--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「なんでも屋大蔵でございます」岡嶋二人

なんでも屋大蔵でございます なんでも屋大蔵でございます
岡嶋 二人 (1995/07)
講談社

この商品の詳細を見る

世間様では、あたし“なんでも屋の大蔵”と呼ばれておりまして、ご用命さえあれば引っ越しのお手伝いから、留守中のペットの世話、雨漏りの修理までなんでも格安で承ります。
鋭い勘と名推理で難事件を次々解決する便利屋・釘丸大蔵(くぎまるだいぞう)の事件簿。
軽いライトタッチな連作ミステリです。

大蔵さんの語り口調が、「…でございます」なので、慣れるまで疲れます。
しかし岡嶋さんのユーモアや、ほのぼのとした雰囲気は良い。
ミステリが得意で無い方の、入門書にピッタリかも。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。