--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「解決まではあと6人」岡嶋二人

解決まではあと6人―5W1H殺人事件 解決まではあと6人―5W1H殺人事件
岡嶋 二人 (1994/07)
講談社

この商品の詳細を見る

次々と興信所を訪れては、およそ事件とは思われない奇妙な依頼をしていく謎の女・平林貴子。
いったい、彼女の本当の目的は何なのか。やがて、それぞれの調査報告が、ひとつの輪のように繋がって隠された大事件の全容が明らかになっていく。

構成が上手い。とにかく上手い!
そして隠された謎への仕掛けが凄い。

いわゆるパズラー小説のはしり的作品です。
それぞれ違う依頼が、最後にばしっと繋がる瞬間。
これが最高に気持ちが良い。

現在では伊坂さんがこの手の仕掛けを得意にしてます。
それを17年前にやっていた岡嶋は凄いね!
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【岡嶋二人】解決まではあと6人―5W1H殺人事件


 ブログを始める以前から数えて10作目の岡嶋二人作品。全著作(小説のみ)26作ということなので、コンプリートまではあと3年というところか。講談社文庫 1995/9/14 第 5 刷発行 一人の女性が興信所を訪れて奇妙な依頼をしていく。第一章「WHO? ――あと6人」の依頼...

2007/06/25(月) 22:50 | higeruの大活字読書録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。