--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

11.05

「ヒートアイランド」垣根涼介

ヒートアイランド ヒートアイランド
垣根 涼介 (2004/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

渋谷のストリートギャング「雅」のヘッド・アキとカオル。そんな彼らは渋谷界隈のチーマーを相手にして、「ファイトパーティ」というイベントを運営し、大金を荒稼ぎしていた。そんなある日、ちょっとした諍いがもとで、仲間の一人が初老の男のバックを持ち逃げしてきた。それはカジノバーの売り上げを強奪した、裏金強奪のプロの分け前だった。裏金強奪のプロフェッショナルチームの桃井と柿沢が、闇の世界からアキたちを追ってきた。「ファイトパーティ」の利権に以前から目をつけていた地回りのヤクザ、金を奪い返そうと躍起になっている松前組を交えて、四つ巴の戦いが始まった。


静かな緊張感が続く前半。そして怒涛のドンパチが炸裂の後半。もうとんでもなく凄い! そして面白い!!特に後半のハラハラドキドキ感はハンパじゃ無い。銃でもバズーカーでも何でもいいから撃ってくれ!と熱い興奮が溢れてくる。

それに登場人物にも魅力がある。アキは渋谷のストリートファイターのヘッドを部下にして組織を作る。アキはケンカがめちゃくちゃ強く、アキに敵う相手無し。そしてクラブを借り切ってストリートファイト。そこでの売り上げを仲間に分配し、チームを結束させる。頭脳派のカオルはコンピュータを駆使し、情報を管理及びシュミレートをし、アキを的確に補佐する。

桃井と柿沢のプロフェッショナルもすごく渋い。まさに影の仕事人って感じ。だから両方に肩入れして読んでしまう。アキたちの敵に感情移入してもこれは別に問題はない。なぜなら続編に続くから。

話のテンポが非常によく、最後まで一気読みしてしまう本です。そして自分が強くなった様な酔いが心地良い。もうベタ惚れ!!
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

垣根涼介
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

こんばんわ☆

面白かったですね~!
『君たちに明日はない』もすごく好きだけど、この『ヒートアイランド』のハラハラドキドキ具合にはやられました。
バスの中で読みながら興奮しまくってしまい、顔がにやけちゃって…(笑)
続編も早く読みたい♪

マメリ:2008/02/27(水) 23:04 | URL | [編集]

マメリさん、こんにちは。
この緊張感がたまんないっすよね~。
思い出したら再読したくなっちゃいました。
続編はあまり期待しない方がいいかも(汗)

しんちゃん:2008/02/28(木) 12:15 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。