--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

10.07

「理由あって冬に出る」似鳥鶏

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)
(2007/10)
似鳥 鶏

商品詳細を見る

某市立高校の芸術棟には幽霊が出るっていう噂がある。ひとつは、壁の中に引きずって帰ろうとする壁男。もうひとつは、行方不明になったというフルートを吹く立花さんの幽霊。壁男にフルートを吹く幽霊。芸術棟は魑魅魍魎の巣窟らしい。なんだか妙な噂だ。吹奏楽部は毎年、卒業式の前に三年生を送る演奏会をやる。本当は幽霊だ何だと言っていないで練習しなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。部長の高島先輩としては困った状況である。

かくなる上は幽霊など出ないことを証明するため、責任感の強い高島先輩は部員の秋野麻衣とともに夜の芸術棟を見張ることを決意。しかし第三者の立会いがないと信憑性に欠けてしまう。そこで白羽の矢を立てられたのは美術部の葉山君。その話を聞きつけたのは、演劇部のミノこと三野小次郎。四人は夜の芸術棟へと足を運ぶが、予想に反して幽霊は本当に現れた。フルートの音が聞こえて、人影があった。明かりが点いていて消えた。なのに、鍵のかかった部屋から人間はどこに消えた?

目を輝かせて身を乗り出したのは、物識りの文芸部長、伊神さんである。物識りゆえに好奇心を刺激されるのか好奇心旺盛ゆえに物識りになったのか、おそらくはその両方であろうと思えるこの人はまた、謎とか怪奇とかいった言葉にはなはだ弱い。伊神さんは喜色満面で葉山君を見る。放課後探偵団をやってみない? 伊神さんは面白がっているわりに自分が動くつもりはないらしい。トリックについて考えてみるから、と言って安楽椅子探偵を決めこみ、動かなくなってしまった。にわか放課後探偵団が解明した幽霊騒ぎの真相とは?

この作家はおもしろい、たぶん好みの作家だと思う。ある本ブロガーさんにおすすめを貰い、勢い余って既刊三冊を大人買い。デビュー作であり、シリーズ第一弾である本書は、文化系クラブの部員たちが学校の幽霊の謎を追う学園ミステリでした。おすすめを頂いた甲斐あってか、好きな雰囲気を持った作品で、予想以上におもしろかったです。もともとこういった学園ミステリは好きなので、すでにキープし、これから読む予定の続編も楽しみになりました。

異質なプロローグに若干戸惑ったものの、お決まりの学生たちによるドタバタ劇が愉快で、しかもライトな当たりだけでなく、プロローグに関連した意表をつく黒いエピソードがからんできたりして、最後までメリハリをつけるあたり、この作家は只者じゃないと思わせる力量を感じました。また芸術棟や部屋の見取り図などが随時挿入されており、読者に対してとても親切でした。この作家は、間違いなく近いうちに人気作家になるでしょう。先物買いなら今です。そしておすすめです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

似鳥鶏
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

こんばんは。
しんちゃん、お薦めありがとう♪
しんちゃんの言うとおり、好みのタイプでした。
が、残念な事に続編が地元の図書館にも職場の図書館にもないの(涙)
リクエストしなきゃ。
買ってくれるかしら…

なな:2009/11/18(水) 21:30 | URL | [編集]

ななさん、こんにちは。
ライトだけど、中々いい感じですよね。
続編は困りましたね…^^;
自分で買うという選択肢は?

しんちゃん:2009/11/21(土) 10:26 | URL | [編集]

こんばんわ。TBさせていただきました。
似鳥さんをオススメしてくださってありがとうございました。
しんちゃんさんは皆様にオススメされているんですね。
わかります。
面白かったです^^米澤さんや初野さんが好きな方だったら好きですよね!
この本は図書館にありますが、続編はどちらもおいていないようで・・・
買おうかなぁ・・・

苗坊:2010/04/01(木) 19:41 | URL | [編集]

苗坊さん、こんにちは。
これはいい!と思ったので多くの方にオススメさせてもらいました。
読まないと、もったいない作家ですよね!
買っちゃいましょう(笑)

しんちゃん:2010/04/03(土) 13:31 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

「理由あって冬に出る」似鳥鶏


JUGEMテーマ:読書 芸術棟に、フルートを吹く幽霊が出るらしい―吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。幽霊を否定する必要に迫られた部長に協力を求められ、葉山君は夜の芸術棟へと足

2009/11/18(水) 21:35 | ナナメモ

「理由あって冬に出る」似鳥鶏


理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)クチコミを見る 米澤穂信さんの青春ミステリが好きならば・・ということで「しんちゃんの買い物帳」のしんちゃんに紹介してもらった本です。同じように進学校が舞台なせいか、空気はちょっと似てるかも。でも米澤さんの省エネ

2009/12/10(木) 18:06 | 本のある生活

理由あって冬に出る 似鳥鶏


理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)クチコミを見る オススメ! 某市立高校の芸術棟にはフルートを吹く幽霊が出るらしい―― 吹奏楽部は来る送別演奏会のため練習を行わなくてはならないのだが、幽霊の噂に怯えた部員が練習に来なくなってしまった。 かくなる上

2010/04/01(木) 19:27 | 苗坊の徒然日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。