--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

04.07

「インビジブルレイン」誉田哲也

インビジブルレインインビジブルレイン
(2009/11/19)
誉田 哲也

商品詳細を見る

警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第十係。姫川令子はその第二班、通称「姫川班」の主任を務めている。東中野にあるマンション一室にて、男の惨殺死体が発見された。マル害氏名、小林充、二十九歳。大和会系、石堂組傘下、仁勇会の下部組織、六龍会の構成員だった。捜査本部は小林充についての調べを進めていたが、これといった成果はあげられずにいた。そんななか、玲子たちは、上司である今泉係長から奇妙な指示を受ける。捜査線上に「柳井健斗」という名前が浮かんでも、決して追及してはならない、と。

謎の女からのタレ込み電話。小林殺しの犯人は、柳井健斗、二十六歳。九年前に起こった事件の被害女性、柳井千恵の弟が、柳井健斗。一方、事件の重要参考人だった父親、柳井篤司は、警察署内で警官から拳銃を奪って自殺。最終的に検察と警察が選んだのは、被疑者死亡により不起訴という幕引き。この事件で、当時の刑事部長を始めとする、捜査責任者は全員更迭。拳銃を奪われた巡査部長は、勤務中に交番で首吊り自殺をしていた。そして、今回殺された小林充は、千恵の元恋人だった。

石堂組若頭補佐の牧田勲。柳井健斗とは、単なる情報屋と客以上の付き合いをしてきたつもりだった。ある意味、信頼もしていた。その柳井が飛んだ。石堂組長の病状は思わしくない。そんなときに、共に石堂組を支え、跡目筆頭と目されている若頭で仁勇会組長の藤元が、おかしな動きを見せていた。柳井健斗は、仁勇会絡みのネタを握っている。それを上手く使えば、いま石堂組が抱えているゴタゴタを、綺麗さっぱり掃除することも不可能ではない。その肝心の柳井が、姿をくらましたのだ。

女刑事の姫、ヤクザの牧田、謎の男・柳井。この三視点でもってストーリーは展開し、やがて姫川は牧田をヤクザと知らずに出会い、惹かれていく。決して幸せな結末を迎えられるはずはないと知りつつも、つい姫と牧田の仲を応援したくなる。また読者をそう思わせる禁断のデート場面が…。それらと共に、少しずつ現在の事件と過去の事件の本質が見えてくるのだ。今回で第一シリーズは終わりなのかしら。そういうエンディングだったので、これには正直驚いた。でも帰ってくるんだろうな。姫は人気者だから。


単行本と文庫本を併せて、これで五冊目となる、誉田哲也さんのサイン。

誉田2

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

誉田哲也
トラックバック(3)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

姫シリーズ終わりじゃないですよね!?
まだまだ姫読みたいですよ~。
姫の恋、一度でいいから成就させてあげたかったですね。

じゃじゃまま:2010/06/25(金) 11:37 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
自分はある方に一票ですが、微妙な終わり方をしましたね。
姫の恋は切なかったです。でも相手が相手でしたから。
今回はおざなりにされていた例の三角関係も読みたかったな~^^)

しんちゃん:2010/06/26(土) 17:48 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

【インビジブルレイン】 誉田哲也 著


警視庁刑事部捜査第一課殺人犯捜査第十係第二班主任 姫川玲子。彼女も何度か事件を解決するうちに「感」にたよるだけではなく、ちょっとは大人になったようだ。今回は警視庁の組織をゆさぶるような事件。姫川は疑問を持ちながらも、組織を守るための捜査を続けていく。 ...

2010/04/29(木) 10:57 | じゅずじの旦那

インビジブルレイン 誉田哲也著。


≪★★★≫ 暴力団構成員の男が、刃物で切りつけられて殺害された。 姫川は関係者の聞き込みに当たる。 そこへ一本のタレこみの電話。告げられた名前は、決して表に出してはいけない名だった。 9年前のある事件の遺族。姉が殺され、事情聴取を受けていた父親は自殺。そし...

2010/06/25(金) 11:35 | じゃじゃままブックレビュー

インビジブルレイン 誉田 哲也


インビジブルレイン 姫川玲子シリーズ 「柳井健斗」という名が、 捜査線上に出現しても、 捜査をしてはいけないという 上層部からの不思議な指示。 一連の事件の陰にあるのは九年前の事件。 その事件の背後に潜む暗い出来事。 警察のダメージ回避のため、 隠蔽され...

2012/07/03(火) 09:49 | 花ごよみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。