--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.19

「神の守り人 来訪編」上橋菜穂子

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド)神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド)
(2003/01/22)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

少女アスラは、自分の身に宿っているタルハマヤを、よいカミサマだと信じている。残酷な鬼子タルハマヤ。だが、シンタダン牢城での、すさまじい虐殺をまのあたりにしてしまった兄チキサは間違っていたと思うようになっていた。アスラから出てきた〈あれ〉は、人を、まるで嵐が木々を刈り倒すようにして殺していった。〈あれ〉には、情けというものが、まったく感じられなかった。あまりにも残酷で無表情な力だった。

女用心棒のバルサは、幼い兄妹を、いかに危険な者だとわかっていても、無力な子どもを見捨てることは出来なかった。ロタ国の〈猟犬〉と呼ばれるスファルたち呪術師から、バルサはアスラを守って逃げた。タンダとスファルたちが争っている物音が、背後から聞こえてきたが、バルサは振り返らなかった。振り返ったら、タンダの思いが無駄になるからだ。兄妹は、ロタの森の奥深くに暮らすタルの民だった。

タルの民のなかに、恐ろしい神を招く力を秘めた〈異能者〉が生まれることがあった。少女アスラは〈異能者〉だった。怯えたり、腹を立てたり、我を忘れたときに、〈あれ〉は突然現れる。そして無差別に人の喉を咬み裂く。また、ふつうの人が見ることのできない風景を見ることができた。この世に重なった、神がみの世界を、ぼんやりとした、ゆらめきのように、見ることができた。それは〈ノユーク〉の世界だった。

スファルという呪術師は、アスラが災いを呼ぶのを恐れて殺そうとしているのだという。スファルらが〈猟犬〉なら、バルサは賢く老獪な獣だ。これまでの人生の大半を、ひたすら追手から逃げて暮らしてきた日々が、バルサに力を与える。人質になったタンダとチキサの身を案じながらも、バルサは追手を罠にひっかけ撃退し、一路、四路街の街を目指す。そして、隊商の護衛として、ロタ王国へ旅立つ。帰郷編に続く。


「精霊の守り人」 
 
「闇の守り人」 
「夢の守り人」 
「虚空の旅人」
「神の守り人 来訪編」
「神の守り人 帰還編」
「蒼路の旅人」
「天と地の守り人 ロタ王国編」
「天と地の守り人 カンバル王国編」
「天と地の守り人 新ヨゴ皇国編」
「流れ行く者 守り人短篇集」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

上橋菜穂子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。