--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.08

「太陽の村」朱川湊人

太陽の村太陽の村
(2010/01/28)
朱川 湊人

商品詳細を見る

父親の定年を祝うハワイ旅行に出かけた坂木一家は、帰りの飛行機で事故に遭う。意識を取り戻した主人公・龍馬は、自分がタイムスリップして過去の世界に来てしまった事を悟る。どうする俺??? おたくで引きこもりの龍馬は、やがて農作業や素朴な村民との触れあいにより、現代とは正反対の生活に喜びを見出していくのだが…。「都市と田舎」、「過去と未来」、「バーチャルとリアル」、「文明と未開」の狭間に揺れる青年の葛藤と成長を直木賞作家が描く。著者新境地のタイムスリップ・エンタテインメント!《出版社より》

身長百六十七センチで、体重百二十四キロの相撲取り体型。おまけに、オタクでひきこもり。そんな二十四歳の坂木龍馬は、父親の定年を祝うハワイ旅行に出かけた帰りの飛行機で事故に遭う。気がつくと、海坊主に間違われて後ろ手に縛られていた。ぐるりと取り囲んで見下ろしている誰もが異様なスタイルだった。真っ先に思い出したのは、黒澤明の「七人の侍」に登場する貧しい農民たちだ。幸いにも、水戸黄門に似た村長に助けられ、この日本であるらしいド田舎の村で生活を始めることになった。

電気もガスも水道もなく、コンビニはもちろん、普通の食料品店やスーパーの類も、まったくない。昔ながらの静かな生活というか、ここまで何もないと、都市生活野郎は逆に不安になって来る。何もかもおかしな村に戸惑う龍馬。そこに、力自慢の金太郎、イケメンの桃太郎と、どこかで聞いたような名前の人物が現れ、さらに、乱暴者の此世介と神通力を持っている阿世介という地頭・佐宗八百万の冷酷非道な兄弟たちまで登場。これって過去にタイムスリップ? これまでにないユーモアが読者を襲う、怒涛のエンタテイメント作品。

ぐふふ、と笑える。わはは、と笑える。ぷーっ、と噴出す。こんなに笑える朱川作品は初めてだ。前半の主人公のヘタレぶりは、正直に言えばキショい。オタクをどうこう言わないが、その考えは甘いやろ、という情けない有様だ。だが、重労働の田おこしや、恋する浦さんへの思い、走れメロスの独演会は、読んでいてテンション上がる。また、突然の活劇への恐怖心も、何も考えずに動く体当たりもグッド。そう、まるで漫画のようなハチャメチャな展開だ。最後のオチは賛否が別れるだろうが、それを差し引いても楽しかった。これぞ、爆笑エンタメ。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

朱川湊人
トラックバック(3)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

しんちゃん こんにちは。
mizzoと申します。よろしくお願いいたします。

こんな朱川さんもたまにはいいかも?
と...無条件で笑えるエンタメ作品でしたね。
しかしラストに訪れる虚脱感はなんだろう。
ふと思いました。。

TB頂戴します。

mizzo:2010/03/09(火) 04:22 | URL | [編集]

こんばんは。

ものすごく細かいところまで
笑いどころ満載で
ニヤニヤしながら読みました。

gremz、人それぞれ木の形が違うのかな???

なな:2010/03/09(火) 21:25 | URL | [編集]

mizzoさん、こんばんは。
朱川作品ではなく、荻原作品のようでしたね。
でも読み終えると朱川作品の臭いが…。
死とか、別れとか、あまり大事じゃないところが。

しんちゃん:2010/03/10(水) 22:35 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
京都太秦映画村、日光江戸村。そんなイメージで読んでいたら…。
うはーー! 当たらず、遠からず(笑)

この木の成長ぶりには、びっくり! 何?こいつ...。

しんちゃん:2010/03/10(水) 22:40 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

太陽の村


太陽の村 著者:朱川 湊人 販売元:小学館Amazon.co.jpで詳細を確認する ☆☆☆ 内容(「BOOK」データベースより) ハワイ帰りの飛行機事故。目が覚めると、そこはド田舎の村。電気・ガス・水道なし。金太郎、桃太郎に仮面の男。田おこし、年貢、人身御供に仇討ち!?本当に...

2010/03/09(火) 04:23 | rokurokudo

「太陽の村」朱川湊人


JUGEMテーマ:読書 ハワイ帰りの飛行機事故。目が覚めると、そこはド田舎の村。電気・ガス・水道なし。金太郎、桃太郎に仮面の男。田おこし、年貢、人身御供に仇討ち!?本当にどうする俺?フリーターが遭遇した究極の問い。著者新境地のノンストップ・エンタテインメント...

2010/03/09(火) 21:23 | ナナメモ

太陽の村(朱川湊人)


びっみょー。 面白く読んだのに、最後のオチにちょっとガッカリというか何というか・・・。

2010/04/29(木) 12:52 | Bookworm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。