--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.20

「うそうそ」畠中恵

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
(2008/11/27)
畠中 恵

商品詳細を見る

若だんな、湯治に行く。旅の前、長崎屋の離れで地震があった。そのとき、若だんなは妙な声を聞いたことがあった。あの声が奇妙な出来事の始まりだった。ここのところ江戸では地震が多い。その為に若だんなは頭に怪我までした。母のおたえは若だんなを、ここで寝かせておくのが不安になった。ではどうすればよいのか。庭の稲荷神様に伺いを立てたのだという。そのとき、稲荷神様が示して下さったのが、湯治にやるということ。父の藤兵衛も賛成した。必死に頼む若だんなに、ついに二人の手代が笑みを向けた。若だんなは、仁吉と佐助、それに兄さんの松之助と、箱根へ旅に出た。

ところが出発早々、頼りの手代たちが消えてしまった。残ったのは、病弱な若だんな、松之助兄さん、そして三匹の鳴家。そのうえ塔之沢の宿に着けば、生まれて初めて人さらいにあい、山では天狗が空より襲いかかってきて、崖下に女の子を見たその時、若だんなは崖から転げ落ちてしまった。その女の子は、箱根の山神の御子、姫神様だった。しかし、何故か若だんなは姫神に嫌われており、昨今起こる地震は山神の不機嫌のせいだという。姫神のお比女は、神として役立たずの自分に苦しんでいた。

シリーズ第五弾は、デビュー作以来の長編作品。今回は短編のような推理の冴えはありません。でもその分、若だんな、かわいそうなくらい巻き込まれています。そしてけっこうハードボイルドを経験しています。もちろん具合も悪くなる。湯治に行ったはずなのに。だけど真直ぐな若だんなだから、どんどん自分から渦中に進んでいるような向きが見える。今回はお目付け役の仁吉と佐助とははぐれたこともあって、こっそり冒険を楽しんでいるような面が見えて、そこに読者は若だんなとムフフを共有できるという感じでしょうか。

そして今回のテーマは、誰も彼も、己一人の思いすら持て余しているということ。松之助兄さんは未だに、己の居場所に心細い思いを抱えている。姫神のお比女は御しきれない己自身に、頭を抱えている。雲助の新龍は向き合うのも痛いような昔を秘めたまま、強がっている。侍の勝之進らは、無謀だと言われ危険と分かっていることに、頭からのめり込むように突っ込んでいってしまう。天狗の蒼天坊はお比女を思う余り突っ走る。仁吉や佐助は変わらず若だんなを思ってくれるが、これも他を顧みない。そして若だんなは…、あるいは読んでいる自分は……。

そういった、わりと身近なところをチクっと突いてきます。そこを突かれてしまうと、ぐらぐらと心を揺らしてしまうところを描いていました。自分の無力なところって、本人が分かっていても指摘はされたくない。でもそれを乗り越えるのって大変なんだよ。そういうの鳴家はないんだろうな~。でも、そんな鳴家の活躍がけっこう大きな位置を占めていたりして。若だんなの冒険と合わせておもしろかったです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

畠中恵
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

しんちゃんさんこんばんわ(^^)
鳴家と新しくつくもがみになったお獅子との喧嘩や
じゃれあいがかわいらしかったですね。
若だんなは相変わらず巻き込まれてしまいますが、
巻き込んだ人たちとも若だんなは
キチンと関わろうとするんですよね。
そんな若だんなのまっすぐなところも大好きです。

日月:2009/07/23(木) 23:14 | URL | [編集]

日月さん、こんばんは。
鳴家に癒されますよね。お獅子もポイント高かったです。
若だんなもだけど、今回は新龍さんにも魅力がありました。
それと、たまの長編も良かったと思います。

しんちゃん:2009/07/24(金) 17:24 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

しゃばけシリーズ「うそうそ」 畠中 恵


しゃばけシリーズ「うそうそ」がドラマ第2弾として放映決定だそうですね。「しゃばけ」と同じく長編なのでドラマ化しやすいのでしょう。それにしゃばけシリーズには珍しく旅のお話ですし、前作とは一味ちがった感じになるかもしれません。 またドラマのしゃばけファミリ...

2009/07/21(火) 22:33 | 日々の書付

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。