--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.17

「ほんじょの天日干」本上まなみ

ほんじょの天日干。ほんじょの天日干。
(2001/09)
本上 まなみ

商品詳細を見る

今度のほんじょはカメラでGO!女優・本上まなみカメラマンになる。月刊誌・BOMB連載『ほんじょのピンボケ主義。』のほか、撮り下ろし写真&書き下ろしエッセイを収録。《本の帯より》

ふだんエッセイは読まないし、どちらかといえば苦手だし、ましてやタレント本なんてまったく興味がない。でも彼女だけは別。それは本上まなみ。その存在自体が癒し効果バツグンで、文章もかわいらしい。今回は、友達に薦められて買った一台のカメラをきっかけに、「へもカメラマン」となってあちらこちらを写し、その写真に文章を添えたフォト・エッセイになっている。

そういう一冊なので本の紹介がしにくい。まずメインのフォト・エッセイ。テトラ水槽を乗っ取った肉食魚、ネコおばさんとネコ、作った料理、大好きなシロフクロウ、季節の植物、そして、猫、猫、猫。写真のことはよく分らないけれど、被写体を見る目線がどこかずれていて、それが本上まなみらしくって、癒されてなごんでしまう。その後は、世界の名所を背景にマイグッズの数々をパシャリ。撮影場所は東武ワールドスクウェアだそうで。

そして彼女のエッセイでは御なじみの旅行記。今回はタイごはんとバリ料理教室。辛い料理を食べて「からっ!」と言うだけではなく、素材の表現が瑞々しくて美味しそう。例えば、ひょろひょろやまんまるのナス、うぶ毛の生えたトマト、ピンクや赤の不思議なフルーツなど、野菜やフルーツを見てもなかなかこういう元気さが伝わる言葉は浮かんでこない。その表現力に羨望の目を向けてしまう。そしてまた、次の本へと手が伸びてしまう。

ふわふわした時間が心地良く、ほのぼのとした文章に癒される。そんな一冊です。


本上まなみさんのサイン

本上まなみ

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。