--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

03.02

「青いリボン」大島真寿美

青いリボン 青いリボン
大島 真寿美 (2006/11)
理論社

この商品の詳細を見る

高校生の依ちゃんこと依子は一人っ子。人に何を考えてるのかよくわからないと言われる。依子の両親は家庭内別居中。でも3人で幸せに暮していたが、父の転勤をきっかけに変化が訪れる。

その後、母が4ヶ月も上海に出張する事になる。父の居る福岡に行くか、祖父母の居る北海道に行くか悩む依子。そこに友達の梢が自分の家に居候出来るように画策する。この梢ちゃんが元気ですごく可愛い。梢ちゃんの妹の多美ちゃんも。その上に梢の家族がいい味を出してる。まさに大家族って感じの明るい人たちが気持ちいい。そこで梢の家族に触れ、家族とは何かを考える依子。そして考えた末に出した結論は・・・。

良かったー!! めっちゃ良かったです。大島さんの作る世界に酔いました。思春期の時期に親が居ない生活をするって、こんなドライな感じなんかな。それとも依子はすでに親離れをしてるのか。

しかし親の仕事の都合って子供に選ぶ権利が無いのはわかるけど、こう描かれると理不尽を感じる。実際に子供の都合に合わせる訳にはいかないけど、家族について大いに考えさせられました。だけど、依子の出した結論にほっとしたよ。とても心に響くいい本でした。


忘れてた。台湾に引越しをしたオッキーの存在も大きかったですな。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大島真寿美
トラックバック(6)  コメント(10) 

Next |  Back

comments

こんにちは。
このお話、あまり話題になってないですけどじんわりといいですよね^^
そしてわたしもオッキーの存在について自分のブログで言及するの忘れてました。大事なキャラなのに^^;
依ちゃんと梢ちゃんのこれからがすてきなものであることを願ってやみません。

まみみ:2007/04/18(水) 18:52 | URL | [編集]

まみみさん、こんにちは。
そう、じんわりですね。
オッキーの存在って大きいのに、触れるのを忘れるなんて不思議ですね。
何故だろう?忘れるほど、依ちゃんと梢ちゃんに魅力があったのかな。

しんちゃん:2007/04/19(木) 09:04 | URL | [編集]

大島作品は本当にいいですよね!なんてことない日常を書いていて、その中で主人公が成長したことに読み終えた後気付くこの爽快感。なんてことのない日常だからこそ、身近で、元気が出てくるんですよ~。
沖田君の、実体のない登場の仕方も、存在感大きかったですね。

じゃじゃまま:2007/07/17(火) 16:12 | URL | [編集]

じゃじゃままさん、こんにちは。
子供たちの描写がすごくリアルで良かったです。
記事に書かなかったけど、お兄ちゃんも良い味があったし。
大島さんは普通を描くのが上手いですよね。

しんちゃん:2007/07/17(火) 17:39 | URL | [編集]

じゃじゃままさんのエントリから、しんちゃんさん発見~。
大島作品はどれも、雰囲気すごくいいんだけど、『青いリボン』は、その中でも好きな作品になりそうなんです(まだコンプリートしてないので断言を避けてみる、笑)。
でも、確かにあんまり話題になってないですよね・・・ちょっとさみしいかも。

ぽてとさらだ:2007/07/19(木) 04:07 | URL | [編集]

ぽてとさらださん、はじめまして。
同じくまだコンプをしてませんが、この本は特に温かさがありましたね。
話題にならないのは児童書だからでしょうか。
良い本なのに勿体無いですよね。

しんちゃん:2007/07/19(木) 08:35 | URL | [編集]

オッキー、わたしも触れなかったわぁ・・・^^;

依子の気持ちのよりどころになっていたのはもちろん
そのときどきの状態を言葉にして、依子自身にも読者にも再認識させる役割もしていましたよね。

ふらっと:2007/12/26(水) 06:42 | URL | [編集]

ふらっとさん
オッキーって可哀想な子かも。
大事な位置にいるのにねえ。

そう、読者への問いかけは伝わってきました。
親に振り回される子って気の毒。

しんちゃん:2007/12/26(水) 12:25 | URL | [編集]

こんばんは。
オッキー、台湾にいながら結構存在感ありました。
梢の家族、素敵でした。
入れ歯がおしゃべりのスイッチオン/オフになってるおばあちゃんがかわいかったなぁ。

なな:2009/10/25(日) 21:08 | URL | [編集]

ななさん、こんばんは。
オッキーも梢の家族も印象的でした。
ずいぶん前に読んだ作品だけど、めずらしく思い出せました(笑)

しんちゃん:2009/10/28(水) 18:25 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

『青いリボン』大島真寿美


青いリボン大島 真寿美理論社2006-11by G-Tools依子の両親は家庭内別居中。さらに、母親の長期出張が決まり、依子は親友・梢の家に下宿することに……。大家族の梢の家は、核家族の依子にとってはまるで外国。女子高生同士の友情と信頼の中に、家族とはなにかを問う、ふしぎ

2007/03/07(水) 00:00 | ひなたでゆるり

「青いリボン」 大島真寿美


青いリボンposted with 簡単リンクくん at 2007. 4.12大島 真寿美作理論社 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

2007/04/18(水) 18:49 | 今日何読んだ?どうだった??

青いリボン 大島真寿美著。


小さい頃から両親の家庭内別居の中で、それを不幸なこととも思わずに、そういう形の家族なんだと思いながら成長した依子。 高校生になった時、父の転勤、母の海外出張と、一気に「離婚」に向けて家族が動き出す。 それまでは家庭内別居とはいえ、安定した3人のバランスが一

2007/07/17(火) 16:09 | じゃじゃままブックレビュー

『青いリボン』大島真寿美


『青いリボン』大島真寿美・著 理論社2006.11ISBN4-652-07792-0物心ついた時から、依子の両親は家庭内別居中だった。ところが、父は転勤、母は長期出張が決まり、依子は友人・梢の家に居候することになる。梢の家は、かくし

2007/07/19(木) 03:31 | potatosalad

青いリボン*大島真寿美


青いリボン(2006/11)大島 真寿美商品詳細を見る 依子の両親は家庭内別居中。さらに、母親の長期出張が決まり、依子は親友・梢の家に下宿することに……。大家族の梢の家は、核家族の...

2007/12/26(水) 06:44 | +++ こんな一冊 +++

「青いリボン」大島真寿美


JUGEMテーマ:読書 両親の離婚をきっかけに、同級生・梢の家に居候することになった依ちゃん。泣いて、恋して、笑って、落ち込んで、たわいない2人のために世界はあった…。胸にぐっと来る、家族と友情の物語。 息子が空手をしている学習センターに市の図書館があり...

2009/10/25(日) 21:08 | ナナメモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。