--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

06.29

「オール・マイ・ラビング」小路幸也

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
(2010/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る

文明開化に関する些事問題なら、如何なる事でも万時解決。下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」、堀田家の家訓だ。この家訓があるからなのか、今回も様々な問題が堀田家に集まってくる。でも、堀田家はマイペースだ。いつものように上座に勘一がどっかりと座り、その正面には我南人。そして店舗側に花陽と研人と青とマードックにかずみちゃん。縁側の方に紺と亜美さんすずみさん。かんなちゃんと鈴花ちゃんはそれぞれお母さんの膝元でご機嫌だ。全員揃ったところで、皆で「いただきます」。恒例の朝ご飯で物語が始まる。

「夏 あなたの笑窪は縁ふたつ」
何やら堀田家は忙しい。常連でIT会社社長の藤島が、堀田家の隣の土地にクラシカルなアパートを建設した。そこに入居するのは、新婚の藍子さんとマードック、そして終戦当時に堀田家で暮らし、勘一にとっては妹のようなかずみちゃん。そんな引越し騒ぎの古書店の手伝いに借り出されたのは、亜美さんの弟の修平さん。彼は何やら道ならぬ恋をしているらしい。そしてあるはずがない百話目があらわれた古い和綴じの怪談本の謎。

「秋 さよなら三角また会う日まで」
朝ご飯も終わり、ガラス戸を開けて外に出ると、玄関先に〈捨て猫〉と書かれたダンボールの箱が置かれていた。箱の中は、猫の本ばかりだった。次は〈捨て犬〉と書かれた段ボールが置かれていた。案の定、中身は犬ではなく古本だった。問題は、誰が、何のために。その一方で、大手の新聞記者と役人が、東京バンドワゴンについての話をいろいろ訊いて回っているらしい。

「冬 背で泣いている師走かな」
紺の大学時代の恩師であり、また紺をその大学の講師に推薦してくれた百々先生が、蔵書の保管場所がなくなるからと、紺を訪ねてやってきた。そういえば、紺が講師を辞めた理由を、家族の誰もが聞いたことなかった。一方、藤島は秘書の永坂さんの想いに応えられず、永坂さんは会社を辞めてしまった。その永坂さんのことを好きなのは、藤島のパートナーの三鷹。そんなわだかまりを抱えた一同が、堀田家のクリスマスパーティーに集う。

「春 オール・マイ・ラビング」
日本を代表する大女優で、青の産みの母である池沢百合枝さん。その池沢さんが〈藤島ハウス〉の空き部屋に入居できないかと言ってきた。それは、我南人の手術がきっかけになったのかもしれない。我南人の手術は無事に成功し、それまでと変わらずに毎日を過ごしている。ただ、やはり歌はまだ唄えないでいた。しばらく経ったある日、我南人を訪ねて因縁あるハリーが訪ねてきた。世界的なミュージシャンであるキースの手紙を携えて。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小路幸也
トラックバック(3)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

だんだん過去の話忘れつつあります。
ま、それでも堀田家は平和に包まれてるので安心なのですが、相変わらずサチさんの優しくて温かく包み込んでくれる話し方はいいですね~。優しい気持ちになります。

じゃじゃまま:2010/08/16(月) 18:34 | URL | [編集]

じゃじゃままさん
そうそう、まったく同じくです。
そろそろどこかで特集とか組んで欲しいですよね!
でも忘れていも何となく読めるから不思議です。

しんちゃん:2010/08/22(日) 12:07 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン 小路幸也著。


≪★★★☆≫ あの≪東京バンドワゴン≫の季節がやって来た。サチさんも帰って来たよ~。 東京下町に、その店はある。勘一を始め、伝説のロッカーと呼ばれる我南人。その息子である紺、青、藍子。それぞれの伴侶、子供、新たに加わった赤ちゃんたち。 更に更に賑やかになっ…

2010/08/16(月) 18:32 | じゃじゃままブックレビュー

【オール・マイ・ラビング】 小路幸也 著


よろしければ、どうぞまたご一緒に・・・サチさんの丁寧なご挨拶には、毎回恐縮しながらも、ついつい微笑んでしまいます。  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】下町の老舗古書店“東京バンドワゴン”に舞い込む古本と謎を、四世...

2010/09/13(月) 18:25 | じゅずじの旦那

オール・マイ・ラビング 小路幸也


オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン著者:小路 幸也集英社(2010-04-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 「夏 あなたの笑窪は縁ふたつ」 「藤島ハウス」にマードック、藍子夫妻とかずみが引っ越す時が来た。人手が必要だが、勘一と紺はネズミの墓参りに行く事

2010/11/14(日) 23:57 | 苗坊の徒然日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。