしゃべりが好きな友人の琴美は亨との付き合いを推奨し、理屈っぽくて趣味趣向の偏ったシーコは速人についてこだわりを持つ。そこに速人の従兄弟という勇麻が突然現れて、乙女心は揺れる~と思わせて、ええ~~っ!!という驚きがラストに待ち受けている。

と言っても、ミステリに意外性があるわけではなく、強引な辻褄合わせに驚いたというか…。事件の謎を追う過程はわくわくさせるものがある。ここで地下室!なんてドキドキもある。だけど、ミステリとしての結末はツッコミどころがあって、でも反対に、旅立ちの春という青春ものとしては悪くない。自分も初めはやり過ぎかなと思ったけれど、これも悪くないと思えてきた。高校生はこうあるべきという健全タイプの人は嵌るかも。ミステリでご飯が食べられるという人には不向きかも。どちらに重点を置いて読むかで賛否が別れそうだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大崎梢
トラックバック(6)  コメント(8) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
揺れる乙女心は複雑、と思ったらそっちだったのか~と驚きました。違う意味で複雑だった。
ツッコミどころはあるけどいかにも青春ぽい雰囲気はよかったです。

雪芽:2009/06/04(木) 20:11 | URL | [編集]

雪芽さん、こんばんは。
ミステリとしてはツッコんだらきりのない作品でしたね。
でも青春ものとしては悪くないように思いました。

しんちゃん:2009/06/05(金) 17:50 | URL | [編集]

こんばんは。
最初からひきこまれて、どうなるの?どうなっちゃうの?と先が気になる気になる。
ラストは都合よく出来すぎっ手感じはしましたが
でも、二人が幸せになるからいいのだ。

なな:2009/06/11(木) 20:56 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
興味のひきかたは上手かったです。
けれど、ミステリとしてはどうかと。
まあ。そこ以外は楽しめましたから良しかな。

しんちゃん:2009/06/12(金) 17:11 | URL | [編集]

こんにちは。
ミステリとしてはちょっと残念でした。
地下室が出てきたときには、謎解きから一気に冒険ものにでもなるのかと期待したのですが。
結末には驚いたというか、あっけにとられたというか。
青春ものとしてはよかったです。

shiba_moto:2009/06/16(火) 11:15 | URL | [編集]

shiba_motoさん、こんばんは。
元々ミステリは上手くない作家です。
でもミステリにこだわるんですよねぇ。
そこがちょっと歯がゆいです^^;

しんちゃん:2009/06/16(火) 17:28 | URL | [編集]

私はすっかり引き込まれてしまいました。
またもや引っ張りすぎの大崎さんかなと警戒してたんですけど、さくさく読めて、真相知りたくて、夢中になってしまいました。
ラストは、え~~っ!ってどんでん返しでしたけど、ちょっとにやけちゃいますね。

じゃじゃまま:2009/06/18(木) 14:57 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
「スノーフレーク」ブーム?? 最近、コメントとTBが集中。何故だ。
文芸の腕は上がってます。でもミステリはもっと精進して欲しいと・・・。←偉そう

しんちゃん:2009/06/19(金) 12:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

スノーフレーク/大崎梢


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/4/30~2009/5/3 [角川書店HPより] 函館に住む高校三年生の真乃。東京の大学に進学が決まった彼女の前に、小学生のときに死んでしまった幼なじみ・速人によく似た青年が現れた。それから真乃の回りでは不思議なことが起きはじめ―...

2009/05/29(金) 00:57 | hibidoku~日々、読書~

「スノーフレーク」 大崎 梢


 スノーフレークという言葉それだけでもうこの本への親近感が沸いてくる。なんであれ雪に関する諸々に惹かれてしまう。雪の本は気にかかる。雪の結晶が使われたグッズとかも手にしては買うに迷う。ネット上のかりそめの名に雪の字を使っているくらいだし、この分...

2009/06/04(木) 20:03 | コンパス・ローズ  compass rose

スノーフレーク 〔大崎 梢〕


スノーフレーク大崎 梢角川グループパブリッシング 2009-02-27売り上げランキング : 242428おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 「溶けない雪の欠片を見にいこう」その約束を果たせないまま、死んでしまった幼なじみ・速人。六年後、高校卒業を控え

2009/06/04(木) 20:22 | まったり読書日記

「スノーフレーク」大崎梢


JUGEMテーマ:読書 「溶けない雪を見に行こう」そう約束していた幼馴染の速人は、6年前に家族で車ごと海に落ちた。しかし遺体はあがらないまま、真乃は今年の春、高校を卒業する。そんな時、真乃は速人によく似た青年を見かける。果たして速人は生きていたのか?卒業

2009/06/11(木) 20:56 | ナナメモ

[review]大崎梢『スノーフレーク』


 「溶けない雪の欠片を見にいこう」そう約束したのに、幼なじみの速人は一家心中で死んでしまった。それから六年、まもなく高校を卒業し函館を発とうとする真乃は速人そっくりの青年を見かける。遺体が見つからなかった速人は生きているのかもしれない。真乃は心中事件を調

2009/06/16(火) 11:16 | こんな夜だから本を読もう

スノーフレーク 大崎梢著。


≪★★★★≫ 面白かった。 小学生の時、大好きだった幼なじみが死んでしまった。その少年、速人を見かけたという。そして真乃の目の前にも速人とよく似た青年が現れ、速人は生きているのではないかと思われる不思議な出来事が続く。 いつものじれったい大崎氏なのかと警...

2009/06/18(木) 14:19 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。