--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.29

「少女達がいた街」柴田よしき

少女達がいた街 少女達がいた街
柴田 よしき (1999/04)
角川書店

この商品の詳細を見る

渋谷。ロックの熱狂が鳴り響く街に16歳のノンノはいた。
親友チアキはバンドの道を突き進む。
ノンノは自分に似た少女ナッキーと出会い、惹かれ始める。それぞれの青春は光に満ちていった。
しかしそこに見えない影が差す。不可解な出火事件。
焼け落ちたノンノの家からは二つの焼死体と一人の記憶を失った少女が発見された。
21年後、既に時効になったこの事件をたったひとりで堀り起こす刑事がいた。
そこにはあまりにも意外な真実が…。

70年代のロックが溢れた本でした。
背表紙にミステリィと書かれているが、サスペンスに近いと思う。

2部構成になってるんですが、前半部分で結果が見えてしまった。
サスペンスとしては、二重丸でした。

自分もロックが好きで、ビートルズやストーンズよりもディープ・パープルやクィーンが好きなので、すんなり世界に入って行けた。

ロックに興味がなけれれば、バンド名や曲名がバンバン出てくるので、読む人を困らす本だと思う。

この本に出てくるトリックって、ミステリィでは禁止のはずですがOKなんでしょうか?
禁止は本格モノだけだったかなぁ?
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴田よしき
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

禁止されてるトリックってなんだろう?
これも再読で、しかも数回読んでるはずなのに、すっかり忘れてましたよ~。
後半のあの生き残った少女(女性か)どっちなのかさえ忘れてて、心臓バクバク。(笑)
北浦って今後会いに来ると思います?二人ってどうなるんだろう、って確か読むたびにモヤモヤしてるんですよね、私。(爆)
音楽よりもそっちに気が行ってる私です。(苦笑)

じゃじゃまま:2008/11/06(木) 11:42 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
すいません(汗)内容もトリックも覚えていません(滝汗)
自分も再読向きの読者だと確信しました^^;

しんちゃん:2008/11/06(木) 15:51 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

少女達がいた街 柴田よしき著。


≪★★★★★≫ またまた本棚から物色。 これはお気に入りの一冊。 時は1975年の。ロックがまだ市民権を得てなくて、まだ不良のもので、渋谷族なんて呼ばれてた(らしい)時代。 一人の女子高生ノンノ。両親を亡くし、寝たきりの祖父と暮らしている。チアキは親友で、...

2008/11/06(木) 11:38 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。