--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

03.30

「キケン」有川浩

キケンキケン
(2010/01/21)
有川 浩

商品詳細を見る

成南電気工科大学。この成南大に数ある部活の一つに「機械制御研究部」があった。略称「機研(キケン)」。しかし、この略称が部にまつわる様々な事件から、ある種の畏怖や慄きを持って名付けられたことは、機研黄金期の在学生には広く有名だった。機研(キケン)=危険。その黄金期。「機研」は正しく危険人物に率いられた危険集団であった。

上野直也、成南大二回生。部長。大学きっての危険人物、その名も「成南大のユナ・ボマー」。大神宏明、二回生。副部長。通称「大魔神」、迫力で右に出る者なし。元山高彦、一回生。持って生まれた常識が部活動では弱点に? 自宅が喫茶店。視点であり、突っ込み担当。池谷悟、一回生。人当たりのいい情報通。大らかさが大器の予感。多少のことでは動揺しない。

新入生の元山と池谷は正式に「機研」の部員となった。そこではじめてのミッション。名付けて新人部員獲得作戦。とんとんと四十人を越える入部希望者が集まった。しかしそれを十人前後まで減らす、と上野は明言している。火薬好きのユナ・ボマー上野は一体どんな秘策を用意しているのか。X‐Dayは各部が趣向を凝らすクラブ説明会だ。

新入部員も大(魔)神の洗礼を受けつつ、日々「機研」に馴染んでいった。その大神がお嬢様系の女子大生からラブレターをもらった。上野の代筆をきっかけに、二人は付き合うことになり、デートを重ねていく。大事件が勃発したのは、付き合いはじめて三ヶ月目に入る頃合いだった。両親が出かけているから、うちに遊びに来ないかと誘われたのだ。

学際の季節がやって来た。「機研」の模擬店は伝統的にラーメン屋。しかもスープから作る本格派。学際中に一日か二日「奇跡の味」が出るらしい。でもあくまで偶然任せだと指摘した元山は、模擬店の店長に任命されてしまう。お店の子である元山は、本番までにただ一人でスープを完成させることになった。

学際の本番がやって来た。しかも因縁あるPC研がほとんど向かい合わせでラーメン屋をぶつけてきた。目標は売上げ百万円。実際にそれに近い売上げを毎年叩き出していたわけだから、味の完成度はともかく本気度は学内ぶっちぎりが伝統だったのだろう。いよいよ「らぁめんキケン」始動。はたして目標は達成できるのか。

秋の研究発表で「機研」はラジコン式の二足歩行型ロボットを提出して高い評価を得た。それが理事長の目に止まり、ご指名がかかった。県主宰の中途半端な自己満足でしかないロボット相撲大会に出場して、イベントを盛り上げるようにと。ロボット操作に任命されたのは、いつも冷静な池谷だった。

「機研」は全員が無事に進級し、二回生は三回生に、一回生は二回生になった。上野部長、大神副部長の体制は変わらない。たまたま元山しか部室にいないタイミングだった。床の上に散らばっていたビスとボールペンのプラ軸を利用して、即席の空気銃を作り、壁に向かって発射した。二回生と一回生の意見が一致した。このビスを完全に埋没させたい。


すっごく面白かった。男子なら、元男子なら、こういう無茶は憧れる。それとも君は経験したか。自分は後者の方だった。やったな~! ここでは言えない無茶をいっぱい。男子が集まって、何しよっか?と集まれば、それ自体が危険の始まり。でも本人は危険だと思っていない。無知の強さだ。楽しいこと。迷惑なこと。危ないこと。命に関わること。

その楽しかった当時の思い出だけど、今できることはほとんど一つもない。その行いが法に引っかかるからだ。当時はやっちゃったのだ。地域のみなさま、爆音でごめんなさい。学校関係者の方、散らかしてごめんなさい。そして警察の人、名前って残っているのかな? でも、当時は楽しかったー! そんなことを思い出した一冊だった。また、最後にほろっとくるところがグッド。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

