--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.01

「下妻物語・完」嶽本野ばら

下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件
嶽本 野ばら (2005/07)
小学館

この商品の詳細を見る

桃子とイチゴの下妻最強コンビが帰ってきました。

桃子の大好きなロココ・ブランドの「BABY」。
そこのモデルをしているイチゴの撮影のため、二人は東京に行く。
そして帰りのバスの中、ヤクザのおっさんが殺された。
桃子は爆睡中で何も知らず、そのうちイチゴが容疑者に。

めっちゃ笑えたー!! イチゴのボケに、桃子の突っ込み。
イチゴのまっすぐさに、桃子のイジ悪さ。 最高やな!
でも、桃子ってここまでブラックやったかな。
イチゴの給料を搾取。 刑事に嘘ついてイチゴを落とし入れようとする。
こんなブラックさ大好き! 桃子がパワーアップしてたね(笑)。

それに今回も周りの人たちがいい味、出してるねん。

桃子の駄目親父の、めちゃめちゃ暴言。 笑うなって言っても無理。
その駄目親父をオトす、ファンキーなお祖母様。 もう爆笑!
ジャスコの警備員のオッサンも、田舎度がナイス。

それにイチゴの原付のツッパリに書かれた漢字。
「邪寿虎」は笑えた! 何て読むかは書きません(笑)。

おっとっと。殺人事件の事に触れて無かったな。
簡単に言うとパクリです。 この本の場合はカヴァーかな。
まあ、あまり書かないで置いときます。

この本の主流は桃子の成長する姿かな。
お祖母様やジャスコのオッサンの言葉で、前を向く姿が良かった。
そいでラストのシーンでぐっときた。 泣かなかったけど。

けど桃子が大人になった姿って…、想像出来ないっす。 
やっぱりロココしてるんでしょうね。

しっかし勿体無いよな。 完やって、完。

「もっと下妻物語」や「またまた下妻物語」って、無いかな。
「あぶない刑事」みたいに。 例えが古くてゴメン(汗)。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

嶽本野ばら
トラックバック(1)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

下妻物語・完 ―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 [嶽本野ばら]


下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 (完)嶽本 野ばら 小学館 2005-07茨城県下妻。そんなど田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子と、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチゴ。ある日彼女たちが乗ったバスで殺人事件が発生!イチゴが容疑

2007/03/01(木) 17:48 | + ChiekoaLibrary +

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。