--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.09

「優しい音楽」瀬尾まいこ

優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)優しい音楽 (双葉文庫 せ 8-1)
(2008/04/10)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

表題作「優しい音楽」
長居タケルは、見知らぬ女の子から駅でいきなり声をかけられた。鈴木千波です。翌日も、その翌日も、彼女は駅で僕を探していた。僕に興味があって、僕に近づきたいと思っているのは分かる。だけど、恋している様子はない。いまいちわからないけれど、なんとなく話すようになり、いつの間にか僕の方が好きになっていた。そして、僕は千波と恋人になった。だが千波は、タケルをなかなか家族に紹介しない。

千波は、そんな気がないのに、今日から恋人っていうのは初めてのことだった。だけど、タケルと恋人になるのが一番適切だということはわかる。存在だけを確かめていたいなんて甘い話が通るわけないし、恋愛感情なしに、ずっと一緒にいてくれというのはとても虫のいい話だから。会うほどに、仲良くはなったし、気心は知れていった。だけど、恋人になるのは思った以上に困難だった。

「タイムラグ」
平太は深雪の恋人だ。だけど、平太には奥さんと八歳になる娘がいる。奥さんと旅行に行くからって、子どもを恋人に預ける? いくらなんでも、これはないだろう。しかし、深雪が平太の頼みを断れたことは一度としてない。いろんな手段を以てして、平太は諸々のことを深雪に押し付けてきた。結局押し切られて恋人の娘を預かることになったけど、大丈夫だろうか。その佐菜は一回も行ったことがない祖父の家に行きたいと言い出した。

「がらくた効果」
拾ってきちゃった。はな子が、章太郎の姿を見るなり言った。はな子と一緒に暮らしはじめて、一年以上になる。付き合っている時には気づかなかったけれど、はな子はものすごく物好きだということがわかった。次から次へといろんなものに手を出したがる。今回はなんだろう。はな子の呼びかけに和室から出てきたのは、まったく知らないホームレスのおじさん、元大学教授の佐々木さんだった。

千波がタケルに近づいた動機はナンデスカ? 「優しい音楽」は、ここにミソがあるラブで優しい作品。確かにあそこに薬を塗ってもらうのは親や兄弟には無理がある。恋人ならではのやり取りに、でへへとなった。親子揃ってものを頼むのが上手い「タイムラグ」は、胸がきゅうと締め付けられた。娘ちゃんが健気だ。愛人もいい人すぎる。それと比べて親父はよう。「がらくた効果」は、絶対におかしなシチュエーションがふつうという変な作品。でも佐々木効果はてきめんで、不思議系のはな子もいつの間にか気にならなくなった。三話とも不思議な設定の物語だけど、温かな気持ちにさせてくれる一冊だった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

瀬尾まいこ
トラックバック(3)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

しんちゃん☆こんばんは
瀬尾さんの描く男性って草食系が多いですね。
今時の男の子ってこういう感じが普通なのかなぁ?
不思議なストーリーだけど、佐々木さんはいい感じでした。(*^_^*)

Roko:2009/05/09(土) 23:36 | URL | [編集]

Rokoさん、こんばんは。
草食系だけど筋が一本通っていますね。
こう思ったらこう、みたいに曲げない人。
また女性が弱そうでいて強い(笑)

しんちゃん:2009/05/10(日) 21:56 | URL | [編集]

しんちゃんさん、こんばんわ。
「優しい音楽」の、恋人同士の何気ない日常がかわいらしかったです。「タイムラグ」の平太にはむかつくところもありましたが、瀬尾さんにかかれば不倫を描いてもドロドロにならないんですね。
全編通して「恋人」の話なのに、やっぱり根本は家族の話につながっているんですね。

日月:2009/05/10(日) 22:27 | URL | [編集]

日月さん、こんばんは。
恋人同士の日常はかわいらしいけれど、両親はちょっと怖かったです^^; でもミステリとしてもイケていましたね。
この人は何を描いてもすべて優しいですね。ダメな人でも最後まで憎めないのだから。

しんちゃん:2009/05/11(月) 19:56 | URL | [編集]

初めまして。エビノートさんのところから参りました。m(_ _)m

ちょうど瀬尾さんの本を読み終わったところだったので、トラバさせていただきました。
瀬尾さんの本、かなりきわどい設定でも優しくまとまるのはなんででしょうかねぇ。
読み終わって、幸せな気分になりました。

これからも、よろしくお願いします。

たかこ:2009/05/21(木) 21:17 | URL | [編集]

たかこさん、はじめまして。
根っからの悪い人がいないからでしょうか。きわどい人でも憎めないキャラだしね。それと天然系の女性が多いのも読み心地の良さに関係あるのかも。
こちらこそ、よろしくです。

しんちゃん:2009/05/22(金) 19:26 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「優しい音楽」 瀬尾まいこ


瀬尾まいこさんの本を読むと、いつもこころがほっこりやさしくなれる。 「優しい音楽」はどこにでもいそうな恋人達の、愛しくてせつなくて、ちょっと笑える物語。 「恋人達」の話と見せかけて実は「家族」を描いているのが 瀬尾まいこさんらしいですね。 ・優しい...

2009/05/10(日) 22:16 | 日々の書付

優しい音楽 / 瀬尾まいこ


優しい音楽瀬尾 まいこ双葉社 2005-04売り上げランキング : 275000おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools きわどい人物設定なんだけれど、ふんわりとしてやさしい話でほっとした。やっぱり瀬尾まいこは大好きな作家さん。 「優しい音楽」 突然、見知らぬ女の...

2009/05/21(木) 21:14 | たかこの記憶領域

「優しい音楽」瀬尾まいこ


瀬尾まいこによる短編集。05年に出たのでやや古い。 「こんなのありえない!」と思いつつ、楽しんで読んだ。    【送料無料】優しい音楽 [ 瀬尾まいこ ]価格:500円(税込、送料

2012/11/26(月) 07:44 | りゅうちゃん別館

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。