--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

01.20

「クビキリサイクル」西尾維新

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新 (2002/02)
講談社

この商品の詳細を見る

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、
5人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!
第23回メフィスト賞受賞作です。

清涼院流水に影響を受けたというので少し不安でした。
でも割と普通でした。ゲームを読むという感覚が近いのかな。

・冒頭が長い。そんなにいらんやろってぐらい長い。
・とにかく余分な文章が多い。
・うにー、僕様ちゃん、という会話も慣れれば気に為らない。
・ミステリィやトリックは普通。
・エンディングの捻りもイマイチ。

気づいたことを書き出ししてみたが、なんでこのシリーズが人気あるのか不思議。
嫌いじゃないけど、熱中する程でも無いな。

前から気になってたので雰囲気がつかめたので、その点は良かったかな。

まあ続編を読み急ぐ必要は感じなかった。
続編の方が面白いという声も聞くけど…。 ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

その他の作家
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。