--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2011

05.03

「メサイア 警備局特別公安五係」高殿円

メサイア 警備局特別公安五係メサイア 警備局特別公安五係
(2010/12/25)
高殿 円

商品詳細を見る

海棠鋭利、もうすぐ十七歳。ずいぶんと小柄な体のせいで、年齢よりかなり若く見えることがある。無造作に伸ばした前髪の下から見えるのは、いつも人を憎んでいるように見えると評される目だ。光の加減によってやや緑がかって見えるのは、外国の血が混じっているからだろう。父は若い頃、自分のルーツに惹かれて、よく中央アジアあたりを旅したらしい。しかし両親とは、そんな話をする間もなく死別を余儀なくされた。殺されたのだ。

禊ぎ。それは、あくまで殺人と疑われず、標的を指令どおりに自然に事故死させることの公安の用語だ。警察の状況判断も司法解剖をもすり抜ける、事故死をよそおった暗殺を実行すること。それが、警備局の中でも存在が秘匿された部署、警備局特別公安五係、通称サクラ所属である鋭利の、今の仕事だった。マル校。公安の特殊訓練校。鋭利をはじめ、ここの学生は皆、戸籍がない。過去はすべて抹消済みだ。

ひとたびサクラとなれば、たとえ他国に潜入して捕らえられ、あるいは拷問を受けたとしても国家が身柄を確保してくれることはありえない。そのための除籍であり、サクラは殺人という憲法違反、法律違反をおこなう国家の捨て石なのだ。だが、たった一人だけその規則に反して、救出活動を行っても良いとされる人間がいる。それが、メサイア。マル校でコンビを組む相方のことだ。

御津見珀は非常に優秀だが、ひとつ残念な要素がある。組むたびに相方が死ぬのだ。心ない者は、彼のことを、疫病神なんていう。鋭利は不死身だ。強盗に襲われても、ヤクザに撃たれても死ななかった。組んだ相方が必ず不幸な死を遂げる凄腕のサクラと、どんな逆境でも必ず生き残る新米のサクラ。コンビを組んで二年目の海棠鋭利と、その相棒・御津見珀は、マル校でいうところの卒業試験として、総理大臣の息子の護衛を任されるが……。

鋭利に接触してきた北の機関員は、鋭利の家族を皆殺しにした男。それは十三年前に失踪した珀の双子の兄だった。珀の兄エゴール=ギンツブルグが、なにを考えているのか。なぜ珀だけでなく、鋭利にまで接触しようとするのか。そして、世界の改心。十年ぶりに開かれる軍縮サミットで、日本政府はどういう答えを出すのか。架空の世界ながら、どことなく現実の日本とだぶる部分がある。はたして救いはあるのか。そして救いとは。

ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(-) 

trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。