--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.16

「レインツリーの国」

レインツリーの国 レインツリーの国
有川 浩 (2006/09/28)
新潮社

この商品の詳細を見る

「図書館内乱」とリンクしてるそうなのですが、未読なのでこの本に限って感想を書きます。

ネットで好きな本について語り合う事で知り合った伸とひとみ。
何度もメールのやり取りをする内に、実際に会う事になる。
ネットでは上手く話せるのに、何故かしっくりしない二人。
実はひとみが難聴者である事が解ると同時に、ケンカ別れをしてしまう。

よくある今時な出会いの後は、結果が見え見えのベタな恋愛小説です。
ラノベを読む中高生あたりが読む恋愛小説かな。
でもこんなベタ話は嫌いじゃ無い。 というか大好き。

まあ個人的にどろどろしたり、最後に相方が死んで泣かそうとする本は大嫌いです。
簡単にいうと、大人の恋愛モノ。

なんせ精神年齢が若いので(笑)。 ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。