--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.29

「マイナークラブハウスの森林生活」木地雅映子

マイナークラブハウスの森林生活―minor club house〈2〉 (ピュアフル文庫)マイナークラブハウスの森林生活―minor club house〈2〉 (ピュアフル文庫)
(2009/05/11)
木地 雅映子

商品詳細を見る

桃李学園高等部の片隅に建つ古ぼけた洋館「マイナークラブハウス」に集う弱小文化部―ウクレレ部、園芸部、演劇部、思想研究会、歴史研究会、和琴部―の面々は、自由気ままに青春を謳歌…しているように見えるが、一筋縄でいかぬのが思春期というもの。新・演劇部長、畠山ぴりかの涙のワケは!?謎が謎を呼び、続きが気になってしかたがない学園・青春小説シリーズ、待望の第2弾。《出版社より》

「第六話 高橋奈緒志郎、捨て子拾いの血を知る縁」
新・演劇部長の畠山ぴりかは、マイナークラブハウスの合同合宿に置いてけぼりをくらっていた。そこに顔を出したのは思想研究会の前会長、高橋奈緒志郎。ぴりかを不憫に思った奈緒志郎は、世話好きな母がどうにかしてくれるだろうと、天然ボケの後輩を自宅へ連れて帰る。高橋家は、奈緒志郎を頭に、まりあ、透、吉宗の四人きょうだい。商社勤めの父は、少々キケンな国に長期出張中。奈緒志郎は、受け入れ体質の高橋家の業に気づく。

「第七話 福岡滝、飛天山に幼馴染の闇を見る縁」
新・園芸部長、天野晴一郎の飛天山にある屋敷で合同合宿をすることにした桃園会館の面々。天野と付き合い出した演劇部の福岡滝は、疑問に思っていたことをふと彼に聞いてみた。小さかった頃に口がきけず、いつしゃべれるようになったのか。奇妙な会話術を身につけた天野は、子供の頃の記憶の多くを思い出せずにいた。今回参加しなかったぴりかが、天野の育てた野菜畑を荒らす話になったとき、突然天野の様子がおかしくなる。

「第八話 太賀竜之介、迷走の果てに為すべきことを為す縁」
歴史研究会一年の太賀竜之介は、天野晴一郎の呟きの意味を、なんとなく察することができた。その日の竜之介は、朝からぴりかの行水を観察し続け、部活の時間には地面にかがみ込んでいる天野を観察し続けていた。気づかれないように天野の後を追うが、藪の中ですっかり見失ってしまった。おまけに、道までわからなくなった。来た方角へ、帰ろう。そう思って、体の向きを変えた途端、おかしなものを発見した。

「第九話 柳場良子、子供の砦に迷い込みたる縁」
教諭の柳場良子が頼ってもらえたのは、最悪の事態になった後だった。西本結花は、バレーボール部の監督と関係し妊娠したのだ。その日、畠山ぴりかの母から電話があった。畠山ぴりかの母、畠山かおりは、いわゆる観察を要する保護者だった。かおり自身の説明によれば、精神的に不安定な娘をケアしているらしい。だが、良子には、娘よりもむしろ、母親であるかおりの方が、一層不安定な状態にあるように思われた。

「第十話 サバトラのきゅうり、ニンゲンの娘を野良に仕込む縁」
野良猫(きゅうり)はおれの道を行く。もしゃもしゃ(ぴりか)はいつも喋っている。きゅうりという音声→駆けつける→食べ物が出てくる。ということもあるが、時々はハズれる。庭のあの植物も、なぜか同じ音声で呼ばれている。不思議な話だ。のっぽ(天野)ときたら、気配を消すのがうまい。びっくりさせられるのは、どんな猫だってニガテだ。もしゃもしゃも、のっぽがニガテらしい。もしゃもしゃは、林の中に巣をつくった。

「おまけ マイナークラブハウスの新学期」
奈緒志郎は、ぴりかと一緒に畑を荒らした妹弟たちを連れて、合宿帰りの天野に頭を下げた。天野の表情が、いつもより、こころなしか柔らかく、人間臭い。まるで、自分がいない間、ぴりかが元気でドロボーしていたことに、安堵しているみたいだ。そして、マイナークラブハウス部員たちの新学期が始まった。

今回も面白かった。一見ドタバタ学園小説のようでも、実は奥が深い作品だ。世間から変わり者と見られても、どうしようもない家庭の事情を抱えていても、彼らを何の問題もなく受け入れてくれるマイナークラブハウスと、支えてくれる仲間たち。ぴりかが押しつぶされそうな母との関係。天野の消えた記憶。そういった問題も、ここマイナークラブハウスでは些細なこと。親を敵にしようとしない彼らが健気だ。また応援したくなる。第三巻も楽しみだ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

木地雅映子
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。