--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

04.30

「モルフェウスの領域」海堂尊

モルフェウスの領域モルフェウスの領域
(2010/12/16)
海堂 尊

商品詳細を見る

未来医学探求センター一階。日比野涼子は職場をモルフェウスの不夜城と呼ぶ。どう呼ぼうが自由なのは、その職場には涼子しかいないからだ。半透明なその窓からは、銀の棺の中で眠る少年の横顔がぼんやりと見える。モルフェウス。眠りを司る神。そう名付けられた少年は、人工的に構築された眠りの中をたゆたっている。そして本当は神のはずなのに、彼はシステムの囚人だった。涼子はここでは、たったひとりの女王だ。そして今、その女王の寵愛は、アクリル越しのモルフェウスの横顔に注がれていた。

涼子の仕事。それは、東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の“凍眠”を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する。

「ナイチンゲールの沈黙」「医学のたまご」に関連した作品。また田口先生や、高階病院長、如月翔子と、お馴染みの人物も登場。だが、これが読みにくいったらありゃしない。コールドスリープやそこに纏わる時限立法など、地の文にやたらと説明文が多く、その世界観を理解できぬままラストまで読み進めてしまった。よってミステリとしてもエンタメとしても満足感は不十分にしか得られなかった。最近映像の方では活発だが、肝心の小説の方はパッとしない。そんな印象を持つのは自分だけでしょうか。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

海堂尊
トラックバック(0)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。