--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

11.12

「初恋ソムリエ」初野晴

初恋ソムリエ初恋ソムリエ
(2009/10/02)
初野 晴

商品詳細を見る

穂村チカは高校の入学祝いに買ってもらったフルートを片手に吹奏楽部の門を叩いた。そこで幼なじみのホルン奏者・上条ハルタと再会した。吹奏楽部は部員不足のため廃部寸前の崖っぷちにあった。二人は恋する草壁先生と部員集めに奔走して、秋にはオーボエ奏者の成島さん、冬にはサックス奏者のマレンという素晴らしい仲間が加わった。しかし現実問題として部員は十七人。チカとハルタも二年生になる今年度の新入部員獲得は重要だ。吹奏楽部の甲子園「普門館」につながるコンクールに出場できるバンド編成になれるかどうかの正念場でもある。しかし、気づけば不可解な謎にまきこまれて……。高校の吹奏楽部を舞台に繰り広げられる青春ミステリ「退出ゲーム」の続編。

その痕跡が見られるようになったのは春休みの初日からだった。春休みの間の音楽室は、午前中は吹奏楽部、午後は合唱部に割り当てられている。ゆえに音楽室の鍵を開けるのは、一番早くきた吹奏楽部の部員の役目だ。音楽室の鍵は職員室にあり、鍵開け当番の先生にひと言いってから鍵を取って向かう。ところが音楽室の鍵がない日が何日かあった。先にだれかがきているのかと思って音楽室に向かうと、鍵がかかって入れない。首を傾げながら職員室に戻ると、あるはずの鍵がある、といった具合。犯人はプロ志望のクラリネット奏者・芹澤直子だった(「スプリングラフィ」)

チカはラジオが持つ魅力にはまってしまった。ローカル局FMはごろも。カイユという素人のパーソナリティが、お爺さんやお婆さんを七人集めて、リスナーの人生相談に答える。吹奏楽部は部活動の予算に頭を悩めていた。楽器の維持費や、合同練習や発表会にもお金がかかる。そこに生徒会長の前に地学研究会の部長を連れてくれば、地学研究会が辞退した予算をスライドしてくれるという。彼女の名前は麻生美里。地学研究会は昨年大学と活動を共にして実績をあげた。ところが今年になって麻生たちは途中下車した。(「周波数は77.4MHz」)

草壁先生が過労で倒れて入院した。藤が咲高校吹奏楽部からのヘルプ要請を断り切れずに掛け持ちしたのだ。彼らの部活の顧問が突如自宅謹慎の身になった。処分を下したのは校長先生。教員にもクラスの生徒にも事情の説明はなかった。そして理由がいっさい伏せられた謎の席替え。一ヶ月の間に席替えが三回もあった。鍵を握るクラスの生徒たちは沈黙しているし、当事者の先生も真相を語らない。ハルタとチカ、そして新たに入部したカイユの三人は、流しの生徒となって藤が咲高校に乗り込んで、謎の席替えと自宅謹慎の真相を突き止める。(「アスモデウスの視線」)

初恋研究会代表初恋ソムリエ・朝霧亨。興信所の三代目を継ぐ予定の朝霧が部長を務める文化部で、初恋は嗅覚によって生まれた感情だと仮説を立て、初恋当時の状況を正確に再現し、記憶から、誇張や歪曲という要素を取り除いた、純粋な情報のみを抽出して鑑定するらしい。どうやら芹澤直子の叔母は初恋の人捜しを彼の父に依頼したところから、その胡散臭い朝霧と会っているそうだ。芹澤に泣きつかれた吹奏楽部は、選抜隊ふたりを選び、初恋研究会に送ることになった。チカとハルタは、成り行きで叔母の初恋の真相を解明することに。(「初恋ソムリエ」)

ミステリとしては若干トーンダウンしたところが見受けられるが、新入部員の勧誘という前作にあった要素を引き継ぎ、また発明部のような他の怪しげな文化部が登場し、その部長がとても個性的で魅力ある人たちで、チカとハルタの漫才のようなやり取りも健在だった。「退出ゲーム」と比べても遜色ないぐらいの水準を保った点は評価したい。どうしても二作目となると、狙いすぎが裏目に出てしまうからだ。そして彼らの部員集めのその後が気になるように仕向けてあるところも巧い。今回は入部するまでに至らなかった芹澤直子は、三冊目に突入して仲間になるのか。さらに同じ人を想うチカとハルタの恋の行方は?(笑) おもしろかったです。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

毎日更新を楽しみにしています。

おぉ!私も今からコレを読むところです。
前作はラノベっぽく感じてしまったんですが今回はもう割り切って楽しんじゃえ!と思っております。
この作品で高2は終了ですかね?
そしたらあと一作で終わってしまうのかな・・。
恋の行方はどう決着を付けるのか、ソコが最大のミステリーでしょうか?


私、読書ブログをしてまして、そこにこちらをお気に入りという形でリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?
ご検討よろしくお願いします。

ぱんだ:2009/11/12(木) 22:17 | URL | [編集]

ぱんださん、こんばんは。
恋の行方はジョークです。そこは全然ミステリとは関係ありまぬ^^;
高校二年生になったばかりなのでシリーズは当分続くと思われます。
予想以上に人気が出たので引っぱりだしたのでしょう。

読書家さんのリンクはフリーです。こちらもアンテナに加えさせてもらいますね。

しんちゃん:2009/11/14(土) 18:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

初恋ソムリエ 〔初野 晴〕


初恋ソムリエ角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-10-02売り上げランキング : 81977おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 初恋に秘められた謎(ミステリ)を追え! 吹奏楽の“甲子園”―普門館を目指す弱小吹奏楽部で繰り広げられるチカとハル

2009/12/29(火) 20:05 | まったり読書日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。