--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

04.27

「潮風に流れる歌」関口尚

潮風に流れる歌潮風に流れる歌
(2010/02/18)
関口 尚

商品詳細を見る

学校のクラスには、そのクラス特有の雰囲気というものがある。三年A組の雰囲気を作っていたのは二人の生徒だった。クラスの実質的な支配者である柳戸稜と、女子は貝原美玲が仕切っていた。このクラスにはいわゆる学校裏サイトがあった。トリプレアと呼ばれる掲示板で、夏休みのあいだに広まった。このトリブレアは謎だらけで、由来はわからないが、みんな利用していた。

その裏サイトで、かわいらしさを褒めちぎられていた楓が一転、クラスから空気同然のような扱いを受けるようになった。しかし、楓は以前となにひとつ変わらぬ態度で登校した。楓のその正しさが疎ましく思われて、拒否反応が起きたようだ。楓をずっと思い続けていたリッツこと律は…。彼の名前の由来は、自分を律することができる人間になるように、だった。

目立たないよう適当に過ごせればいいと思っていたが、勇気を出して行動したリッツ、勉強熱心な姿勢は変わらず、放課後は真直ぐ家に帰る楓、いつも自分の苛立ちを抑えることができず、わがままなクラスの女王である美玲、ラグビー部のキャプテンで、根が真面目な真吾、対等な楽園が欲しくて、裏サイトのトリプレアを作ったボク、クラスの実質的な支配者である柳戸。

ほとんどみんなが、裏サイトのトリプレアに振り回されている。ここで叩かれた者は、クラスのみんなの前では透明人間。裏のネット上では陰口の的。しかし、そのターゲットは、容易に変わる。みんなをそそのかして悪口を書かせることでも、その煽動していたことがばれると、誰よりもひどい罵詈雑言を浴びせられることにもなるのだ。ネットの匿名性と、集団による暴力。これがめちゃめちゃ怖い。

昔から、こういう裏サイトのようなやっかいなものはあった。自分の年代で言えば、それは授業中に回される小さく折り畳まれた手紙だった。書かれていた内容は、誰々の悪口であり、その人物を馬鹿にした内容だったように思う。今と変わらないかもしれないが、その狙われた本人は、その内容を知ることがなかった。裏サイトになって一番に変わったこと。それは、本人が、自分の悪口を直接見ることだ。これって、エグいよ。

そんな今風高校生のちょっとした群像劇だ。それは、今も昔も好まれるキャラは同じだ。リッツであり楓であり真吾だ。何がしかの弱さを持っているが、すごく優しいとか、すごく頑張っているとか、すごく朗らかだとか。一方で、そこに加わるのが、身勝手で自己中で、わがままで、それでいて寂しがりやで、家庭にも問題があるという美玲の存在も大きい。

でも最後まで彼女を好きになれない。リッツや楓や真吾のとった行動は甘すぎる、許せる許容範囲を超えているという読者がほとんどだと思う。というのも、自分がその一人だったからだ。その一方で、取り巻きを率いている側にも心の弱さがあると示唆している部分は面白かった。こういう強者にいる人も裏サイトに一気左右しているのだから。そしてあっと言う間に落ちるのだから。今も昔も一緒だけど、やはり今の方がエグいよ。ざまあみろ、だけど。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

関口尚
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。