--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.21

「聖母の深き淵」柴田よしき

聖母(マドンナ)の深き淵 聖母(マドンナ)の深き淵
柴田 よしき (1998/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

一児の母となった村上緑子は下町の所轄署に異動になり、穏やかに刑事生活を続けていた。
その彼女の前に、男の体と女の心を持つ美人が現れる。
彼女は失踪した親友の捜索を緑子に頼むのだった。
そんな時、緑子は四年前に起きた未解決の乳児誘拐事件の話をきく。
そして、所轄の廃工場からは主婦の惨殺死体が…。
保母失踪、乳児誘拐、主婦惨殺。
互いに関連が見えない事件たち、だが、そこには恐るべき一つの真実が隠されていた…。

前作の時にも書きましたが、緑子を好きになれるか次第。
それに今回は、男の体と女の心を持つ美人と緑子との関係もプラス。

残虐なシーンもあり、それに緑子は犯されすぎ。

でも、元刑事で私立探偵の麻生とヤクザの山内との関係が出てくるから許す。
こっちは大好き。 と言うか緑子は要らん! 
おいおい。暴言すぎへんか(汗)。

でも今後の麻生と山内は要チェックやな。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

柴田よしき
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

そうそう、緑子ってどうも理解できないっていうか。女しすぎ!山内にやられちゃうのはすっごい覚えてたんですけど、あの同僚刑事のことはすっかり失念。
1作目もなかったですか?そういうの。
ってか、警察官がそんなことしちゃうのって、そりゃ最近は警察官って昔ほど尊敬されてないけど、やっぱり模範でなくちゃいけないって幻想が私の中にはあって。
だから、え~~~!?って。(笑)

でも、数年ぶりに再読したら、以前のような拒否反応は薄くなってて、哀しいな~ってそっちが大きかったです。

じゃじゃまま:2008/11/06(木) 11:35 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
そういうの、確かあったと思います。
まあ、そこにゲンナリなんですけど^^;

不祥事の多い警察官だけど、大阪の三キロ引きずりの轢き逃げ犯逮捕は褒めてあげたいですね。まさに足を使った捜査に、あっぱれ!

しんちゃん:2008/11/06(木) 15:46 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

聖母の深き淵 柴田よしき著。


≪★★★☆≫ 昔読んだ時はここまで評価高くなかったかも。予約本が回ってこないので本棚から物色。 RIKOシリーズ第2弾ですね。そうだそうだ、ここで麻生さんや山内練が出てきたんだよね。 緑子の前にトランスジェンダーの磯島豊が現れる。失踪してしまった親友を探...

2008/11/06(木) 11:31 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。