--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.25

「夏と花火と私の死体」乙一

夏と花火と私の死体 夏と花火と私の死体
乙一 (2000/05)
集英社

この商品の詳細を見る

9歳の夏休みに私が殺された。無邪気な弥生ちゃんに殺された。
健くん、弥生ちゃん、の兄妹が私の死体を隠す。

はっきり言って壊れてます。そして黒いです。
殺された私の視点で描かれてるのですが、最初から最後までドキドキでした。
まるで心臓が踊ってる感じ。

出てくる健くん、弥生ちゃん、緑さん、とキャラも良い。

そして最後のシーンで、あ~。この人も壊れてたのか!と。
もう鳥肌がぞわぞわーと出た。

ホラーというほど怖くは無いですが、すごい本です。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

乙一
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

おはようございます^^
TBさせていただきました♪

そうですよね、みんな壊れてますよね。
最後、実はあの人まで・・・。
あの人はまともでいて欲しかったんだけどなぁ~。

ところで、今やっと、「図書館危機」を手に入れて
読んでます♪(うふっ)

じゅりん:2007/09/12(水) 09:25 | URL | [編集]

じゅりんさん、こんにちは。
これ怖かったよね。
読みながら心臓がどっどって踊ってました。
衝撃を受けたデビュー作でしたよ。ほんと。

しんちゃん:2007/09/12(水) 16:00 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『夏と花火と私の死体』 乙一


九歳の夏休み、少女は殺された。あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―。こうして、ひとつの死体をめぐる、幼い兄妹の悪夢のような四日間の冒険が始まった。次々に訪れる危機。彼らは大人たちの追及から逃れることができるのか?死体をどこへ隠せばいいのか?恐るべき

2007/09/12(水) 09:19 | *precious memories*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。