--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「七日間の身代金」岡嶋二人

七日間の身代金 七日間の身代金
岡嶋 二人 (1998/07)
講談社

この商品の詳細を見る

プロデビューを目指す若き音楽家カップルの千秋と要之介。
ある日、富豪の後添いとなった友人から、弟と先妻の息子が一緒に誘拐されたと相談を受ける。
身代金の受け渡し場所は、どこにも逃げ場のない湘南の小島。
にわか探偵と化した二人は犯人を追うが…。

アマゾンでは評価が低いけど、単純に楽しめた。

千秋と要之介というキャラが良かったね。
千秋の父は警察署長。それをいいことに千秋が突っ走る。
橋一本で結ばれる無人の小島など、設定も面白かったです。

何も考えずに読むのが、一番良かったのかも。

時代設定は少し古いですがしょうがない。
どこかで、この点が惜しいって書いてるのを見た。
そんな事を書くなら読むな!!

古い本だと初めから解って読んでるのに。と強気。


ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【岡嶋二人】七日間の身代金


 『タイトルマッチ』に続いてこちらは最近読んだもの。タイトル通りずばり誘拐モノである。 講談社文庫 2006/4/3 第 4 刷発行  プロデビューを目指す音楽家カップルの千秋と要之介は、ある日友人の女性から弟と先妻の息子が誘拐されたと相談を受ける。身代金を持...

2008/05/11(日) 00:55 | higeruの大活字読書録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。