--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.23

「トイレのポツポツ」原宏一

トイレのポツポツトイレのポツポツ
(2009/02)
原 宏一

商品詳細を見る

鴨之木製麺工業は従業員四百五十人。そのうち工場で働いているパートやアルバイトを除いた正社員は百五十人。その平均年齢は四十五歳。そして創業者によるワンマン会社。本社は東池袋のオフィスビルの中にあり、二階から五階までの四フロアに営業部、食品開発部、食品検査室、販売促進部、総務部、経理部、社長室といった本社機能がすべて入っている。そして埼玉に工場と配送センターが建った埼玉工場がある。そんな中堅食品会社の内実を描いた連作小説。

「何だあのトイレのポツポツは!」成人男性の尿のしぶきが飛び散って小便器の床が汚れていたことに田布施部長は激怒していた。この製麺会社にきて一ヶ月そこそこの女性派遣社員・白石は、派遣会社に連絡がいって契約を打ち切られることを恐れて、部長に命じられた通りに「男はしっかり性器を握って一歩前へ!」と部内にメール送信した。そこからすべては始まった。「トイレのポツポツ」

今年で入社して十一年、目加田はずっと食品開発部の専門職であるデザインチームに所属して、デザインの制作一筋にやって来た。それが突然、生麺の新作開発をしろと異動を命じられた。そこで前任者から引き継いだ商品仕様書を読み進めると、この前任者の理想を追求したラーメンを世に出してやりたくなった。ムカチョー・タカスイ。つまり化学調味料無添加で多加水麺のラーメンを。「ムカチョー」

「本当に申し訳ありません」亀岡はひたすら謝り続けた。発注ミスの原因は本社にあった。それでも、こういうときは逆らわずに謝り続けるにかぎる。もとはといえば亀岡はアルバイトとしてこの会社に入った。以来、配送センター一筋でやってきた。そして三年前、課長に昇進して、配送センターの実務を取り仕切るようになった。会社には感謝してもしきれない。会社に忠義を尽くしたいと思っていた。「虹色のパレット」

女も三十半ばになると、おやじにしか相手にされないんだろうか。経理の竹之下は、最近真剣に焦ってしまう。そう思いながら経理伝票を整理していたところ、不意に声をかけられた。顔を上げると見たことのない社員がいた。会社に新しい風を吹かせるために引き抜かれてきた早乙女だった。どきりとした。だけど、好みのタイプであればあるほど、事務的な対応をしてしまう竹之下だった。「カチューシャ」

営業部の伊藤は、会社帰りにばったり派遣の白石と出くわして、酔うほどに二人の距離が縮まり、その勢いでラブホテルに飛び込んだ。結婚十ヶ月目にして浮気をしてしまった。ところが、やることを終えた深夜になって、彼女はホテルから飛び出していった。疾しい気持ちをもったままラブホから出勤してきた伊藤だが、商品にゴキブリが混入していたと、会社はパニックになっていた。「ラブホ出勤」

赤丸印刷の植村は、中国企業で提供先を見付けてコストダウンをはかろうと、中国の大連に飛んできた。なにしろ売り上げの八割を占めていた鴨之木製麺工業の仕事が、二月前を境にパッタリとなくなってしまった。殿様商売にあぐらをかいていたツケだった。その大連で、鴨之木製麺工業の元社員・田布施と再会した。その田布施はいう。中国と商売をするのなら、チェンイーしかない。「誠意」と文字を書きつけた。「チェンイー」

トイレ掃除のおばさんはいう。不思議なことだけど、社内が乱れてくるとトイレの汚れもひどくなるから。男子トイレは小便器のまわりの床におしっこのポツポツが増えるのだという。本書はまさにこの場面から始まる。この会社は大きな音を立てて軋みはじめている。田布勢部長は、トイレのポツポツに社内の空気を敏感に感じ取っていたのか。

セクハラ、社内の権力闘争、責任を負わない責任者、凝り固まった○○原理主義、ラベルの偽装表示、業者からのキックバック、食品偽装と、次々に会社の腐りが提示されていく。食品開発部の目加田も、配送担当課長の亀岡も、経理の竹之下も、営業部の伊藤も、会社が抱えている何かしらの問題に気づいていく。そして会社の腐った体質を改めようとするが…。

心ある人間が立ち上がろうとすると、次々に踏みつけにされていく。会社を去る者もいる。ほっとするものあるが、総じて切なくて後味が悪い。だけど、最後にはニヤリとする鮮やかな展開が待ち受けている。心が温かくなり、前向きな気持ちになれる作品なので、ぜひとも最後まで読んでもらいたい。会社という組織で働く人におすすめの一冊です。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

いちいち、納得しながら読んでました(^^ゞ

軽いけど、深い話!
最後はちょっと拍手を送りたい気分でした。

じゅずじ:2009/04/28(火) 15:16 | URL | [編集]

じゅずじさん
トイレの汚れは本当にそうかもな~って。
それとは別に、電車の駅ってきちゃないんだけど。
いつか潰れるのかしら^^;

しんちゃん:2009/04/30(木) 20:23 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【トイレのポツポツ】 原宏一 著


「男はしっかり性器を握って一歩前へ!」  まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:]【あらすじ】会社は、あなたに誠実ですか。あなたは、仕事に誠実ですか。派遣社員が部長に命じられ、全部員に送信した1通のメール。すべてはそこ

2009/04/28(火) 15:18 | じゅずじの旦那

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。