--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

03.16

「ピースメーカー」小路幸也

ピースメーカー (文芸)ピースメーカー (文芸)
(2011/01/14)
小路 幸也

商品詳細を見る

僕らが通う、中高一貫教育で知られた伝統ある〈赤星学園中等部・高等部〉は、今は〈赤星中学校〉と〈赤星高校〉という名前になってる。赤い星っていうのは火星のことで、戦いの神様らしい。そのせいじゃないだろうけど、何故か伝統的に文化部と運動部の戦いが続いているんだ。放送部の顧問の先生、コウモリは言う。「放送部が唯一、運動部と文化部を結び付けられる平和の使者〈ピースメーカー〉になれると僕は思ってる。部の活動を把握して、取材から現場の仕切りから放送まで、すべてにおいて彼らを結べるのが、放送部だ」運動部と文化部を繋ぐ架け橋となって平和をもたらすもの。まさしく、ピースメーカー――その実態は、放送部の良平とケンちゃん――知恵と愛嬌の凸凹コンビだ! これぞ、小路幸也印! ハートフルでちょっとノスタルジックな青春エンターテイメント。

アイデアの良平と技術のケンちゃん。彼らが校内で起きる問題を解決するための情報を入手する手段は、放送部の禁断の武器。ハッキリ言ってしまえば、盗聴。また、まったく部活動に参加しないスーパー部長の沢本さん、天使の声を持つ転校生の三浦さんも途中から加わり、情報とアイデアを駆使して、ピースメーカーとして活躍する。主人公たち中学生以外でも、コウモリとかみーちゃんとか、とにかくキャラがいい。さくっと読めて、楽しいYA作品かな。

文化部総合顧問の菅野先生と運動部総合顧問の玉置先生。その二人の間にある確執。通称〈カンタマの戦い〉。それが、カンタマの息子と娘が、恋仲になってしまった。それに、玉置先生の娘が文化部で、菅野先生の息子が元運動部。どうなるんだ? 「一九七四年の〈ロミオとジュリエット〉」

全国大会へ向けて代表を勝ち取るための予選試合はもうすぐに始まる。三年生の折原と河内は、赤星中剣道部始まって以来の期待の二つ星。間違いなく代表になるのはその二人のうちのどちらかといわれている。なのに、八百長をするんじゃないか、という噂が。「一九七四年の〈サウンド・オブ・サイレンス〉」

創立以来続く伝統ある赤星祭。フォークソングのグループ活動は、吹奏楽部と同じ音楽活動だから菅野先生が権限を持つ文化部の範囲だ。ところが、ロックバンドに関しては、あんな騒音はとても文化活動ではない、と言い出した。バンドを組んだ岩島がサッカー部だからだ。「一九七四年の〈スモーク・オン・ザ・ウォーター〉」

職員会議の結果、お昼の校内放送の音楽鑑賞プログラムでロックを流すことは禁じられた。会議で言い出したのはカンタマ。最近の構内の服装や髪型、風紀の乱れは全てロックが原因だって言い出したらしい。ロックだけが流すことを禁止されるなんて、ゼッタイにおかしいと思う。どうやって、ロック禁止をぶっ潰す? 「一九七四年の〈ブート・レグ〉」

放送部に廃部の危機が。顧問のコウモリと良平の姉が付き合っているらしい。みーちゃんは十九歳。コウモリは三十五歳。恋に年の差なんて関係ない。問題は、コウモリが放送部の顧問で、みーちゃんが初代ピースメーカーとして活躍していた時期にはもうそういう関係だったとか、そういう疑惑が掛けられてしまったからだ。一九七四年の〈愛の休日〉」

書道部からエス・オー・エス。一月の二日、書道部は有名な書道家を招いて、体育館の半分が埋まってしまうような大書初めをすることになっていた。ところが、バスケット部もバスケットの実業団から胸を借りる約束をしていた。それぞれに依頼した校長と理事長のお互いの確認ミス。そのとばっちりが生徒に来て。「一九七五年の〈マイ・ファニー・バレンタイン〉」

二月に入ったある日曜日に、電話で沢本さんに呼び出された。放送室に来てちょうだい。一人でね。高峰くんは連れてこないでね。沢本さんはそう言っていた。なんの用事かも言わないし、とにかく来てくれればわかるって。そんなこと今まで一度もなかったから、いったい何があったんだろうって思って、良平は学校に向かった。「ボーナストラック」

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

小路幸也
トラックバック(1)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

ピースメーカー 小路幸也著。


≪★★★≫ 「僕」の通う赤星学園には通称カンタマの戦いというものがある。 文化部顧問と運動部顧問の対立、教頭以上に発言力や権限を持ち、時には生徒を巻き込んでの騒動に発展する。 <二代目ピースメーカー>の林田良平は小学校時代からの親友ケンちゃん…

2011/05/27(金) 22:42 | じゃじゃままブックレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。