--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

02.01

「人格転移の殺人」西澤保彦

人格転移の殺人 人格転移の殺人
西澤 保彦 (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る

またもや西澤さんが、ぶっ飛ばしてます。

アメリカの小さなファーストフード店に偶然居た6人。
その時に大地震が起こり、逃げ込んだ場所は人格を入れ替える施設だった。
SFテイストの効いたパニック・ミステリです。

普通に6人の人格が順番にずれていくんです。
A→B→Cという風に。
こんなの西澤さんなら当たり前の設定(笑)。

そして次々に殺されていく人々。

この場合、Bが死ぬとA→Cという風に、Bを抜かして人格が移動する。

説明するのめっちゃ難しいな。
読書中も登場人物を把握するのが大変でした。

ほんまに西澤さんはやってくれるな~。


お友達でもある森博嗣さんの解説もくすくす笑えた。
解説の感想を書いてもいいぐらいに面白かったです。
解説だけ立ち読みもありです。と独り言(笑)。 ポチッとお願いします。その一つが励みになります。 にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

西澤保彦
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。