--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

12.29

「at Home」本多孝好

at Homeat Home
(2010/10/27)
本多 孝好

商品詳細を見る

第一話の「at Home」は、わきあいあいとした家庭ながら、父さんは空き巣、母さんは結婚詐欺師、長男の僕は偽造屋。小学生の弟はひきこもりで、家事を健気にこなす妹は中学三年生。高校受験を控えた妹の進学資金を稼ぐため、母さんは危ない橋を渡った。その結果、同じ穴の狢の罠に嵌まって、母さんは身代金目的に誘拐された。前半の楽しい家族の団欒と、後半の不足の事態に陥ったときの彼らの行動に、これこそほんとの家族の絆だと思った。

次の第二話「日曜日のヤドカリ」は、義理の父娘の同士愛のお話。三十二歳の俺は二つ年上の真澄にプロポーズをし、九歳の女の子の父親になった。一緒に暮らしてみれば、真澄の言う以上に弥生さんはいい子だった。真澄が同窓会にでかけたある日曜日、弥生さんと家でのんびり過ごしていると、そこに父親の行方を探す少年が訪ねてきた。まさか真澄が駆け落ち? 義父と弥生さんの関係が微笑ましい。そして健気さに胸キュン。

第三話の「リバイバル」は、外国人妻との偽装結婚。かつては仕事も家庭も持っていた。だが、失職をきっかけに離婚し、世捨て人のようになった。闇金に借金を返すために働く。働いて返す。それが繰り返される日常に慣れていた。ところが金貸しから借用書を返す代わりに、異国の女と結婚しろと迫られた。そして連れてこられた女はすでに妊娠していた。少しずつ芽生えてくる感情の変化と、それに対する切なくも温かなラストに感動。

最終話の「共犯者たち」は、大人になっても奔放なままの妹の幼児虐待を知った兄。意地悪だ、というのが、妹の茜に対する大方の同性の見方だ。産んだ母でさえそう言う。僕の妻もそう言う。五歳の僕の娘ですらそう言う。今の僕の心配はもっぱら茜の息子に向いている。こんな母親に育てられて、こいつの人生はいったいどうなるのだろうと。そんな四歳になった甥っこの身体に虐待の後があることに気づいてしまった。ばらばらになった家族によるザッツ・エンタメ。ラストを飾るのに相応しい作品だと思う。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

本多孝好
トラックバック(2)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

at Home


著者:本多孝好 出版:角川書店 感想: 本多孝好さんの新刊。 前回の『小暮写眞館』と同じく家族をテーマにした物語ですが、『at Home』の方は一つ一つが独立した短編集。 表題作『at ...

2011/04/09(土) 00:44 | どくしょ。るーむ。

いびつな家族


小説「at Home」を読みました。 著者は 本多 孝好 家族をテーマにした4つの短編 家族とはいえ、ストレートな家族モノではなく いびつな、普通とは違う家族たち どの編もいい話 絆だったり、優しさがあって そこに 謎がなにかしらあり 引き込まれる いかにもな、本...

2012/03/25(日) 23:07 | 笑う学生の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。