--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

05.29

「アネモネ探偵団  香港式ミルクティーの謎」近藤史恵

アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎
(2010/03/17)
近藤史恵

商品詳細を見る

その学校の中には巨大な塀があった。百年以上続いた実生学園の歴史のなかで、この塀が作られたのはたった十年前。だが、コンクリートの壁は、確実に空間を分断する。東館は、男子校の私立実生中学校として。西館は、中高一貫のお嬢様学校・実生女学院として。

実生女学院に通う小沼智秋・細川巴・西野あけびの仲良しの三人。有名女優の母をもつ智秋。父が警視総監の巴。あけびの父は有名な賞をとった学者。ある日、智秋たちは、カツアゲをされている少年たちを助ける。少年らは隣の実生中学に通う中原光紀と桑原時生だった。

ある日、智秋をねらった謎の女による誘拐未遂事件が起きる。仕事から疲れて帰ってくるママにそのことを言えないまま、智秋はママの香港ロケに同行する。仲良しの巴とあけびを誘って。その一方で、光紀たちは、智秋の誘拐を企てているような会話を偶然聞いてしまった。

光紀の叔父はフリーのカメラマンで、女優・小沼ヨウコの香港撮影旅行に同行することになった。貯金のない光紀の思いは、航空券さえあれば。偶然再会したあけびから、商店街の福引券をもらった光紀らは、抽選の一等商品、香港往復ペアチケットを手に入れるのだった。

以前、光紀たちを助けてくれたのだから、今度はこちらから助けるのだ。重要な使命はたったひとつ。智秋が誘拐されるのを阻止することだ。もちろん自分たちの手で、智秋を守ることができればいちばんいい。だが、それにこだわって智秋を危険な目にあわせるわけにはいかない。光紀は自分に気合を入れるため、「よし」と小さくつぶやいた。

大人気ミステリ作家・近藤史恵が手がける、初の児童書! というような宣伝文句があるが、これは児童書というよりもミステリYAですな。児童書にありがちな教訓めいたものはなく、気楽に読めて楽しければそれでいいじゃん、という漫画に近い内容の作品だった。青山先生の「コナンくん」とかが好きで、絵がない本も好き!という方々に、おすすめです。

ただ近藤史恵ファンにとって、このピンクのかわいすぎる表紙は、手出しに躊躇するかも。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

近藤史恵
トラックバック(1)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんわ。
近藤さんの作品って深く考えずに読んだらとても楽しめると思います。
面白かったです。
でも、探偵っぽさがあまりなかったので、続編を出して5人の活躍をもっと見たいなと思いました。

苗坊:2010/06/14(月) 20:29 | URL | [編集]

苗坊さん、こんばんは。
ツッコミどころがたくさんある作品でしたね。
でも、こういう軽いの嫌いではないです。
つうか、個人的にはもっとキャラ読みでもオッケーです。

しんちゃん:2010/06/19(土) 22:34 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎 近藤史恵


アネモネ探偵団 香港式ミルクティーの謎クチコミを見る 大人気ミステリ作家・近藤史恵が手がける、初の児童書! お嬢様中学生+普通の男子中学生が活躍する、ドキドキ☆わくわく♪の探偵ものがたり お嬢様中学校に通う智秋・巴・あけびの三人。 女優の母をもつ智秋。父

2010/06/14(月) 20:27 | 苗坊の徒然日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。