--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.21

「シングルベル」山本幸久

シングルベルシングルベル
(2009/06/05)
山本 幸久

商品詳細を見る

我が子の相手探しに結婚セミナーに奔走する親たち、その切実な願いを軽やかにひっくり返す息子&娘たち…。さらには事態を混乱させる小悪魔少女や謎のストーカーも絡んで事態は思わぬ方向へ―。絵画修復師の進藤陽一(36歳・草食系男子)、外資系キャリアウーマンの円山すみれ(34歳・年収1200万円)、バンド大好きOLの大船彩子(30歳・前の恋に未練たらたら)、元人気モデルの双葉カトレーヌ(34歳・父はハリウッドスター?)、陽一に付きまとう小悪魔少女の美和子(12歳・タレント志望)。はたして陽一は誰と結婚するのか?それとも、その気はあるのか――?《本の帯より》

円山すみれの父はこの一年半で十二回、セミナーに参加していた。そのたびに二十人近い男性の写真を手に入れ、すみれの元へ宅配便で送ってくる。すみれは無視し続けた。母は真逆。結婚しろ、円山呉服店の将来だの言いやしない。その七代続いた円山呉服店は大番頭の尾崎なしでは今後の存続は不可能だ。中学をでてすぐ店で働きだした彼はいま四十なかばだ。二十代後半から商才を発揮し、バブル崩壊後の十五年間で、店の売り上げを三倍にした。母の夜遊びはここ数年のことだが、それも尾崎のおかげである。

大船彩子のバンドメンバーは五人とも会社の人間だ。三ヶ月前、彩子は三十歳の誕生日に親元を離れ、一人暮らしをはじめた。理由は簡単至極。失恋したからだ。ここは心気一転、実家をでて新しい恋をみつけよう。そう考えた。そのかわり、住む場所は私がさがしますとママは言い張った。敷金礼金、それに半年分の家賃も払います、とも言った。そこまでして、あたしを甘やかしたいのか。さらには千葉にあるテーマパークの年間パスポートを渡され、月に最低一度はいっしょにいくことを命ぜられた。

双葉カトリーヌは十二歳から二十七歳までモデルをしていた。二十代なかば、自分の容姿の衰えを感じた。その証明のごとく、仕事も極端に減った。私はモデルとしての賞味期限は過ぎたのだ。素直にそれを認め、カトリーヌは事務所の社長である母に引退したいと申し出た。モデルを辞め、マネージャーをするようになった。町島満里は、そこそこ売れっ子のモデルだ。いまいちなのは本人に欲がないせいだとカトリーヌは思う。何事においても淡白すぎる。この子くらいのときの私は、もっとギラギラしていた。

進藤陽一は美大に五年いた。ゲームの制作会社に就職するも一年足らずで退職した。その後、父の姉の菊枝、孝代、露子の叔母三姉妹の援軍を得て、親に二百万借金してベルギーのブリュッセルに二年間留学した。帰国後は絵画修復の会社に就職し、勤続十年になる。縁とは不思議なものである。今年の春から立てつづけにさまざまなひとと陽一は知り合いになった。まず円山すみれと知り合いになった。つぎは大船彩子だ。そして双葉カトレーヌだ。陽一は、三人のうちのひとりが気になっていた。

「婚カツ」という言葉は嫌いだけど、親の策略によって、知らない間にしていたという作品。出てくる息子&娘たちは、親ほどそんなに焦っていない。親からやいのやいの言われるのが煙たくて、親のことをうっとおしく思っている。まず結婚セミナーに参加した親目線でストーリーは始まる。そして、すみれ、彩子、カトレーヌと、女性陣の今が披露される。ここまでは面白く読めたのだけど、その後の陽一目線がごちゃごちゃとしていて、まとまりの悪さが目に付いた。分かっていることを一々説明されても読者は退屈なだけ。終盤はツメが甘かったんじゃ…、そう思ったのは自分だけでしょうか。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

山本幸久
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
私も最後の陽一目線になった時に「あれ?」って思いました。

なな:2009/07/21(火) 20:21 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
なんか惜しいよね。陽一のパートなのに影が薄いし。

しんちゃん:2009/07/21(火) 22:11 | URL | [編集]

陽一目線気づかずに読み終えてしまいました。(苦笑)
最初は老人たちの話かと思って、どうしようかと思ったんですけど、結構楽しく読んだんですよね~。
でもでも!陽一が一体誰を選んだのか、唐突で戸惑いました。
本当にあってるのかも不安。(爆)
なんでもっとはっきり書かなかったんでしょうね、互いに気になる存在だってこと。

じゃじゃまま:2009/11/08(日) 23:42 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
同じ出会いを違う視点で見るというパターンはよくあります。
でもここではその面白味が欠けていたような…。
また突然飛び出すお相手選びは「あれ?」という感じでした。
伏線がないし、もやもや感が残りますよね。たぶんあの人という自分なりの推測はありますけど。

しんちゃん:2009/11/10(火) 18:06 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「シングルベル」山本幸久


JUGEMテーマ:読書 典型的な草食系男子で結婚興味なしの陽一は、父の策略で3人の女性と見合いをする羽目になる。外資系バリバリ管理職、バンド大好きOL、元人気モデルの中から彼が選んだ女性とは? 独身の子どもたちを持つ親による子どもたちの結婚相手探しのセミナ...

2009/07/21(火) 20:22 | ナナメモ

シングルベル 山本幸久著。


≪★★★★≫ 3人のうるさい姉に、還暦過ぎてもやはりいつまでも逆らえない弟恵。 いまだ独身でいる恵の息子、陽一のために花嫁候補を見つけてくるように厳命を受け、30歳過ぎの独身の子供を持つ親たちのセミナーに行かされる。 そこで、三十路過ぎの娘を持つ個性豊か

2009/11/08(日) 23:29 | じゃじゃままブックレビュー

シングルベル*山本幸久


シングルベル(2009/06/05)山本 幸久商品詳細を見る 典型的な草食系男子で結婚興味なしの陽一は、父の策略で3人の女性と見合いをする羽目になる。...

2009/11/13(金) 06:51 | +++ こんな一冊 +++

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。