--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

01.31

「桐島、部活やめるってよ」朝井リョウ

桐島、部活やめるってよ桐島、部活やめるってよ
(2010/02/05)
朝井 リョウ

商品詳細を見る

バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。第22回小説すばる新人賞受賞作。

ほんとはお前、うれしーやろ。副キャプテン孝介の声が頭の中で反響している。単純にバレーボールが好きだった。ポジションは同じリベロ。そして桐島はキャプテンだった。ただそれだけのことだ。小島風助が公式戦に出られたのは今まで二回だけ。桐島がつき指をしてしまったとき、その二回だけ。きっときっと、嬉しいんだ。桐島がいなくなって。

最近ずっと外向いてサックス吹いとるねー。沢島亜矢は詩織の声に、どきっ、とした。放課後のグラウンド。ぼろぼろのバスケットゴールには、くしゃくしゃのパーマと外れたシュートがないとさみしすぎる。私、竜汰、好きだな、なんてちょっといたずらなっぽく笑う志乃に、へーえ、応援するよ、なんて、余裕ぶって返した。なぜだか泣きそうになる。

映画部は映画甲子園で特別賞を獲得した。高校って、生徒がランク付けされる。大きく分けると目立つ人と目立たない人。運動部と文化部。上と下。前田涼也は自分の立場をわきまえている。そういう人間になってしまった。そして高二になって、二年ぶりにかすみと同じクラスになった。きれいになっていた。涼也はかすみに、もう何も伝えられない。

ソフトボール部の宮部実果。梨紗がクラスで目立つのもわかる。梨紗だけじゃない、いつも一緒にいる沙奈、かすみ、みんな人を惹きつける外見を持っている。私はラッキーだったなー、なんて自分で思う。だけど、あまり早い時間に、家に帰りたくない。母の声が、長い長い夜の始まる合図。胸がかき乱される。私の名前は「カオリ」じゃない。

野球部をサボりがちな菊池宏樹。確かにここは進学校だけど、できれば東京のそこそこの私立大学に行って毎日楽しく騒ぎたい。なんにも成し遂げられなくたって別にいい。俺はうまくやっているのだから。お洒落で目立つ友達に囲まれて、運動も全部それなりにできちゃうし、彼女だってそれなりにかわいい。でもなんだかイライラする。

お洒落で目立つグループにいれば「上」で、それ以外は「下」というふうに、暗黙の了解で各自が住み別けている、そんなクラスの雰囲気が気持ち悪いぐらいリアルだ。それは高校生だけではなく、小学校でも中学でもあった。当時の自分は菊池宏樹のような立ち位置にいて、しかもそうとうな呑気者だったので、卒業後の苦労はもう。さくっと読めて、共感できる。そんな一冊。

朝井

朝井リョウさんのサイン。

他のサイン本はこちらをクリック。→「サイン本」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(3)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

桐島、部活やめるってよ 朝井リョウ


桐島、部活やめるってよ著者:朝井 リョウ集英社(2010-02-05)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県 ...

2011/01/31(月) 13:47 | 苗坊の徒然日記

「桐島、部活やめるってよ」 感想  朝井リョウ 


桐島という少年はみんなの話題に出るだけで、彼自身の話は出て来ません。

2011/02/01(火) 12:37 | ポコアポコヤ

それぞれの波紋


小説「桐島、部活やめるってよ」を読みました。 著者は 朝井 リョウ バレー部のキャプテン、桐島が部活を辞めたことで起きる それぞれの波紋、模様を描いていく。 5人の視点からなる構成で 人物たち、部活が絡み合って登場してきます 非常にリアルで… 若者、10代の今...

2012/06/29(金) 20:44 | 笑う社会人の生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。