--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

01.04

「木暮荘物語」三浦しをん

木暮荘物語木暮荘物語
(2010/10/29)
三浦しをん

商品詳細を見る

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。現在の住人は四人。一階には、死ぬ前のセックスを果たすために恋を求める老大家・木暮と、ある事情から刹那的な恋にのめり込む女子大生・光子。二階には、光子の日常を覗くことに生き甲斐を見いだすサラリーマン・神崎と、3年前に突然姿を消した恋人を想いながらも半年前に別の男性からの愛を受け入れた繭。その周りには、夫の浮気に悩む花屋の女主人・佐伯や、かつて犯した罪にとらわれつづけるトリマー・美禰、繭を見守る謎の美女・ニジコたちが。一見平穏に見える木暮荘の日常。しかし、一旦「愛」を求めたとき、それぞれが抱える懊悩が痛烈な哀しみとしてにじみ出す。それを和らげ、癒すのは、安普請であるがゆえに感じられる人のぬくもりと、ぼろアパートだからこそ生まれる他人との繋がりだった……。

昔の彼といまの彼とのあいだで、にわかに三角関係を形成することになるフラワーショップで働く坂田繭「シンプリーヘブン」。老いらくのセックス願望を抱くことになり、日々悶々とする大屋の小暮「心身」。駅ホームの柱に奇妙な突起があることに気づいたことをきっかけに、同じ名前の犬を飼うヤクザと交流するトリマーの峰岸美禰「柱の実り」。夫のいれるコーヒーの味の変化で浮気を知るフラワーショップの女主人佐伯「黒い飲み物」。同じアパートに住む女子大生の生活を覗き見て、やきもきし続ける会社員の神崎「穴」。友だちから強引に生後一ヶ月の赤ん坊を押し付けられた女子大生の光子「ピース」。ストーカー的行為のおかげで居心地のいい当面の宿を手に入れた瀬戸並木「嘘の味」。

ありえない環境ながらそのやり取りにほのぼのしたり、男の性の痛さに笑えたり、アウトローの渋さに痺れてみたり、女の本質的な怖さにビビッたり、変質的な欲望にさもありなんと感じたり、いわゆる王道路線に顔がにやけたり、笑えたり、引いたりで、なんかいろいろ思う忙しい作品集だ。でも男女の性の話ばかりが続くあたりは若干辟易したのも事実。著者のような読書遍歴ならば許容範囲でも、一般の読者ならこれらの連続は少々きついかも。しかし、のほほんと気軽に読める、楽しいエンタメ作品集であった。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

三浦しをん
トラックバック(4)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

木暮荘物語 三浦しをん


木暮荘物語著者:三浦しをん祥伝社(2010-10-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。 ...

2011/01/05(水) 00:22 | 苗坊の徒然日記

小暮荘物語(三浦しをん)


築ウン十年のぼろアパート・木暮荘を舞台にした連作短編集。

2011/01/10(月) 13:29 | Bookworm

木暮荘物語 / 三浦しをん


ボロアパートに住む変な人の話と思いきや、全編エロいではないか~!!勝手に人情ものだと思っていたので、読み始めてびっくり。でも、さすがしをんさん!面白かった~。私もこん ...

2011/05/14(土) 11:17 | たかこの記憶領域

小暮荘物語/三浦しをん


小暮荘物語/三浦しをん(祥伝社) 築何十年のとあるアパート「小暮荘」。ここに住む70歳過ぎた老人の大家とそこに住む住人たちと彼らに拘わる男女の物語。この小暮荘は2階建てで6部屋からなり、住人は4人。不思議な三角関係の中心になる花屋の店員繭。70歳を...

2011/12/16(金) 12:11 | 京の昼寝~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。