--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

10.19

「Another」綾辻行人

AnotherAnother
(2009/10/30)
綾辻 行人

商品詳細を見る

夜見山北中学校には、代々生徒たちのあいだで囁かれてきた、ひとつの伝説があった。二十六年前、三年三組にはミサキという名前の生徒がいた。一年のときからずっとみんなの人気者で、学力優秀スポーツ万能、絵を描かせてもうまいし音楽の才能もある。そのうえ容姿端麗。ところが三年に上がって、クラス替えで三組になったそのミサキが、急に死んでしまった。その死にショックを受け入れることができなかったクラスメイトは、全員で「ミサキは生きている」というふりをしつづける。おりに触れてミサキに話しかけ、一緒に遊び、下校する。そうした奇妙な行動は、卒業の日までつづけられたという。そして卒業式当日。撮影されたクラス集合写真の片隅には、そこにいるはずのないミサキが、蒼白い顔でみんなと同じように笑っていた。

一九九八年。榊原恒一は父の仕事の都合で、中学三年の一年間を祖母の暮らす夜見山市で過ごすことになった。新学期から夜見北中三年三組に転入する予定だったが、突然気胸を患い、入院生活を余儀なくされてしまう。ある日、恒一は病院のエレベーターで、左目に眼帯をした制服姿の少女に出会った。初登校した三年三組にはミサキ・メイと名乗ったその少女の姿があった。ミサキの伝説が伝えられる三年三組の生徒だったのだ。一方でクラスには妙な緊張感があり、教師も生徒もまるでミサキ・メイの存在を気にとめるふうもなかった。ミサキ・メイはいるのか、いないのか。そしてある日、クラス委員の桜木ゆかりが凄絶な死を遂げた。やがて、クラスの関係者には、突然の死が次々と降りかかりはじめる。

面白かった。それに本の分厚さも気にならない。第一部でWhat?...Why?...(何者、何事?...原因、理由?...) 第二部では、How?...Who?...(どうして、どうやって、どういうふうに?...だれ、どの人?...)と、次々とミステリの質が変化してゆく。また章の割り方や区切りが簡潔で、それがとにかく読みやすかった。ただ、読んで思ったことを易々と語ることができない。その一言がネタバレにつながる作品だからだ。600ページ以上の長さをまったく感じさせないホラーであり、青春小説であり、本格ミステリが存分に堪能できる重厚な作品であった。また読後に残る余韻がすごい。未読の方にはぜひともおすすめしたい一冊です。


綾辻行人さんのサイン。

綾辻

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

綾辻行人
トラックバック(4)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

綾辻行人 『Another』


その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ...

2010/11/08(月) 21:12 | 四畳半読書(猫)系 ver.2.0

Another


著者:綾辻 行人 出版:角川書店 感想: 「Another」はホラーでもありミステリでもあり、二つの楽しさを併せ持った作品。 『what?』と『who?』の二部構成で、前半部は26年前にクラスで起こったという事件の謎に迫ります。 後半部では(あまり詳しく書くとネタバレになっ

2010/11/14(日) 03:44 | どくしょ。るーむ。

綾辻行人 Another


その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばか...

2010/12/15(水) 08:32 | マロンカフェ ~のんびり読書~

Another 上 下  綾辻 行人


Another(上) (角川文庫) Another(下) (角川文庫) 夜見山北中学の、3年3組に伝わる「呪い」。 厄災が起こる年と、起こらない年。 始まってしまうと連続して起こる不幸の連鎖。 惨事を止めるにはどうすればいいのか。 夜見山北中学に転校してきた榊原...

2012/04/06(金) 18:34 | 花ごよみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。