--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.01

「殺人!ザ・東京ドーム」岡嶋二人

殺人!ザ・東京ドーム 殺人!ザ・東京ドーム
岡嶋 二人 (2002/06)
講談社

この商品の詳細を見る

密かに日本に持ち込まれた南米産の猛毒クラーレ。
巨人対阪神戦に沸く東京ドームで、この毒を塗った矢による殺人事件が発生した。
大観衆5万6000人の面前にもかかわらず、犯行現場の目撃者は皆無。
さらに、翌日の同一カードでも凶行は繰り返され、スタジアムはパニックに陥った。

周囲からバカにされた男が、猛毒を手に入れて切れたお話です。

このバカな男がほんとにお間抜けなんですが、壊れ方気持ち良かったな。
こういうブラックなの好きです。

このバカな男、そろそろ名前で書きますが久松敏彦です。
敏彦は野球を全然知らないのですが、たぶん井上さんの目線で描かれてるのかな。
自分も野球に興味が無いので、その点も楽しめた。

今で言う、オタクがストーカーになり、自分が神になれる力を得たと勘違いをした男。

岡嶋さんは時代を先取りしてましたね!
やっぱすごいな!! ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

岡嶋二人
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。