--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.20

「階段途中のビッグ・ノイズ」越谷オサム

階段途中のビッグ・ノイズ 階段途中のビッグ・ノイズ
越谷 オサム (2006/10)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

グリーン・デイの「バスケット・ケース」が好きで、気が弱い啓人。
KISSが大好きで洋楽の薀蓄に詳しく、後先を考えない伸太郎。
ギターがバリテクで唯一のバンド経験者だが、音楽を楽しめない勇作。
元吹奏楽部で好きな彼女に振り向いて欲しいという動機の徹。

彼ら4人がバンドを作り、廃部寸前の軽音楽部を立て直す。
そして文化祭の「田高マニア」の舞台を目指すお話です。

彼らの前に立ち塞がるのが規律にうるさい森先生。
これがそこまでするかとイラっとくるねん。
まあ、その時点ですでに感情移入してる訳やけど。

はっきり言ってベタなお話です。 でもめっちゃ好きな本。
そして外せないのが出てくる音楽の数々。

グリーン・デイの「バスケット・ケース」は好きな曲。
クイーンの「ロック・ユー」も大好き。
ラモーンズが出てきたのには驚いた。

そして「WE WILL WE WILL ROCK YOU」が、
「うぃー・うぃーる・うぃー・うぃーる・ろっく・ゆー」と、
幼稚園の発表会みたいなのは笑えた!

忘れてはならないのが「カトセン」こと加藤先生。
ギターを持ったらビートルズ。 には爆笑してしまった。
他にも「カトセン」の事を書きたいけどやめとこっと。
書きすぎると、未読の方に申し訳ないので。

笑いがあり、甘い恋があり、そしてさわやかな余韻を残す青春小説でした。
こんな本が増えて欲しいな~!!
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

越谷オサム
トラックバック(9)  コメント(13) 

Next |  Back

comments

こちらでは初めまして!ですね。
青春っていいなぁ~、って改めて思いました。
遠い昔のことですけど。
何か楽器ができるといいなぁ~などと思いつつ
カトセンのような人物にも・・・憧れちゃまずいんですけど、
なぜだか一番興味深い人物でした。
ほんと面白作品でした。

す~さん:2007/02/20(火) 21:53 | URL | [編集]

カタカナの歌詞がいい味出してましたよね。
元気があって、爽やかで、笑える。
こんな作品もっと読みたいですよね。

なな:2007/02/20(火) 23:40 | URL | [編集]

す~さん、こんにちは。
カトセンの設定が上手かったですね。
もう最高に惚れました。


ななさん、こんにちは。
あのなんとも言えない歌の雰囲気が良かったですね。
こんな感じのさわやかな本無いかな。

しんちゃん:2007/02/21(水) 10:27 | URL | [編集]

確かにベタですけど、こういう直球ってやっぱりいいです。
こういう本を読みたい!と思っていたまさにそれでした。

june:2007/02/21(水) 12:39 | URL | [編集]

juneさん、こんにちは。
何も考えずに楽しめるから、ベタ大歓迎です。
さくさくっと読めるしね。

しんちゃん:2007/02/21(水) 16:45 | URL | [編集]

こんにちは。こちらに書き込むのは初めてです。どうぞよろしくです。
越谷さんは一作目もよかったですが、待ちに待ったこの作品もとてもよかったです。映像化しても楽しそうに思います。

他の人へのレスに横入りで申し訳ないんですが、さわやかな作品というと山本幸久の「笑う招き猫」がいいですよー。よかったら読んでみてください^^

まみみ:2007/02/21(水) 18:44 | URL | [編集]

まみみさん、こんにちは。
越谷さんの1作目はまだ未読なので読むのが楽しみです。
「笑う招き猫」は長い間積んでます(汗)。
はい。読みま~す!

しんちゃん:2007/02/22(木) 09:41 | URL | [編集]

はじめまして。
こちらと「the TEAM」にTBありがとうございます。
出てくる曲やアーチストのこと、かなりご存知なんですね。
知らずにイメージだけで読んだので、ちょっとつらかったのです。
でも立ってるキャラクターたちが素敵でした。
爽やかな気持ちになれる物語でしたね。

また合う記事がありましたら、TB、コメントお気軽にどうぞ。
これからも、よろしくお願いいたします。

藍色:2007/02/22(木) 15:37 | URL | [編集]

藍色さん、はじめまして。
バンド経験者で、たまたまコピーした曲が出てきたから知ってました。

またTBさせて貰いますので、その時は宜しくお願いします!

しんちゃん:2007/02/22(木) 16:23 | URL | [編集]

こちらにもTBさせていただきました!
出てくる音楽のことはちっとも分からなかったんですけど、十分楽しめました。
熱くて、それでいて爽やかな青春がまぶしかったです!

