--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「どんなに上手に隠れても」岡嶋二人

どんなに上手に隠れても どんなに上手に隠れても
岡嶋 二人 (1993/07)
講談社

この商品の詳細を見る

歌手の結城ちひろに新曲を歌わせ、インスタントカメラ「パチリコ」を売り出そうとしていたゼネラル物産の長谷川。
そこに結城ちひろが誘拐され、身代金を払って宣伝しようとする長谷川。
しかし見事に犯人に1億円を取られる。

誘拐物の岡嶋と呼ばれるだけあって上手いです。
身代金の奪い方やその後の捜査など、随所に読ませます。
マスコミの体質の描写もさすが。

文章も読みやすく、読み出したら止まらない。
あまり有名な本では無いですが、面白く安心して読めます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。