有川浩
トラックバック(4)  コメント(6) 

Next |  Back

comments

こんばんわ。TBさせていただきました。
私は憧れる派でしたね。
自分では決してムチャは出来なかったです。でも、こういうことをするのも人生において大事ですよね~
学生達がキラキラしてました。
最後のところは卑怯ですよ。
その部分を見て、涙があふれました。
友情って素敵です。

苗坊:2010/03/31(水) 00:48 | URL | [編集]

苗坊さん、こんにちは。
わちゃわちゃした学生生活が楽しかったですよね。
こういう友人関係って、大人になると作れない。
その対比が昔語りという手法によって、よく出ていると思いました。
最後のあれはくるよね~!

しんちゃん:2010/04/03(土) 13:19 | URL | [編集]

こういう楽しかった時代って、終わってみて、部外者になって初めて分かるっていうのありますよね。
私も、彼らほどではないですけど、学生時代を思い出しました。
もっともっといろんなことをやっておけばよかった。(笑)
最後の黒板は、あれは来ましたね~~!!!!
理系の話なので、ちょっと・・・って部分はあったんですけど、あれでぐっと来ました。

じゃじゃまま:2010/04/27(火) 23:06 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
ありますよね。自分の場合、やりすぎたクチですが。
こればっかりは、ごめんなさい、です。
最後のあれも良かったですよね。
手書きというのも新鮮でしたし、参加者も楽しかったでしょうね。

しんちゃん:2010/05/02(日) 22:35 | URL | [編集]

しんちゃんさん こんにちは。

もしかして、理系男子だったのでしょうか?
わたくし、ちょっと前まで理系の学部があるキャンパス勤務(大学職員)だったので、顧問のような気持ちで読みました。
今でも、純粋にやっちゃうような子がいます。頭ごなしに叱らないようにしないと( ̄ー ̄)

たかこ:2010/06/27(日) 13:37 | URL | [編集]

たかこさん、こんばんは。
数字はまったくダメですが、性格的には理系かも。
でも、本は好き。読まされる国語は苦手だけど。
学生時代の区分は圏外かな。しいて言えばヤンチャ系でしょうか。
人の迷惑を考えずに、あんなことやこんなことを、反省...。

しんちゃん:2010/06/29(火) 22:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

キケン 有川浩


キケンクチコミを見る オススメ! ネタバレありです 第1話「部長・上野直也という男」 成南電気工科大学の1回生である元山と池谷は1枚の張り紙を見ていた。サークルの勧誘のポスターで、名前は機会制御研究部。先輩らしき人間に部室へ連れて行かれ、2人は入部する...

2010/03/31(水) 00:47 | 苗坊の徒然日記

キケン 有川浩著。


≪★★★☆≫ 成南電気工科大学の、「機械制御研究部」略して「機研」で彼らが過ごした熱い4年間の物語。 大学きっての危険な男、機研の部長「成南のユナ・ボマー」こと上野。 機研副部長、大魔神、大神。お店の子、と呼ばれ、学園祭では伝説の百万超えを打ち出した元山

2010/04/27(火) 23:03 | じゃじゃままブックレビュー

キケン / 有川浩


あー!純粋に楽しかった!楽しかった!楽しかった!本を閉じるのがもったいないと思えた1冊。涙が出るような感動とは程遠いけど、全力で楽しかった!(こればっかり) 成南電気工科大学機械制御研究部、略称「機研」。まぁ、大学サークルの話なんだけどバカっぽい、い...

2010/06/27(日) 13:30 | たかこの記憶領域

部の仲間たちと


小説「キケン」を読みました。 著者は 有川 浩 大学の部活内 物語 成南電気工科大学機械制御研究部 略して「キケン」 恋愛の騒動だったり、学園祭だったり ロボット大会だったり・・・ まさに、大学の部活ならではの 男たちの青春劇 有川らしい 誰でも楽しめる 作品...

2011/09/28(水) 00:06 | 笑う学生の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。