エビノート:2007/03/03(土) 21:20 | URL | [編集]

エビノートさん。
出てくる音楽が分かりすぎで楽しめすぎでした(笑)。

しんちゃん:2007/03/04(日) 11:16 | URL | [編集]

市内の別の図書館にあったので、
行きつけの図書館で借りられるよう予約してきましたよ♪

ビートルズ!

中学1年だったか2年だったか、
英語のセンセが

『hello good bye』って歌を教えてくれました。

♪you say good bye I say hello ~♪


なんだかんだ言って、
洋楽って英語の教科書よりも身につくよね(* ̄∇ ̄*)

でも、
洋楽にハマった高校時代、
洋楽はもっぱらジャケ買いでした(。-_-。)ポッ

大学時代に買ったブリちゃんのジャケ写は
かなりかわいかったのに、
変わったなぁ・・・( ノД`)シクシク…

つたまる:2009/03/09(月) 01:32 | URL | [編集]

つたまるさん
お~、読んでくれますか!
だけど、すまん。ビートルズに興味はないの。
好みはもっと激しいやつ。というか、うるさい音楽♪
今もやかましいのを車の中で聴いています(笑)

しんちゃん:2009/03/09(月) 18:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

階段途中のビッグ・ノイズ [越谷オサム]


階段途中のビッグ・ノイズ越谷 オサム 幻冬舎 2006-10上級生の逮捕というショッキングな事件のせいで、廃部の危機に陥った伝統ある大宮本田高校軽音楽部。たった一人残された部員の啓人は、為すすべもなくその事実を受け入れようとしていたが、幽霊部員だった伸太郎に引き

2007/02/20(火) 19:08 | + ChiekoaLibrary +

『階段途中のビッグ・ノイズ』  越谷 オサム  幻冬舎


階段途中のビッグ・ノイズ だめな先輩のせいで、伝統ある軽音楽部が廃部になってしまう。がけっぷちに立たされても、啓人は煮え切らなかった。しかし、幽霊部員だった伸太郎に引きずられ…。四面楚歌の状況で、啓人は「一発ドカンと」やれるのか!? 『ボーナストラック』がと

2007/02/20(火) 22:53 | みかんのReading Diary♪

「階段途中のビッグ・ノイズ」越谷オサム


階段途中のビッグ・ノイズ越谷 オサム伝統のある軽音部が先輩二人の犯罪によってなくなってしまう…一人で細々と活動していた啓一は廃部を受け入れようとしていたが、そこに幽霊部員だった伸太郎がしゃしゃりでて、「場所・備品はこれまでどおり提供するが、予算など一切の

2007/02/20(火) 23:40 | ナナメモ

「階段途中のビッグ・ノイズ」越谷オサム


階段途中のビッグ・ノイズ今日何読んだ?どうだった??のまみみさんオススメの一冊です。おもしろかったー。こういう直球の青春小説って大好きです!まみみさん、ありがとう!バンド作ろうぜ的話とかブラバンとか、この頃そういう音楽がらみの話をいくつか読みました。....

2007/02/21(水) 12:34 | 本のある生活

「階段途中のビッグ・ノイズ」 越谷オサム


階段途中のビッグ・ノイズposted with 簡単リンクくん at 2006.11.20越谷 オサム著幻冬舎 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/02/21(水) 18:40 | 今日何読んだ?どうだった??

階段途中のビッグ・ノイズ 越谷オサム


装画はフジモト・ヒデト。装幀は赤治絵里(幻冬舎デザイン室)。「ボーナストラック」で、第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞デビュー。書き下ろし。西関東の県立大宮本田高校。進級早々、上級生の逮捕のせ

2007/02/22(木) 15:38 | 粋な提案

階段途中のビッグ・ノイズ 〔越谷オサム〕


階段途中のビッグ・ノイズ≪内容≫暑い夏、無意味に熱かった僕たち、ビールなんて苦くて飲めなかったあの頃―。だめな先輩のせいで、伝統ある軽音楽部が廃部になってしまう。がけっぷちに立たされても、啓人は煮え切らなかった。しかし、幽霊部員だった伸太郎に....

2007/03/03(土) 21:18 | まったり読書日記

階段途中のビッグ・ノイズ/越谷オサム


読書期間:2007/5/3だめな先輩のせいで、伝統ある軽音楽部が廃部になってしまう。がけっぷちに立たされても、啓人は煮え切らなかった。しかし、幽霊部員だった伸太郎に引きずられ…。四面楚歌の状況で、啓人は「一発ドカンと」やれるのか!?

2007/05/05(土) 08:36 | hibidoku~日々、読書~

階段途中のビッグノイズ (越谷オサム)


(本の内容) 暑い夏、無意味に熱かった僕たち、ビールなんて苦くて飲めなかったあの頃―。 だめな先輩のせいで、伝統ある軽音楽部が廃部になってしまう。 がけっぷちに立たされても、啓人は煮え切らなかった。 しかし、幽霊部員だった伸太郎に引きずられ…。 太もも...

2008/03/06(木) 14:47 | 今夜も読書を

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。