--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

12.03

「消える密室の殺人」柴田よしき

消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京 消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京
柴田 よしき (2001/02)
角川書店

この商品の詳細を見る

猫探偵正太郎シリーズ2作目です。

東京に出てきた猫の正太郎と同居人(飼い主)が、
出版社の敷地内で起こる密室殺人事件の謎に挑む。
というミステリィです。

この本はトリックや謎解きよりも、
正太郎がちょろちょろ動くだけで大満足。

正太郎の微妙なしぐさや猫達のスキンシップ、
同居人との軽妙なやり取りが猫好きにはニンマリ(笑)。

トマシーナのお見合いがちょっと気になるところ。
続編に描かれてるのかなぁ。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴田よしき
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。