--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.01

「君が降る日」島本理生

君が降る日君が降る日
(2009/03)
島本 理生

商品詳細を見る

表題作の中編「君が降る日」、「冬の動物園」「野ばら」の短編二編を収録。

表題作「君が降る日」
降ちゃんはその日、友人の五十嵐さんと千葉の海へ向かって走っていた。そのとき、自転車に乗った子供が飛び出し、五十嵐さんそれを避けようとハンドルを切って、車は道路脇に突っ込んだ。頭を強く打った降ちゃんは五日後に死亡。五十嵐さんは左手を骨折したけど、致命傷は負わなかった。降ちゃんの家はお父さんが出て行ってから、彼がずっとお店を手伝っていて、弟の祐嗣君だって、まだ小さくて、そういうの全部、降ちゃんが父親代わりだったから。葬式の場で、気がつけば志保はそう言って五十嵐さんを責めていた。

降ちゃんのお母さんは丁寧に断ったのだけど、彼があんまり必死に頼み込むので、半ば頼まれ事を引き受けるような形で雇うことにしたという。ただ五十嵐君には悪いけど、ずっと二人きりでいるのはちょっと、降ちゃんのお母さんのその言葉に、志保もお母さんが営む喫茶店を手伝うことにした。店の中で五十嵐さんと普通に会話できるのは、弟の祐嗣君だけだった。だが、彼の存在を受け入れられない志保だったが、同じ悲しみを抱える者同士、少しずつ二人の距離が近づいていく。


「冬の動物園」
五年間も付き合った恋人と別れて初めて気付いたのは、二十四時間がどれほど長いかということだった。仕事帰りの週に一度の英会話スクールで、自然と目が引き寄せられたのは左耳のピアスだった。高校生の森谷葉二。今時の雰囲気に包まれた森谷君は、年齢は離れていても、美穂の苦手なタイプだった。だが、どうしてこんなところまで来たのだろう、と思いつつも、美穂は森谷君と動物園デートをする。


「野ばら」
たしかに彼のことは、出会う前から多少は耳にしていた。両親がいなくて、お兄さんと二人暮らしをしていること。両親は遠くにいるのではなく、亡くなったということ。佳乃と祐が接点を持ったのは高校二年のクラス替えだった。そして二人は顔見知りの同級生から、友達になった。クラスメイトは付き合っていると思い込んでいる。でもそれはまったくの勘違いで、二人はあいかわらずの友達だった。その代わり、なにかあったら一番に話せる相手だとも思っていた。


島本作品といえばダメ男。「君が降る日」に出てきましたね。痛々しくて、重すぎて、飛び切り卑怯なダメ男が。この彼については女性の意見を聞いてみたい。その真逆をいくのが、底抜けに明るい「冬の動物園」の森谷君。高校二年とは思えない察しの良さを持つ好男子だ。そして最後の「野ばら」は、男女間で友情は成立するのか、という永遠のテーマと向き合った作品。彼らのすれ違った思いがとても切なくて、でも一番好きな作品だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

島本理生
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

「君が降る日」の五十嵐さん、いい人なのかとおもっていたんですけどね~体を重ねるだけで寂しさが伝わってくるってどんな感じなんだろう?って思いました。

「冬の動物園」の森屋君のような男の子がいたらいいのに…って思いましたが、高校生って言ったら息子のようなもの。いつか息子が森屋君のようになってくれたらって思うしかないか(笑)

なな:2009/06/04(木) 13:02 | URL | [編集]

ななさん
五十嵐さん、はじめから胡散臭いな~と思っていました。遺族のお店で働くなんて、新手の嫌がらせかよって。
寂しさが伝わるうんぬんはわかりません(汗)

高校生だからいいんですよ。いつまでも青かったら痛いだけっすよ(笑)

しんちゃん:2009/06/04(木) 18:21 | URL | [編集]

確かに遺族のお店で働くのはどうかと思ったのですが、自分の思いを断ち切り博多へ行ってしまったときは、潔いなと思いました。
でも、来てしまった志保を振り払えないようではかなり痛いですね。

Yuki:2009/06/20(土) 17:36 | URL | [編集]

Yukiさん
ダメ男は結局ダメなままでしたね。島本さんらしいです。
男に対して、島本さんは何か思うことがあるのでしょうか。
わたし、気になります。

しんちゃん:2009/06/20(土) 19:50 | URL | [編集]

確かに島本作品というと、ダメ男ですよね(笑)。
だから森谷くんみたいな男の子が出てくると、なんだかうれしくて♪
娘がこんな彼氏を連れてきたら、私も美穂のお母さんのようなことを言いそうです。

june:2009/10/08(木) 19:11 | URL | [編集]

juneさん
ダメ男で、それと母子家庭なんですよね。
森谷くんみたいな闊達さは憧れます。
しかし、島本作品ではめずらしいキャラでしたね。

しんちゃん:2009/10/09(金) 18:00 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「君が降る日」島本理生


JUGEMテーマ:読書 恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母親が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その事故の原因をつくった五十嵐だった。彼の存在を受け入れられない志保だったが、同じ悲しみを抱える者同士、少しずつ二人の距離が近づいていく…。「君が降る日

2009/06/04(木) 13:04 | ナナメモ

君が降る日/島本理生


JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/5/15~2009/5/16 [幻冬舎HPより] 恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母が営む店を手伝う彼女の前に現れたのは、その死の原因をつくった五十嵐だった。ベストセラー『ナラタージュ』の著者が贈る、切なくも儚い恋愛小説。

2009/06/20(土) 17:31 | hibidoku~日々、読書~

「君が降る日」島本理生


君が降る日クチコミを見る 3篇ともとても切ない恋愛小説でした。この中では表題作は私にはちょっと重かったです。一番好きなのは「冬の動物園」でした。胸がキュンとしました。 内容(「BOOK」データベースより) 恋人・降一を事故で亡くした志保。彼の母親が営む...

2009/10/08(木) 19:11 | 本のある生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。